2021年02月28日

まだまだ、しぶとく生きている酒天童子であります。
どうやら、熱も一時的だったようで、
多分コロナではなかったと安堵しております。

しかし、実は既に感染しており、
過去のアルコール依存で培われた鍛錬が功を奏し、
高齢者ながら無症状というだけかも知れない。(そんな訳はないか。。。)

いずれにせよ、味覚嗅覚も正常で、食欲も一向に衰えることもなく、
ピンピンしてジムも通常にランニングできるようになり一安心です。


と思いきや、二週間前から、今度は左顎に異変が。
左下顎がズキズキして腫れて来たのです。
大した腫れでもなかったので、ロキソニンで様子を見ておりました。

けれども左顎の不快感が募り、気晴らしにと、
酒は流石に飲めないので、断酒後甘党に思想転向した童子は、
スーパーで買ってきた好物の大福餅を頬張ったのがまずかった。

なんと大福餅の大して強力でもない粘着力が災いして、
十数年前に大枚はたいて処置してもらった5本歯連結のブリッジが、
餅に引きずられて持ち上がって取れてしまったのだ。

十数年ぶりに蘇った左顎の空虚な嫌な感覚である。
取り出して観察すれば、何と支えていた真ん中の歯の
一部分がブリッジに残って付いているではないか。(; ̄Д ̄)

洗面所に駆け込み鏡を覗いて、ようやく事態が理解できたのだ。
5本歯分の中央の支える歯の虫歯がボロボロに進んでおり、
脆くなってしまって、見事に縦横に割れてしまっていたのである。;´Д`)

十数年前、東京で勤務してた会社の近くのデンタルクリニックで、
二十代後半と思しき美人歯科医の巧妙な売り込みの手口に抗う事ができず、
見栄を切って保険範囲外で入れた高価なブリッジが。。。。φ(.. )

しかたなく、ブリッジを元に戻して、自宅の近所の歯科を、また訪れました。
「今度は左側が・・・」

中年の男性医師は、見るなり、
「いやあー酷いなあ。これは直りませんね。」
と冷たく言い放つ。血も涙も無い奴だ。(゚皿゚メ)

「とりあえず、今日は抜歯処置をしましょう」
かろうじて残っていた歯を、麻酔の上抜歯。
大量出血したのか、血が止まらずに縫合までする羽目に。


このクリニックは、良心的なのかどうなのか理解に苦しむが、
医師が直接患者に金額の話はしない。
何時もアシスタントの女性が意向を聞いてくる。

今回も、童子の施術台の大分と後方で、
患者に聞こえぬようヒソヒソと医師がアシスタントに話している会話が、
高齢になっても何故か地獄耳の童子には聞こえてきた。

『インプラントにするか、保険なら入れ歯で・・・・』

ええ!ブリッジは無理なのか。
インプラントなら多分5本なら数十万円後半か、下手をすると・・・
うーむ・・・
大枚掛けて、一体後何年生きるというのだろう。
元は取れるのか・・・

そういう計算が施術台で麻酔が効いた童子の脳を駆け巡る。
入れ歯?ポリデントの仲間入りかい。それも嫌だなあ。。。
と色々と思考を巡らせていた童子の耳元で、

「酒天童子さん。先生のお話では・・・
 インプラントにするか、部分入れ歯にするか・・・」
「保険の範囲でお願いします。(一旦、入れ歯で仮の世を凌いでおいて、
 将来ビル・ゲイツかジェフ・ベゾスかイーロン・マスクになった時点で、
 インプラントに切り替えよう)」

もし、このクリニックの医師が、中年のおっさんではなく、
東京のデンタルクリニックの美人女医だったら、
間違いなくインプラントにして、後で後悔して酒を煽っていたな・・・
そう思いながら、とぼとぼと背を丸め自宅に戻る童子でありました。(´・ω・`)

↓入歯代のカンパにクリックいただければ幸甚です。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ctxt0475ctxt0475 at 08:08│コメント(6)

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2021年03月02日 06:27
童子様 いつも楽しく拝読させていただいております キツい歯科処置でしたね 自分も智歯が真横に生えており抜かなければならないのですがふんぎりがつきません アル中になり身体が悲鳴をあげているのがわかります 有酸素運動 筋トレ 食事管理は徹底していますがアルコールで台無しです 先日健康診断でしたが高血圧高γG TP‥γは気になりませんが高血圧は流石に脳動脈瘤でもあれば命に関わります 子供達が成人するまでは働かないと 上手くいかない毎日ですが真面目に生きていこうと思います これからもブログ楽しみにしています 童子様も身体ご自愛下さい
2. Posted by のんたん   2021年03月02日 23:28
お疲れさまです。
体調が良くなられてホッとしたのも束の間、今度は歯の具合が悪くなられたのですね。本当にお気の毒です。でも今ごろは、その問題も解決されていることでしょうね、それを願っています。

私は、骨折の後の抜釘手術がコロナの感染予防のために延び延びになっていたのですが、やっと済んで、昨日、退院してきたとこです。 整形外科は、もうこりごり、でも歯科もイヤですよね、今のとこ歯痛とは無縁の私ですが、童子さんのリアルな歯にまつわる話しを聞いて恐くなってきました。自分の歯を失わないようにしたいと強く思いました。童子さんって表現力に優れているから、読んでいる私も何か他人事には思えなくなってしまうのです。貴重な体験談を、ありがとうございました。
童子さんも歯を大切にされて下さいね、いつまでも若々しい童子さんでいて欲しいです。
3. Posted by 酒呑童子   2021年03月05日 18:25
>>2
のんたんさん
こんにちは。
できれば、病院などかかりたくないものですね。
私も飲酒運転(自転車の)で転んで、上腕部を骨折した時に、ジュラルミンの棒2本で接合しましたが、まだ体内に残っています。(多分死ぬまで)
上腕部の神経も損傷したので、整形外科でのリハビリに半年かかりました。
歯科も、まだまだ掛かりそうですね。本当に自分の歯は大切にしたいものですが、飲酒時の手入れの悪さが響いたのか、下側は半分はブリッジ。情けないですね。
思い出しましたが、大酒飲みの親父は、他界するまで虫歯は1本もありませんでした。そういう良い所は遺伝せずに、大酒飲みのような悪い所だけ遺伝しております。
生先幾許か知れませんが、1日3度歯磨きすることにします。
のんたんさんも、骨折も歯も御大事にしてください。
4. Posted by 酒呑童子   2021年03月05日 18:35
>>1
でるでるさん
こんばんは。
でるでるさんも高血圧ですか。
注意したほうが良いですね。
私は脳卒中で、祖父母が無くなってますから遺伝的に要注意です。
特に酒飲みは、脳溢血系の疾患になりやすいようで、命にかかわります。
毎日ではありませんが、降圧剤(サンデカルタン)を飲んでいます。
それよりも、ジョギングの成果で以前ほどの数値はでなくなりましたが、安心はできません。
アルコール飲酒者(断酒しても)循環系の疾病は、お互い十分に気を付けましょう。
5. Posted by kenji-i   2021年03月13日 02:03
数度目の酒の上の失敗をやらかしました。出勤できませんでした。でも飲酒止めたいのに止められない。どうすれば良いのでしょうか?職場の寮住まいの私、最近では無意識のうちに大声で叫んでいるそうです。(自覚無し)
6. Posted by 酒呑童子   2021年03月13日 20:43
>>5
kenji-iさん
こんばんは。
私も二十歳代で会社の寮にいたころ、よく飲みすぎて出勤できず、そのまま朝酒昼酒をやってました。
また、寮で何度か暴力暴言器物破損事件。(自覚無しか希薄)
それでも、飲酒を止めたいなどとは一切思わず、却って酒量増えてましたから、まだ貴殿の方が救われます。
とは言っても、依存症(おそらく)ならば、そう簡単に酒は止まらない。
会社での飲み会も絶たなければ、本当には止まらない。
結構、思いっきりが必要となります。
節酒できる人は稀だと思います。
http://syutendoji.doorblog.jp/archives/25314933.html

コメントする

名前
 
  絵文字