2020年09月30日

10日ほど前のニュースで元TOKIOのメンバー某がまた飲酒で事件。
バイクで車に追突したがアルコールが基準値の数倍も検出されて逮捕。
・・・という記事を見たが、また酒でやらかしたかと感じただけだった。

もう、飲酒運転なんか童子とは無縁のもの。
他人の飲酒云々など、ほとんど興味はなくなっていた。

その後も、ネット記事ではその事件を何度も掘り起こしていた。
マスコミもしつこいなあと思いつつも暇にまかせて記事を眺めると、
炎上とまでは行かないが、読者の多くのコメントが寄せられていた。

アルコール依存症はなかなか治らない病だとか、
自助会に掛かっていなかったせいだとか、
アル中でない人が、依存症を知ったかぶりしたようなコメントがやたら多い。

いやいや、”素人”が何を言ってるんだかねえ。
そうじゃないんだよ。アル中とはねえ・・・と、
生粋の元(?)アル中の自負心(?)からか、
童子もコメントを入れたくなったが思い留まった。

ここ数年、なんとか酒を止めているとはいえ、
えらそうに人様に物言える身分ではないのだ。
何を隠そう、童子も昔日は飲酒運転が常態化していたのだ。(´・ω・`)

当時は、己の飲酒運転が危ないなどとは微塵も感じてはいなかった。
酔っても精神集中すれば運動神経は反って研ぎ澄まされるものだ、
などと正気(?)で思っていた異常な自信。
それがもうアルコールに侵されている何者でもないのだが。。。

よくぞあれだけ深酔して運転してたなと、今考えると空恐ろしくなる。
朝まで友人としこたま飲んで、友人を家まで送ってやるよと車を運転。
早朝の京都の狭い路地を猛スピードで駆け抜けた。

酔いつぶれていた友人もシートから起き上がり、
怖くなってスピード落とせ、落とせと叫ぶ。
童子は、大丈夫大丈夫とアクセルを緩めない。
本当は、少しも大丈夫ではなかった筈だ。

そんな事を、何度も何度も繰り返していると、
飲酒運転は何とも思わなくなる。
時たま、ヒヤッとした事も何回かあるが、
俺の運転は大丈夫という自信さえ蓄積されていた。

しかし、自動車教習所で教わっても馬鹿にしていた
かのハインリッヒの法則は実に正しかった。

数年前のブログに書いているが、
遂に、ある小雨の降る夜、
当時走っていた路面電車のレールにスリップして、
対向車線を走っていたタクシーと激突してしまった。

助手席の友人とタクシー運転手は怪我をして入院。(童子は軽症)
タクシー自体は”オシャカ”になった。(童子の車もオシャカ)
”オシャカ”とは、タクシー業界の用語で、
廃車するしかない状態のことだと、その時教わった。

対物保険が切れていても慢心していたのが祟り、
全額自腹を切るしかなかった。
親には言えず、友人数人に無心して100万円借りた。
土日も夜も連日必死で働いて、2年間かかって返済した。

幸いにも、タクシー運転手は後遺症もなく、
2週間程度の入院で退院できたものの、
これが、乗り上げた歩道の生身の人でも撥ねていたら・・・。

今でも不思議と鮮明に思い出す幾つかの危険な瞬間があるのだ。
渋滞にいらだち、祇園石段下の路面電車軌道内を不法に走り抜けた時、
もしも、観光客が車の間から横断してきていたら。
あの早朝の下鴨の住宅街の狭い路地を猛スピードで駆け抜けた時、
もしも、小学生でもふらっと飛び出していたら。

間違いなく一発で撥ねていたであろう。
一歩間違わなくとも、十分に殺人者になっていたのだ。
今でも思い出すに顔面蒼白、背筋が凍る思いがする。(; ̄Д ̄)

たまたま運が良かっただけである。
一生後悔しなければならないで済んだ事に感謝せねばならない。

元TOKIOの某も、まだまだそういう境地には程遠いようである。
断酒できないなら、今後も何度も修羅場が待ち構えている。
その前に50代前半で命を落とすかもしれない。

アルコール依存症が他人のアル中を気遣うことはない。
本人が気づかねば、いつかは悲惨な結末があるだけだ。
アル中のまま生きながらえて天寿を全うするなど稀有であろう。

いやおそろしやおそろしや。
かつての酒呑童子も改心して、今や人の身。
自称無神論者であることも忘れて、
ひたすら神に祈りをささげるのであった。φ(.. )

↓クリックいただければ、続稿の励みとなります。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ctxt0475ctxt0475 at 19:28│コメント(8)

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2020年10月01日 07:58
童子様 いつも楽しく拝読させていただいております 断酒会に繋がり飲酒運転 職場での飲酒はなくなりました 一般の方からしたら当然のことなのですがそれだけでも進歩と思える自分もいます 最近は観葉植物 スケボーにもはまりはじめました 40過ぎです 病的かもしれませんが 葉っぱの顔色が毎日楽しいです 早朝(深夜❓)に筋トレしてスケボー練習してます バランス感覚なく悲惨ですが身体動かすのと動物と触れ合う時間が一番楽しいです 世界の為心からトランプ再選願い働き少しでも社会に貢献できるよう励みたいです いつも中共やトランプのこと話してるので子供達も発言します これからも童子様ブログ楽しみにしています よろしくお願いします
2. Posted by のんたん   2020年10月02日 15:01
こんにちは
山口達也さんが飲酒運転で逮捕されて、とても残念です。復帰を待っていたのに、、、不謹慎かもしれませんが、運が悪かったと思ってしまいます。でも、人身事故ではなかったのは、運が良かったのかもしれませんね。
童子さんのアル症時代は、古き良き(?)時代だったんですね。童子さんの破天荒な飲酒運転にはビックリしかありませんが、それでも、今は、きちんとした生活をされ、お仕事も頑張ってブログも書いて充実した毎日を送っておられる、だからこそ、アル症は治らない病気ではないと自信を持って言えるのだと思います。
そんな童子さんには、アル症ではない私でも励まされています。人間は、反省したり、学んだり、影響を受けたり、成長することにより、より良い生き方ができるんだと、、でもそれは、やはり、それなりの賢さがないとダメなのかもしれませんが、、
童子さん、ダメなとこも多々ある私ですが、これからも、宜しくお願いします。
3. Posted by 酒呑童子   2020年10月03日 05:39
>>1
でるでるさん
こんにちは。
趣味が大変多彩で結構なことだと思います。
植物に感じるものあり、とは、飲酒から脱却した証だと思います。
私も、以前、アルコール専門病棟を退院する時に、
長い間失くしていた感覚に気づき、びっくりしたことがありました。
それは、退院する道すがら、ふと目に入った路傍の野草の花が、
とてつもなく美しい生命の息吹のようなものに感じられたのです。
酒を飲んでいる時は、そんなものには目に入ってもきませんでした。
それだけ、酒で精神が病んで正常な感受性を殺していたのだと思います。
でるでるさんの近況聞くに、数年前からは考えられない程の余裕を感じます。
この調子で依存症から寛解されますように。
4. Posted by 酒呑童子   2020年10月03日 06:11
>>2
のんたんさん
おはようございます。
確かに、山口氏も人身事故を起こさなかったのは、
多少なりとも、まだ運が残っているのでしょう。
しかし、呼気のアルコール濃度が0.7mgとは相当なものです。
小生がタクシーとやった時の濃度も大体同じレベルでした。
ずっと飲み続けている状態でしたから。
ましてや、0.7mgでバイクとは。と言いかけて、
数十年前に、八瀬大原の深夜の崖にバイクで激突した
忘れていた事故を思い出して、再び背筋が凍りました。
バイクは怖いですね。
のんたんさん。色々とあったようですが、大丈夫ですか。
少しは回復されているように、お見受けしますが。
小生も、コロナのお陰(?)でまとまった案件が増え、
往時の仕事の感覚が戻ってきて、脳が多少は活性化されてるようです。
ジムでも、ようやく10km走れるように体力も回復しました。
頑張りましょう。
5. Posted by のんたん   2020年10月08日 21:03
お疲れさまです。
私のことを気にかけて下さり、有り難うございます。問題が解決したわけではありませんが、遠くに嫁いでいる姉が時々は帰省して、助けてくれることになり、夫も何かと協力してくれるので、私も少しは穏やかに過ごせています。
でも、心に渦巻く不安はどうしようもないです。メンタルを強化していきたいです。
童子さん、喪失感から立ち直るには、やはり時間しかないでしょうか?日薬しか効かないでしょうか?でも結局は自分で乗り越えるしかないのでしょうね、わかってはいるのです。
依頼心が強くて申し訳ありません、童子さんのブログ、楽しみにしています。もう何があっても愚痴は言わないようにしたいです。
6. Posted by 酒呑童子   2020年10月11日 21:26
>>5
のんたんさん
こんばんは。
なかなか良いコメントができそうになく、返信遅れてすみません。
私も、ここまで生きて来て、3度の大きな”喪失感”を味わいました。
以前のコメントにも記させていただきましたが、1つは母の死でした。
その時は、ぽっかりと心に空洞が出来て、やるせない寂しさを感じたものですが、
今は、母も天国で見守ってくれているんだなあと思っています。
のんたんさん、まだ周りの良き家族に助けられているだけ、幸せと思いましょう。
やはり、的確なコメントにならなくて申し訳けございません。
7. Posted by サン   2020年10月19日 23:23
5 はじめまして。酒呑童子さんの文章、言葉が素敵で何年も前から定期的に読ませていただいていました。
旦那がアル中ではないかと考えている時出会ったのだと思います。
私はいつも文章が下手でコメントがまとまらず書けないんですがふと、楽しみにしていますと伝えたくて書きました。
寒くなってきましたのでお身体大事にしてください。
8. Posted by 酒呑童子   2020年10月20日 07:03
>>7
サンさん
初めました。コメントありがとうございます。
御主人がアル中の気があるのですか。
私も、何十年も自分がアル中とは、つゆ気づかずに、というより、アル中を認めようとはしてませんでした。
アル中専門の精神病院に2ヶ月くらい入院した時も、自分より遙かに酷い輩の様を見て、俺は大酒飲みだけどアル中ではないなあ、と錯覚すらしてました。
酒害は他人に害を及ぼすと同時に最期は自分の首を絞めてしまいます。
なかなか、やっかいな病です。

今年は、秋が吹っ飛んだように、急に寒くなってきましたね。
今週から、半袖を止めて冬支度に掛かりつつあります。
また、コメントでも気軽に、声援お願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字