2019年05月31日

先般からのニュースで話題になっている丸山某国会議員。
ああ、この人も酒癖の悪いタイプのアルコール依存症だな、
と思いつつ事件の顛末を見ておりました。

最初の内は、北方領土を戦争で取り戻す云々といった、
まあ、右寄りの思想も表現の自由とかいう威勢のいい論理で、
議員辞職の世論には、きっぱりと抵抗していたのだ。

しかし、とある週刊誌か報道機関のスッパぬきで、
酔っ払って売春か風俗の目的で外出しようとするのを
必死で関係者が引き止めたという情報が出てからは、
全く鳴りを潜め、国会の呼び出しにも仮病で欠席するという始末。

誠に不謹慎極まりないみっともない奴だなあなんて、
数年前までは、同様に酒癖の悪い依存症だった(今もか)童子は、
丸山某よりもっと酷かった自分の過去は
すっかり忘れたように、憤りを感じておりました。(゚皿゚メ)


だが、ここで我が身を振り返って、よ~く思い起こすに、
童子は、浴びるように酒を飲んでいた時分は、
酒も飲めないような輩は、まともな男とは言えない。
という一種無頼漢的な人生観を持っていました。

友人や会社で懇意に付き合う同僚や部下も、
大半は多かれ少なかれ酒飲み連中でありました。
これといった趣味もなく、酒の付き合いしかしないので、
自然と周りに酒飲みしか居なかったというのが正しいだろう。

友人の友人とか、仕事の切れない関係で、
下戸の人と宴席を共にする機会はあったものの、
童子の方から進んで誘うという事はまるでなかった。

酒が飲めない。もしくは、飲まない。とは、
酒という人生の潤滑油を経験しない寂しい生涯
を送るしかない可愛そうな輩だと哀れんでいたものだ。

否、哀れんで同情するというよりは、むしろ
何か精神的にちょっと可怪しい所があるのではないか、
そういう疑念すら本気で抱いていたのである。

これは、多分に幼少よりの育ちに由来する面が大きい。
祖父も親父も貧乏ながらに大酒飲みで、
当然、家に遊びに来る父の同僚や友人知人も酒飲み揃いで、
親戚には例外的に下戸の一人やそこらは居たものの、
親爺連中の上品とは言えない酒席を見ながら育ったせいであろう。

大人になれば、男性は酒を飲むのが人生の仕事の一部だ。
飲めば酔っぱらい大騒ぎが許される(はずだ)。
そういう意識が子供ながらに醸成されたようだ。

だから、大人になるや当然のように大酒を喰らいはじめて、
自分のDNAに潜んでいた100分の1の確率の依存症を
ものの見事に引き当て、桜花爛漫と開花させてしまったのである。(・∀・)

その挙げ句が数十年にも及ぶ暴酒暴言暴行の類。
家族にも、仕事関係者にも、世間様や公共機関にも、
多大なる迷惑と甚大なる損害を及ぼした狼藉の数々。
世が世なら間違いなく獄門打首の身。。。('д` ;)

ま、丸山某云々の意見が言えるような
御身分ではありませんでしたね。φ(.. )

しかし、しかし、しかし、
丸山某よ。
あなたにできる事は、
まずは潔く議員辞職によりて世間に詫び、
即刻、身近な断酒会かAAに入門を乞い、
人生を見つめ直して身の振り方を考えることだ。

と、偉そうに断酒6年先輩の童子は忠告するのでありました。(´・ω・`)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2019年06月02日 04:19
童子様 いつも楽しく拝見させていただいております とりあえず規則正しい毎日を過ごしています 最近またアルコールやめています とりあえず3週間くらい経ちました 断酒するという決意ではなく緩く始めてみました 身体的にはやはり調子よくなります 一番実感できるのが筋トレの質が格段に上がります 毎朝の筋トレが楽しくて仕方ありません 効きを体感しにくかった背中トレが上手くなり重量も伸びてきて毎日の一番の楽しみです また記憶が曖昧にならず末期の頃のなにをしていたかわからない生活にならずに済みます 先日妻が断酒会で人生の半分以上の記憶がないという会員の妻の話があったと聞きました アルコール漬けだともっともなことだと痛感しました 末期の頃・一番上の子が乳児の頃 正に自分がそれでした アルコールやめるなら一番下の子は日本に残して妻は留学すると言ってくれています 確かに命に関わります 自分1人日本に残ることになるとは思いますが留学までの3ヶ月とりあえずアルコールはやめておこうと思います 上の子2人にはしてあげられなかった乳児期のスキンシップなど 一番下の子にはしっかりとしていきたいです 妻子の健康のためこれからも食事作りに励み稼ぎ続けたいと思います なかなか進歩のない自分ではありますがこれからも童子様のブログ楽しみにさせていただきます
2. Posted by 酒呑童子   2019年06月02日 17:53
>>1
でるでるさん
こんばんは。
筋トレが続けられるってのは、
まあ、依存症真っ盛りでは出来ないこと。
こちらに集中して、酒から遠ざかることでしょうね。
それから、”稼ぎ続ける”という事が、
これが結構重要な事だと思います。
酒に溺れると稼ぐ気力も希薄になってしまいます。
是非、今の順調な日常を継続される事を
お祈りいたします。
酒魔と闘うに、まさに1日1日の断酒の継続こそ力なり、です。
3. Posted by のんたん   2019年06月03日 15:08
5 こんにちは
お久しぶりですがお元気そうで良かったです。

童子さんの記事、読ませて頂いて楽しかったです。でも分からない言葉があり、調べさせてもらいました。狼藉とは(狼は寝る時、下草を藉み荒らすことから、無法な振る舞い、乱暴な行い)のことなんですね。なるほど、と勉強になりました。そうですよね、酔っ払いは理性を失い無法な振る舞いをして、嫌われる存在ですからね、でも、飲む人から見れば、まったく飲まない人は、人生の楽しみが半減するような感じがあります。真面目過ぎて面白味がないような、でも過ぎたるは及ばざるが如し、ですね、何でもほどほどにですね、童子さんは、それを痛く感じ入り、第2の人生を歩み始めたのですから、立派だと思います。これからも人生を多いに楽しまれ、楽しく中身のある興味深い文章を、届けて頂きたいです。1ヶ月に1回でも楽しみに待っています。童子さんが書いて下さる限り、ずっと読み続けて行きたいです。
4. Posted by 酒呑童子   2019年06月03日 16:59
>>3
のんたんさん
こんにちは。
恥ずかしながら、何気なく使ってた”狼藉”
(多分、幼少期に家族で見てたTVの時代劇で良く使われる台詞から覚えてた)
の由来を初めて知りました。なるほど、史記なのか。
不思議なもので、今は、周りに大酒飲みは居なくなりました。
酒を全く嗜まない好人物ばかりです。
人生の潤滑油なんて、単なる酒飲みの言い訳ですね。
(と言いつつ、100%頷けないもどかしさ。
 ああ、まだまだ修行が足りないなあ・・・)
もう少しブログ更新が必要かも。

コメントする

名前
 
  絵文字