2019年04月30日

先日、某国営放送局のドキュメンタリーで、
『ZARDよ永遠なれ 坂井泉水の歌はこう生まれた』とかいう
フレーズに何か感じるものがあって録画していた番組を再生してみた。

芸能分野に疎い童子は、ZARDという音楽ユニットを良くは知らなかった。
また、大半の作詞を手がけたボーカルの坂井泉水という女性が、
40という若さで、2007年に謎の死を遂げたという事も、
ほとんど知らなかったのである。(知ってたら、どうこうと云う訳でもないが・・・φ(.. ))

2時間ばかりの番組を、ああ、こういうアーチストがいたのかと、
幾許かの感傷にとらわれながら視聴していたのだ。
最初にヒットしたらしい『負けないで』という曲は、
飲んだくれ時代に、何処かで何度か聞いた曲である。

童子が、うだうだ通っていたカラオケスナックなどではない。
なにかしら健全さとか力強さが漂う感じがして、
薄暗い場末の酒場には似つかわしくない唄である。(´・ω・`)

そうだ。思い出した。秋晴れの蒼い空。運動会である。
一昔前に、運動会で競技を盛り上げるバックグラウンド曲で、
何度も掛かっているのを記憶していたのだ。

どうも、アートに関しては、いびつなジャンルの情報しか
童子の芸能データベースには、形成されていないようで、
まあ、今更どうこうしようという気もないのであるが。。。

で、『負けないで』の曲からは、童子生誕以来の運動会の記憶が
走馬灯のように次々と蘇ってきたのである。(大げさか)


昭和の大昔の世の中は、今よりも酒に対して、
ずいぶんと大らかで寛容であったように思う。

小学校の運動会となると当時は年1度の大行事で、
待ち構えていた親爺連中が一升瓶を抱えてゴザに陣取り、
酔いの回った蛮声で我が子や親戚の子を応援しては、
昨夜から用意された重箱をつついていた光景が残像となっている。

もっとも、根っから運動が苦手だった童子は、
徒競走も遅くて、ビリっけつに近かったので、
常に1等賞を取る運動神経抜群の同学年の従兄弟とはちがって、
親爺連中の運動会の酒宴での称賛対象とはならず、
運動会自体に、そんなには良い思い出はないのである。φ(.. )


いつの頃からか、世間に、そういう寛容さはなくなってしまい、
日本中のどこの学校関係を探しても、相当な田舎であろうが、
運動会で飲酒オーケーという所はなくなっているであろう。

既に、童子の娘が幼稚園だった頃は、
運動会での飲酒は全面的に禁じられていた。

それでも飲むのが依存症の依存症たる所以で、
弁当袋に忍ばせた缶類やワンカップ類を隠れ飲みしていて
当時の嫁の母親に見つかり、咎められた記憶がある。φ(.. )

更には、嫌々ながら半強制的に親子競争に参加させられるも、
隠れ飲みした最後の焼酎の酔いが決まってしまい、
来賓席の真ん前の最終コーナーで足がもつれ大転倒し、
親戚縁者から顰蹙を買った記憶もついでに思い出した。(T_T)

まあ、酒を止めた身の上であるから、
運動会などで禁酒になろうが、童子自身は、
今では何ら困ることもないわけだが、
世の中の寛容さが次第次第に失われて行った平成から
令和になろうとも、何故か昭和にノスタルジーを感じるのである。
ALWAYS 三丁目の夕日の世界かな。

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2019年05月01日 20:38
童子様 いつも楽しく拝見させていただいております ZARD 小中高の頃よく聴いていました とても懐かしいです あの頃は毎日毎日努力の日々で一生懸命生きていたように思います 当時は苦しかったですが今思えばとても充実した日々でした アル症になるまでが精一杯生きてきた日々のように思えます コントロールはできているとは思いますが最近酒量が増えてきたように思います どうしても休みの日は飲んでしまいます 仕事あれば飲まないので土日の当番も入れていった方が安全のように思います 妻が子供達を連れて留学することになったので1人日本に残ります 休日作らないよう緊急当番にも組み入れてもらい毎日働くようにしていくつもりです 稼げるし飲まないしいいかなと思っています 運動会ではありませんが子供達と過ごせる日々やイベントなど酔って駄目にしてきました 2番目の子が乳児の頃の記憶がありません 情けないです 今はそんな過ちを繰り返さぬよう毎晩末っ子とお風呂に入ることが日課になっています とても幸せです 妻子の健康の為 日々の食事作りと筋トレ(効かせ方や異なる刺激の入れ方など色々試行錯誤しとても楽しいです 費やす時間が増えて起床時間が早まり続けていますが‥)と稼ぐ為だけではありますが仕事に励んでいきたいと思います これからも童子様のブログ楽しみにしています よろしくお願い致します
2. Posted by のんたん   2019年05月02日 20:38
5 こんばんは
令和になり初めてのコメントですね。
昭和は遠くなりにけり、、(笑)
童子さんが娘さんの幼稚園の運動会で酔って転んだこと、可笑しいけど、娘さんや奥様の気持ちを考えると、ちょっと複雑です。でも、そういうことが許される時代だったんですね。今は何でもかんでも規制されたり、ちょっと変わったことをすると非常識と言われたり、自由そうで不自由なことも多い時代ですよね、それがいいのか悪いのか、トータルするといいのでしょうね。

でるでるさんの奥様、子どもさんを連れて留学されるとは、そのバイタリティを尊敬します。なかなかできることではないですよ、そんな奥様と家庭を築かれている、でるでるさんも、きっと素敵な方なんでしょう、コメントを読ませて頂くと家族を大切にしようとする気持ちに溢れていて、依存症に悩まされながらも努力を怠らず偉いなぁと思っていました。それに対する童子さんのコメントも、心から、でるでるさんを応援しているのが伝わっています。

私が小学生の頃、同級生のお父さんが、今、考えると、依存症だったと思うんですけど、よくお酒を飲んでいて恐いんですけど、行動がとてもユニークで色々な思い出があるので、いつか童子さんに聞いてもらいたいです。他の同級生に聞くと、覚えてないと言うのですが、私はよく覚えているのです。小さい頃から人間観察をするのが楽しみだったのかな?また、コメントさせて下さいね。
童子さんの次回の更新もお待ちしています。
3. Posted by 酒呑童子   2019年05月03日 07:39
>>1
でるでるさん
こんにちは。
妻子で留学とは、思い切られたものですね。
しかし、お子さんの未来を考えて、
グローバルな感性を育てるには良い判断だと思います。
今の日本の若者は、留学や海外出向すら後ろ向きですから。

しかし、リスクは、でるでるさんが一人になる事ですね。
飲酒のリスクが増加する可能性は否めません。
コメント中にあるよう、一人っきりの時間を
極力回避することだと思います。
忙しさを自らに課す事です。
失礼な言い方かもしれませんが、
「小人(依存症)閑として不善(飲酒)をなす。」
が、小生が身に沁みている格言です。

是非乗り切られて、家族で羽ばたける事を、お祈り致します。
4. Posted by 酒呑童子   2019年05月03日 08:08
>>2
のんたんさん
お早うございます。五月晴れです。

昭和は遠くなりにけり、ですね。
実際問題、我が身の状況を考えれば、
感傷に浸っている場合ではないのですよ。

ただ、コンプライアンスとか、個人情報保護とか、
著作権とか、なんやかやと規制が多くなり、
人心の大らかさとか寛容さにも影を落として、
なんとなく窮屈な世の中になっているのを
感じるのは私だけでもないでしょう。

5. Posted by でるでる   2019年05月03日 09:37
童子様ありがとうございます
小人閑居して不善を成す
高校生の頃 自分も実感しいつも想ってきました
その通りだと思います
念ずればかなう このフレーズもとても実感できます
疾患とは治らないものばかりと自分がアル症になりようやくわかりました 多くを眼にしてきましたし当たり前のことなのですが
妻子の幸せを願いできることを行なっていきたいと思います
これからもブログ楽しみにしています
食育 筋トレ 仕事を基軸に生きていきたいと思います

コメントする

名前
 
  絵文字