2018年09月18日

アルコール性痴呆症の進行のせいかどうかは解らないが、
最近(否、大分と前から)、めっきりと物忘れが酷くなった。
北海道の旅程を思い出そうにも、困難を極めているのだ。

北海道には、おそらく6日間位の滞在で、
小樽~札幌から道央の大地を横断して知床半島まで。
帰りは苫小牧まで戻り、仙台行のフェリーに乗った。

仙台から東京まで高速を走り、多分上野あたりの安宿で1泊。
東名に乗り京都まで辿り着いた事までは覚えているものの、
北海道での回遊場所や順序が、とんと思い出せない。φ(.. )

アイヌの集落。熊の木彫りの置物。
有名な峠(名は失念)での焼トウモロコシの醤油の香ばしさ。
摩周湖。まりも。網走刑務所。などなど、
断片的なシーンがパラパラと脈絡もなく蘇るのみである。

ユースホステルなどにも、二三日宿泊した記憶がある。
ミーティングとかいう名の懇親会のような時間が苦手で、
当時は酒類禁止が多かった(?ような)宿舎で、
こっそりとウイスキーの隠れ飲みをした記憶も薄っらと。

唯一記憶が明確なのは、道中も終盤に差し掛かるあたり。
知床半島の先まで到達した後、いざ、帰りのフェリー乗り場
である苫小牧を目指してUターン。

車も少なく、真っ直ぐに伸びた2-3km先まで見通せそうな道路。
両側に民家や店舗も一切なく、見渡す限りの畑と草原。
自然とアクセルを踏んでしまう。

飛び出して来るような物は何も見当たらない。
放牧された牛や動物が唯一やばいなと思ったが、
それも数百m前で検知できる程の見通しの良さ。

童子のポンコツで派手な黄色のHONDA1300クーペは、
グングンと調子に乗ってスピードを上げて行った。
スピードメーターは、140㎞をゆうに越えようとしていた。

ポンコツのせいか、車体がガタガタと軋むような音が激しくなった。
同乗していた、童子と同じくらい小心者の友人は、怖くなったのか、
「おい!空中分解するかも。スピード出し過ぎ・・・」

流石に童子も恐怖を感じて、アクセルを緩めようとした、その瞬間。
2-300m先に、突然黒っぽい影が道路上に現れたのだ。
牛か熊か、それとも。あぶねえやっちゃなあ。と目を凝らせば、

やや!人間のようである。しかも紺色の制服に・・・制帽。あっ!。(((( ;゚д゚)))
しかしなんで、こんな所に急に手品師のように降って湧いたのか。
ブレーキを踏みしめるしか手はなく、観念して誘導される方向に停車。

見れば、左側の畑の20m奥まった所に、農機具か何かを保管するような、
高さは大人の背もないくらいのちっちゃな掘立小屋が。
もう一名の制服が板の扉から覗いて、おいでおいでをしてた。φ(.. )

その時に、数分前に対向車のトラックがライトを
パッシングさせた意味がわかったのだ。
親切にネズミ取りの情報を知らせてくれたのだが、
京都で性格がひねくれていった童子たちは、煽られたと感じてたのである。
人の親切を気付くに、時すでに遅し。(´・ω・`)

台風でも来れば潰れそうな掘立小屋に、
体を折り畳むような姿勢で屈めて入れられた。
狭い小屋の中に入れば、なんと監視用の機器類や
無線通信機器などがずらりと配置されていたのだ。

如何にも田舎の農家っぽい風貌の老齢の警察官で、
「はい。80㎞(確か)オーバー。」と穏やかに言われただけで、
不思議と、お咎めや叱責などは微塵もなかった。

不安になった童子は、
「免許取り消しには、ならないですよね?」
と尋ねれば、

「さあ、今ここでは、はっきりとはわからないよ。
ああ、京都の学生かい。
将来出世して、お抱えの運転手付きなんだろうから、
免許なんか要らないよね。顔見ればわかるよ。」
と予言するかの如く、しかし無責任に慰められた事だけは、
今でもしっかりと覚えている。

もっとも、この件では、元モー娘のなんたらとは違い、
もう昼過ぎの時刻で、昨夜のアルコールは、かなり抜けていたため、
酒気は検知されず、速度違反のみで済んだ。

京都に戻り、裁判所か公安かに出頭して、
確か2ヶ月位の免停で済んだのだが、やはりアル中に車は厳禁。
案の定、その後、別の事故で見事に取り消しとなるのだった。
モー娘を、とやかく言う資格は、どこにもありませんでした。φ(.. )

そうして、北海道の掘立小屋の警官が予言してくれたようには、
あいにく、お抱え運転手付きの人生には至らなかったのである。(´・ω・`)
南無三。

↓クリックいただければ、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2018年09月18日 19:24
童子様いつも楽しく拝見させていただいてます とりあえず仕事は順調です 働ける幸せを噛み締めています 筋トレも扱える重量も上がり各部位への効かせ方も少しづつ上達してる感じです 家事も楽しくこなせています アルコールにはまると(今も抜け出せてはいませんが)全てがアルコールの為になり趣味などもどうでもよくなります 筋トレ 生き物の飼育など昔はまってたものに今は熱中しています カメ カエル カタツムリ サワガニ ザリガニ クワガタ ハナムグリと長男と楽しく育ててます 末期の頃の日々の記憶なく長女には本当に申し訳なく思っています また最近慢性膵炎 肝硬変について改めて勉強し恐ろしさを痛感しました それでもやめられないのですが 子供達の成人式まで生きられればよいですが駄目なら駄目でなんとか稼げる時に稼ごうと思います これからも童子様のブログ励みに生きていきたいと思います よろしくお願いいたします
2. Posted by のんたん   2018年09月19日 17:27
童子さん、皆さん、こんにちは、残暑厳しい毎日ですがお元気でしょうか?童子さんの更新がわからないので毎日チェックしていますが、でるでるさんも、きっとそうなんでしょうね、童子さんに期待している仲間だと勝手に認識させてもらっています。北海道旅行のこと詳細を覚えていないのは当然だと思います。私は高校の時の修学旅行のことさえ、記憶が曖昧です。 ところで、私も今までの交通違反は、ほとんどがスピード違反ですが、80キロオーバーは聞いたことがないぐらいのレベルです。でも、そのシチュエーションなら、さもありなんと思えます。それに、警察官って、そういう所に限って張っているんです、つい先日、違反した時のことを思いだして、腹が立って来ました。反省より運が悪かったと怒りしか沸かないのは駄目ですね(笑)
またの更新を楽しみにしています。
3. Posted by 野の百合   2018年09月20日 23:57
こんばんは。童子様。
私も記憶力はさっぱりです。
まあいいさ。なんとかなるさ。と、放置しています。
北海道の警察は、真冬でも凍えながらスピード違反をはっていると聞きます。
優秀で、まじめ。
まっすぐの道なんて、スピード出したっていいのにね。
というのは、本州の人間だけでしょうか?
事故を起こすより良かったとあきらめるしかないのかも。
また楽しい投稿を待ちしています。
4. Posted by 酒呑童子   2018年09月22日 17:35
でるでるさん
こんにちは。
良い方向に進んでいるようですね。
仕事も順調。家庭も円満。
それが、人生一番ですね。
羨ましいかぎりです。
幸せが継続できる事を、お祈り申し上げます。
体(特に肝臓)だけは、御自愛ください。
5. Posted by 酒呑童子   2018年09月22日 18:07
のんたんさん
こんばんは。
私は、ドイツのアウトバーンで、
ドイツ人が運転するBMWの助手席で、
230kmを体験した事があります。
しかも夜。運転しながら携帯電話。
あやうくチビリそうになった事、思い出しました。
そんな所で事故現場を2度みかけました。
車の長さが半分程度になってました。
あな、おそろしや~。
6. Posted by 酒呑童子   2018年09月23日 15:05
野の百合さん
こんにちは。
記憶力の低下は、メモで補っています。
部屋の壁に発砲ウレタンボードを設置して、
メモ用紙をベタベタと都度貼っています。
外出時も、メモ帳を携帯してましたが、
面倒くさいので、今は、google driveで、
PC、スマフォ、タブレットと、重宝してます。
認知症だけには、なりたくない今日此の頃です。
7. Posted by ケイシ   2018年09月23日 23:17
>京都で性格がひねくれていった童子達は

童子さん、今晩わ。
おもわず吹き出してしまいました。
雅な風情とは裏腹に京都に住むと性格がひねくれるのですかね(笑)
現在、大阪市に住んでいて、何人か京都の方を知っていますが、良い人なので意外でした。只、京都人はメチャ良い人と性格が悪くて陰険な人と二種類に分かれるとは聞いた事があります。
8. Posted by 酒呑童子   2018年09月24日 16:12
ケイシさん
おはようございます。
かれこれ30年以上、京都に住んでましたが、
旧くから根付いている家系の方の中には、
特有の冷たさを感じる場面も、ままありました。
ちなみに、前の伴侶の一族は生粋の京都生まれの京都育ちでした。
思うに、同じ関西でも大阪とは別世界ですね。
どちらが良い悪いではなく。
などと、田舎者の童子は感じるのであります。。。


コメントする

名前
 
  絵文字