2018年08月15日

北海道の大地では、まだ8月とはいえ下旬になると
野宿ができない状況であると始めて悟った童子達は、
次の日、フェリーで出会った北海道の若者の家に電話を入れてみた。

彼は、舞鶴からのフェリーでの三等客室の同じ部屋
(というより区画)で出会った青年である。


話は旅の出発日に遡る。
童子と友人は、初めてのフェリー旅という事で幾分高揚していた。(^∀^)
甲板での彷徨にも飽きたところで、客室に戻り早速宴を開いたのだ。

そう混んでもいなかったので、部屋(区画)の一隅に陣取って、
安酒で多少酔っ払った二人は、次第に大声で喋っていたらしい。

突然、区画の反対側の隅の方から、
「少し静かに出来ないかい!」
と注意するはっきりとした男の声。

アルコールが入った童子様御一行の喧騒さに我慢しきれず、
仕方なくクレームを入れたという感じであり、
決して喧嘩を売るような雰囲気ではなかった。

が、しかし、童子よりも早く酔いが回っていて、
しかも童子と同じくらい酒癖の悪い友人が、
「なんやと~!」と甲高く、一声を発したのだ。(゚皿゚メ)

シーンとした静けさ。
却って不気味な時間の間。
童子達は、声のした方向を恐る恐る振り返った。φ(.. )

反対側の隅に、長々と一人の男が寝そべっていた。
両手に書物を持った状態で、ゆっくりと上半身を起こしながら、
童子たちを睨みつけていた。

半袖からはみ出た腕のレスラーの如き太さが目に留まる。
身長も多分185cm程はありそうだ。筋骨隆々たる大男。

顔付はといえば、猪木と吉田栄作を7:3の割合で混ぜて、
更に額から眼窪と頬骨にかけて、フランケンシュタインを
30%程配合したような怪人であった。(どんな顔じゃ?)

やばい!勝てる相手ではない雰囲気を咄嗟に感じた。(- -;)
当時の童子は背こそあれど、野良犬のように痩せ細った体躯。
懸垂の1回もできないほどの非力な腕力。金もない。( ・Д・)

友人も博多生まれの九州男児の向こう意気だけで、
とっちゃん坊や風の短躯で肥満。運動神経は限りなくゼロに近い。
50m走も11秒を切った事もなく、毎回ゴールでは倒れ込んで吐く始末。

そういうコンビにとっては、既に勝負は付いていた。
どうあがいても勝ち目はない。

しかし、友人も童子も変わり身は早いのである。
勝てない試合はやらない。処世術には長けていた(?)。

友人は直ちに懐柔策に変貌して、
「いやはや、読書しておられたところを申し訳ない。
 なんでしたら、一杯どうですか。」
と、二人で飲んでいたトリスの安酒を勧めた。


聞けば、北海道出身者で、高校を出てから、
北海道の実家の農業を手伝っているのだが、
夏の数ヶ月は農作業が暇で、自動車工場の期間労働者として
出稼ぎに来ていて、給料をもらって実家にかえる途上だった。

年齢も童子達と変わらず、思いの外、話が弾んで、
台風が接近するまでの合間、語り合ったのである。
童子達の北海道横断旅行の話を聞いて、
もし近くに来るならと、電話番号を教えてもらっていたのである。

実は、彼からは野宿は厳しいよ、って言われてたのだが・・・(´・ω・`)
そういう経緯で、電話をすれば、たちまち快託の返事。
夕食も振る舞って、一晩泊めてくれるとの事。

住所を頼りに、若き怪人フランケンの家を探すが、ナビもない時代の事。
当時の道路地図帳ごときでは、北海道では、なかなか辿り着けないのである。
道を聞こうにも、民家もまばらな地方。

公衆電話を見つけては、何度も電話連絡を取りながら、
ようやく二三時間かけてランデブー場所が設定できたのだった。
迎えに来てくれた怪人のトラックに随行して彼の家に向かう途中、
近くに運営するりんご園があるというので案内された。

広大なりんご園。へー、北海道でも林檎が取れるのか。
怪人フランケンから、樹から摘いだ熟れて真っ赤になった林檎を差し出された。
一口噛むと、びっくりするくらい濃厚な甘い果汁が喉に流れ込んだ。

なんだこの旨さ。このジューシーさは。これが林檎の味だろうか?w(゚o゚)w
今まで体験した事のなかった、樹で熟れた林檎の味。
今でも、あの時の旨さと感動の記憶が思い出されるのだ。

また、怪人フランケンの家に招き入れられて、
夕飯に御馳走になった、北海道のジンギスカンの旨さも格別であった。

食後には、近所の若者の仲間が集まってきて酒盛りとなった。
近所とはいっても、隣の家は1Kmは離れているらしかった。
そんなこんなで、その夜は更けて行きました。
めでたしめでたし。

その後は、空いているユースホステルや安宿を探しながら、
ギリギリの予算での北海道の横断の道中は続くのであったが、
最後にとんでもない落とし穴が待ち構えていたのである。(((( ;゚д゚)))
(続く)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2018年08月16日 07:51
童子様 いつも楽しく拝見させていただいております 若かりし頃の思い出いいものですね そんな頃もあったんだなと懐かしく羨ましく思います 自分は今の現状が虚しいですが 勉学に励んだ頃が懐かしく思います アル中になるまでに制限できればよかったです とりあえず仕事に励み妻子の為食育頑張ろうと思います 自身の健康が不安でいつまで生きれるかわかりませんし離婚した方がいいのかもしれません アルコールを断てればよいですが 生きている限り妻子の為家事仕事励みたいです 時間だけが過ぎていきます 進歩ないですが童子様のブログ励みに生きていきたいと思います これからもよろしくお願いいたします
2. Posted by のんたん   2018年08月16日 11:34
童子さん、こんにちは、食いしん坊の私は、何よりも、美味しい林檎のことが頭に残り、早速、林檎を買ってきて食べてみましたが、イマイチでした。木からもぎたての林檎とは違うのが当然ですよね、でも林檎を食べたいと思うのなんて久々のことです。何かに追われているような忙しい毎日の中、心身共に疲れている自分を感じていますが、童子さんのブログで、ひととき、癒されました。ありがとうございます。次回の更新も楽しみにしています。
3. Posted by 酒呑童子   2018年08月18日 20:28
でるでるさん
こんにちは。
若かりし頃の思い出は、いいものばかりではありませんが、
知らぬ間に失われているものを取り戻す切っ掛けでもあります。
”生涯学習”が重要と思っています。
さらには、生涯打ち込める仕事を作るか。
飲む暇を作らない事でもあります。
4. Posted by 酒呑童子   2018年08月18日 20:46
のんたんさん
こんばんは。
なかなか、市井で販売されてる物では、
味わう事はできませんね。
樹で実って熟した果実の流通はコスト見合で
難しいでしょうね。
自分で栽培するしかない。無理か。。。
そういえば、私の生まれた田舎の実家では、
無花果、柿、葡萄、桃、柑橘系、など
親父が色々チャレンジしてました。
都会(でもないが)では無理だなあ~。
5. Posted by ケイシ   2018年08月21日 22:59
いつも拝見しております。
フランケンに似ていた北海道の方は親切ですね。 今は人間関係が希薄な時代で見知らぬ人と意気投合して、自宅でご飯をご馳走してくれる機会とか、あまりないと想います。童子さんの若かりし頃の昭和の雰囲気が感じてられて良かったです。(といっても私も昭和40年代の生まれですが。笑)
ありがとうございます。
6. Posted by 酒呑童子   2018年08月22日 15:21
ケイシさん
こんにちは。
人は見掛で判断すべきではないですね、
と偉そうに言いつつも、第一印象で。。。
確かに、個人主義というか、
人間関係希薄世代化している気がしますね。
その分、酒を呑む機会も少なくなってますが、
依存性者には都合が良いとしても、
寂しいものがありますね。
昭和のノスタルジーかな。


7. Posted by 野の百合   2018年08月29日 22:25
こんにちは、童子様。
北海道には暖かい方がおられますね。
昔はおられたという方が正しいかもしれません。
しばらく行っていないので今はわかりませんが。
私も子供のころしばらく暮らしたことがありますが、初めは恐く感じる人も、慣れたら優しいのだとわかりました。
見た目や物言いは悪くても、心は優しい人が一番ですね。
北海道の自然と人情、今でも心に焼き付いています。

8. Posted by 酒呑童子   2018年08月31日 10:15
野の百合さん
こんにちは。
私の知人にも、北海道出身者が何名かいらっしゃいましたが、
大陸育ちなのか、鷹揚な性格の方が多かったような
気がしています。
自然と人情・・・いいですね。


9. Posted by baron   2018年09月19日 13:21
北海道出身なので、景色を思い浮かべながら楽しく読みました(^_^)
堀越が深くて大きい男性、
アイヌ系の血が入っている人が多いから
そういう感じの男性いるんですよね

船で知り合って泊めてもらえるなんて、
いいですねえ
北海道は国民がほぼ大酒飲みなので、
取りあえず酒飲めば仲間になれる処があります(笑)

道民のアル中度は高いかと..(=_=)
私もご多分に漏れず..
10. Posted by 酒呑童子   2018年09月22日 17:55
大陸的-
細かい亊には、拘らず。
おおらかで、人情深く。
体躯も大きく、精悍な風貌。
そういう頼れる男でありたいですね。
(今からでも、なれるでしょうか?(笑))
しかし、ロシアとおなじように、
極寒の地では、アルコール消費量は、
自ずと増えるのでしょうね。
(こちらは、もうなれません。)

コメントする

名前
 
  絵文字