2018年07月24日

ススキノ近くの安宿で一夜を過ごした童子様御一行(2名だが)は、
前夜の梯子酒による二日酔いの痛む頭をかかえて、
なんとか十一時ギリギリのチェックアウト。(T_T)

折角の札幌なので、ホテルのマネージャーに頼み込み、
車をホテルの駐車場に暫く置かせてもらい、
初めての札幌の市内観光を楽しもうと出掛けたのだ。

ポプラ並木。時計台。地場の△△百貨店。
今でも微~かに、断片的に記憶に残っている。
しかし、野郎二人では流石にロマンスの欠片もなく、
長居もしてられず、早々に切り上げ一路道中を目指す。

貧乏学生の予算は乏しく、ホテル住まいを続けるわけにはいかず、
夕刻には、今夜の野営場所を見つけ出さねばならない。

幸い広大な自然に恵まれた地柄。小一時間も走らせれば、
小高い山があり、すぐ近くは広大なじゃがいも畑が続く、
景観のよい場所を見つけた。

小山の岩崖からの湧き水もあって、野営には絶好の場所だ。
京都から持参してきたコンビーフの缶詰とカレーのルー。
幸い、じゃがいも畑。

しかも、見果たす限り人影はない。
だだっ広い空間では、熊も出てきそうもない。
と思ったら、案山子かと見間違うように、
おじさんが一人ぽつりと畑に立っていた。

やはり、断りは入れて置くべしと、近寄って野営の許可を乞う。
「泊まるというなら、一向にかまわんが・・・・」
何やら妙な薄笑いを浮かべていたが、童子らが車に機材を取りに行った間に、
忽然と居なくなってしまった。近くに車なんかも見た覚えがないのに、
不思議だなあと思った事を今でも覚えている。φ(.. )

とあれ、早速、じゃがいもをカンパしていただこうと、
ずるずると蔓を引っ張ると、じゃがいもは簡単に収穫できた。
湧き水と固形燃料で、飯盒で米を炊き、カレーも調理する。

日没の雄大な黄昏を仰ぎながら広大な大地で、
コンビーフとじゃがいもだけの質素な中身とて、
食するカレーの味は見事なものであった。(・∀・)

日が落ちるのは早い。さあ、明日は早く出発しようと、
湧き水で冷やしていたビールを飲みながらテントを設営する。
やはり熊などの野生動物の出没が気になっていたので、
持ってきたラジカセの音量を上げてテントに潜り込み、
早めに就寝しようとした。


はて、仰向きになって、シュラフで寝ようとしたが、
昼間は、そうでもなかったのに、やたら冷えてくるのだ。
大地の地面の底から凍えてくる感じでなのである。(T_T)

仕方なく、体を寝返りしながら、地面からの寒さを避ける。
右半身を下にすれば、右側の接地部分からじわじわと凍えてくる。
左に回転すれば、左半身からじわじわと。

左半身、右半身と反転を繰り返すインターバルが徐々に短くなる。
「ええい、こんな状態では、とうてい寝れないぞ。
 まだウイスキーは残ってたな。」

ストレートで胃袋に流し込む。
カーッと体が熱くなった。
よし、これで大丈夫。(´∀`)

しかし、ものの10分もすれば、
アルコールのエネルギ-は、すっかり大地に吸い取られていく。

補給が足りないかと、またかっ喰らってシュラフにくるまるが、
「おい!これで寝入ったら凍死するかもしれんぞ。」
確かに、その恐怖は真実味を帯びていた。

まいった。8月とはいえ、北海道大地の気候をなめていたな。
「だれだい。野宿なんかを提案したのは。」
酒が回ってお互いに諍い気味の雰囲気も出てきた。(゚皿゚メ)

しかたない。寝入るわけにはいかない。
二人で交替に寝て、凍死する直前に相手を起こして、
寝るのを変わろうか。などと馬鹿な考えもしたが、
二人共酩酊して寝込む確率も侮れず、
「じゃがいも泥棒の若者二名凍死』
といった新聞記事タイトルが目に浮かんだ。(;´Д`)

結局、二人共テントでは一睡もできずに、
ポンコツのクーペの狭いシートを倒して、
うつらうつらと夜明けを待つしかなかったのである。(´・ω・`)
(北海道編 続く)

↓クリックいただければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村



この記事へのコメント

1. Posted by 野の百合   2018年07月24日 22:55
こんにちは。童子様

北海道の8月は、夏ではないですね。
この頃は温暖化の影響か?
びっくりするほど昼間は暑いですが。

私たちが子供のころは、盆を過ぎたあたりから、冷え込んできていました。

盆踊りも浴衣では寒すぎるので、厚手のカーディガンが必要ですし、夜はがっちり布団にくるまって寝ていました。

本州とは全く違う気候ですね。
同じ日本とは思えませんでした。

いつも楽しい投稿ありがとうございます。
また、近いうちにアップしてくださいね。
お待ちしています。
2. Posted by でるでる   2018年07月25日 08:20
童子様いつも楽しく拝見させていただいております 若き日の旅行自分も懐かしく思いました 車中泊で色々回ったり勉学や将来の為に励んだ頃が懐かしくまた羨ましい時に思える日々です 意識改善せずアル症である自分が惨めです とりあえず規則正しい生活は続いています 弁当作り食事作り筋トレなどとても楽しいです ただ先日も採血ありましたが酷い値で童子様のご指摘通り節酒できているとは言い難い有様です また断酒会通い始めました 自分がすがれるのは断酒会しかないと思っています まだ飲んでいると発言するのが恥ずかしいです 自分の健康がとても不安ですが生きている限り妻子の健康の為家事仕事励みたいと思います(未だに情けないですが断酒するとは断言できません)これからも童子様のブログ励みに生きたいと思います これからもよろしくお願い致します
3. Posted by baron   2018年07月26日 16:53
4 私は北海道出身ですので
読んでいて懐かしい気さえ致しました(笑)

ほっっんとに、夜は冷えるんですよーー
凍死こそしないとは思いますが

でも、本州出身の方達だから余計に寒かったのかもしれません

北海道生まれの人間は熱を蓄えるように体が出来ているから。
でも、その辺でキャンプが気軽に出来るのがイイですよねえ北海道
いつもながら楽しい日記でした
有難うございます
4. Posted by 酒呑童子   2018年07月26日 16:57
野の百合さん
こんにちは。
確かに、温暖化の影響でしょうか、
今年の暑さは老体には堪えますね。
熱中症には要注意。
今だに、ほぼ毎日10㎞走っていますが、
水分補給を怠らないようにしています。
昔ならビールを浴びていた季節なんですが。。。
今は呑む気も起こらないようになって。
成長したのかなあ~
5. Posted by 酒呑童子   2018年07月26日 17:11
でるでるさん
こんにちは。
暑い日が続いておりますが、
規則正しい生活が大事ですね。
私も、毎夜の筋トレとジョギングを欠かさず、
心地良い疲れで、ぐっすり寝ております。
私の捻くれた(?)性分では無理でしたが、
断酒会でもAAでも自助会に出れるのなら、
是非とも続ける事です。
人ひとりの力は弱いものです。
断酒している多くの仲間の中には、
何かを感じさせてくれる人もいると、
私の経験からも、確かに、そう思います。
6. Posted by 酒呑童子   2018年07月26日 17:27
baronさん
こんにちは。
北海道出身なんですか。
私の知人も何人か北海道の人がいましたが、
大陸育ちなのか、みんな大らかな性格のような印象があります。
そういえば、あまり北海道の凶悪犯罪って耳にしないような。
日本も昨今のニュースを見てると、
治安が良い国とは思えなくなっている今日此の頃。
でも、北海道は、もう一度行きたい場所ですね。
7. Posted by のんたん   2018年07月28日 12:25
5 こんにちは、暑い毎日が続いていますが、童子さん、皆さま、お元気でしょうか?8月でも夜は冷えるという北海道っていいですね、暑いより寒い方が、断然、好きです❗❗大自然の中、とりたてのジャガイモでカレーを作って食べるなんて貴重な経験ですね。北海道には2度、雪まつりの頃の寒い時期を選んで行きましたが、慌ただしいツアーでしたので印象に残ったのは雪、雪、雪ばかりでした。童子さんのようなワイルド(?)な旅の方が、なんか魅力的ですね、童子さんらしいです。
次回の更新、楽しみにしています。
8. Posted by 酒呑童子   2018年07月28日 20:05
のんたんさん
こんばんは。
台風の風が酷くなってきております。
温暖化の影響なのか、最近は暑いですね。
私は、暑い時は、寒い地方に憧れ、
寒い時は、熱い地方に憧れ、
首尾一貫した所がありません。。。(笑)
北海道への二度目はつい数年前の真冬。
たった1泊の出張で行ったきりです。
豪雪でしたが、ススキノで接待で飲んでました。
そうかー。まだ断酒前だったんだ。
思い出した。千歳空港で帰りも(行きも?)
酔っ払ってた。。。

コメントする

名前
 
  絵文字