2017年05月29日

断酒開始と共に、かれこれ4年間あまり通院したアル専クリニック。
先週、2ヶ月ぶりの通院日でしたが、うっかり失念しておりました。
数十回もの通院で、通院日を忘れたのは、これが初めての事。

まっ、それだけクリニックの存在価値が乏しくなったって事かな。
でも、通院は断酒継続の儀式でもあるし、やはり予約を取り直すかな。
それとも、いっその事、もうそろそろ卒業にするかな。

優柔不断な童子は、う~~んと考え込みました。φ(.. )
数日間いろいろと、あーでもない、こーでもないと思案した挙句(嘘・・・)、
医師には無断で勝手に後者を選びました。(≡ω≡.)

思い起こせば、4年前の3月1日(多分)。
生来、自分の意思でアル専の医療機関の門戸を叩いた事のなかった童子が、
初めて自らの足で診察を受けに赴いたのが、このクリニックでした。

京都に居た時には、都合4個所の医療機関に、家族親族から強制され
嫌々ながらに連れて行かれたのでありましたが、
所詮本人の意思でない限りは、やはり長続きはする筈もありません。(´・ω・`)

それがなんと、このクリニックへは、4年を超える勲一等レベルの皆勤賞もの。(・∀・)
考えるに、クリニックの処方が童子に似つかわしかったという事なんでしょう。

京都のアル専で有名な3個所の医院の医師は何故か童子と馬が合わず、
口を揃えた様に、通院・抗酒剤・自助会の3種の断酒神器を唱えるだけで、
特に、自助会への参加強制には、医者の本分を半ば放棄した感すら覚えて
違和感と多少の憤りをも感じておりました。(`・д・´)

ところが、ブログ記事でも何回も書いておりますが、
4年前に出会った此のクリニックは、幾分と様子が違ったのですね。
対面恐怖症気味の院長先生と、京都弁の公家っぽい所作の若い担当医は、
何故か、一度足りとも自助会の”じ”の字さえ口走った事はありません。

それよりか、毎回3分も掛からない挨拶程度の同じ問答だけで、
これなら童子でも医師が勤まるなというレベルの処方だったのですが、
それが、シャイで天邪鬼な童子のフィーリングに合ったのでしょうか。

不思議な事に、4年間、嫌々ながら通院した事は一度もありませんでした。
何か宗教の信者がミサに出掛けるような、軽い義務感を伴うけれど、
少しウキウキもするような、半分儀式めいた心境であったように思われます。
(無宗教で無神論者の童子なので、あくまで推測でありますが・・・)

なので、4年も継続でき、お陰様で奇跡的に寛解する事ができました。
この場を借りまして、院長先生、公家先生に厚く御礼申しあげます。
また、勝手に通院をリタイアして誠に申し訳けございません。(*_ _)

(でなかったら、永遠に通院することになったかもね。
通院代、交通費、半日仕事の通院時間も負担になりますものね。φ(.. ))
ちなみに、4年間の診察料は抗酒剤・眠剤を含めて、7-8万円程度でした。
まあ、これで寛解できたらのなら、安い物と思わないといけません。

ただし、この病、寛解は出来たとしても、完治できている訳ではありません。
いつぞ、精神状態のバランスを崩して一気に舞い戻るとも限りません。
童子の4年の修業体験からすると、ほぼ戻る事はないと感じていますが、
人生一寸先は闇、この先何が起こるか解りません。

まあ兎に角、一旦は4年に及ぶ通院に終止符を打つことに相成りました。
誰かの言葉のようですが、そして大嫌いな言葉なのですが、
”頑張った自分へのご褒美に”、・・・シャンパンの一杯でも。
と思いますが、やはり無理でしょうか。

↓乾杯代わりにクリック頂ければ幸せです。


にほんブログ村

にほんブログ村



この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2017年05月30日 13:35
童子様自己管理の賜物なのでしょうか 急性膵炎治り無事退院できました しばらくは経管栄養剤でみていくつもりです 童子様のような境地に早く達したいです さすがの激痛でしたが下の子が小学入学する頃にはまた飲んでもいいのではないかと未だ反省の念のないいつもの自分がいますがとりあえずは断酒継続と新たな仕事駄目にしないように童子様のブログみて生きていきたいと思います これからもどうぞよろしくお願い申し上げます
2. Posted by 酒呑童子   2017年05月31日 19:31
でるでるさん
こんばんは。
無事退院で何よりでしたね。
仕事も断酒も順調そうで良かった。
努力すれば必ず報われると信じましょう。
私も再度気合いを入れ直して頑張るぞ!!!
3. Posted by popoca   2017年06月03日 22:09
断酒4年おめでとうございます。行きつ戻りつあの世に逝かれてしまう方が多い中、よくここまで自力で踏みとどまって来られましたね。でも脳に刻まれたアルコールの記憶が、たった1滴で呼び覚まされてしまうことを忘れずに頑張ってください。
知り合いにブロン中毒になった方がいるのですが、それは克服したものの重度の糖尿病になり、回復は望めないそうです。童子さんが負の連鎖から抜け出せたことを嬉しく思います。
4. Posted by てつお   2017年06月04日 21:02
こんにちは。
脱クリニックおめでとうございます。
私は盆と正月くらいのペースで、妻が一緒の時のみ一合ほど飲酒します。
GWに上手いと言われている日本酒を飲みましたが、これが?の感じでした。
ビールだけは自ら止められる自信が無いので今も絶っていますが、他のお酒への依存は無くなってきたのかと感じています。
最近の暑さで少々ビールが恋しくなりましたが、上手く逃げ切りたいと思っています。
5. Posted by 酒呑童子   2017年06月07日 12:03
popocaさん
こんにちは。
確かに、「なんとか、あの世に逝かずに踏みとどまったものの、
1滴のアルコールで呼び覚まされる」のですよ。
食前酒のワインの少々なら大丈夫かも、
という気も時には湧いてまいりますが、
やはり、もしやという恐怖感が定着してきたようで、
どんなに薦められても断るスタイルが出来上がりました。
ありがとうございます。
6. Posted by 酒呑童子   2017年06月07日 12:08
てつおさん
こんにちは。
飲酒のコントロールが出来てるようで羨ましい限りですね。
あいにく、私はコントロール不能なたちなもので、
1滴たりと飲めば、待ってるのは連続飲酒発作の蟻地獄。
なので、そういう飲み方は、医学が解決してくれるまでは、
不可能な夢物語・・・と思う事にしています。
どうぞ、末永く、ご自愛ください。
7. Posted by まーとん   2017年06月18日 10:07
断酒1年ちょっとのまーとんと言います。
私も現在通院はしていないのですが断酒はできています。
ただ通院したほうがいいのかな?と思ったりもしているところでした。(断酒会には参加しています。)
とりあえずはまだしばらくは通院しないという方法で断酒を継続したいと思いました。
8. Posted by 酒呑童子   2017年06月18日 10:39
まーとんさん
おはようございます。
1年断酒、おめでとうございます。
今は、通院は、どうしても抗酒剤が必要になった時、
貰いにゆく最後の寄る辺との認識になっています。
物理的に半日仕事、精神的には一日仕事、
結構負担になりますからね。
しかし、断酒継続は、4年通った御蔭でもあります。
最後は、自分で判断するしかないと思いますね。
断酒継続、頑張ってください。
9. Posted by さき   2017年11月09日 17:35
こんにちは。
4年、すばらしいですね!!
私は退院後(別の疾患で入院)、次の日に飲んでしまいました。

言い訳になりますが、強迫がすごくて、死ぬか強迫に従うかの2択になり、どうせ死ぬなら強迫に従って飲んでも良いだろうという結論に至りました。
抗酒剤飲んでたのにも関わらず。

そのあと、次の週も1回飲んで、今は断酒1週間くらいです。
前は、1年できたこともあるのですが。

またこれから、積み上げていくしかないです。
頑張れるかな・・・。
10. Posted by 酒呑童子   2017年11月10日 12:47
さきさん
こんにちは。
退院翌日なら、まだましな方です。
私は、1ヵ月半のアル中専門病棟で入院した時は、
退院の道すがら飲酒してしまいました。
思い出すに、退院数日前から、毎朝のシアナマイドを、
口腔奥に蓄えて、看護師の前で飲んだふりをして、
トイレで吐き出しておりました。
既に、退院後の準備を着々と進めていたのです。

1年断酒した経験があるのならば、
何度スリップしようが、断酒できる筈です。
頑張って見てください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字