2016年08月25日

今月末で、3年半断酒したことになります。
もう、酒の無い生活が当たり前となっており、
飲んだくれていた数十年前から数年前までの堕落しきった生活が、
夢の中の話だったようにも思える今日此の頃であります。

なぜ、あれ程までに、飲まなければならなかったのか。
今となっては、分析する必要性も感じなくなっています。
恐らくは、DNAに起因する依存体質のような気がします。

祖父は、完璧なアルコール依存症でした。
過去の記事『アルコール依存症の遺伝性』でも書いたように、
最期は、入院中に病院を抜け出して飲酒の挙句亡くなりました。

親父も大酒飲みで、家族に家計に散々迷惑を掛けた輩です。
しかも、若い頃は凶暴な酒乱でありました。
ただ、晩年は、酒は嗜んではいたものの、
童子や祖父の如きアル中という状態までは陥った事はないようです。

思うに、アル中は隔世遺伝するのかも知れませんね。
童子に到っては、アル中と酒乱も共存してしまったようです。
しかし、それでもなんとか、祖父のように
酒浸りで一生を終ってしまう事態だけは回避できそうな。
そんな気がしております。

あと何年、何十年生き長らえるかも知りませんが、
多分、もう飲む事はないように思います。
3年半の自戒が功を奏したのか、
酒の渇望よりも、自滅の恐怖と、酩酊から覚醒した後の心身の嫌悪感が
圧倒的に優位となるようなシナプスが脳髄に形成されたようです。

どんな場で、どんな人に、どんなに酒を勧められようと、
たった一滴のアルコールも拒絶する強い意思が形成されました。
禁酒を戒律とする宗教者の如く。
しかし、童子は依然、根っからの無神論者の罰あたりですが。φ(.. )

飲んだくれていたころは、酒のない生活など思いもよらず、
診療内科に初めて連れられて行った時や、
始めて自助会に嫌々参加させられていた時なんかは、
本気で、一生酒の無い生活を送る事など
とてもじゃないが、怖くて想像できなかったものでした。

しかし、こうして3年半、一滴も飲まずに生きて参りました。
飲酒時代に比べると、性格は到って温厚になっている様子です。(・∀・)
頭脳明晰とは言えませんが、飲酒時の如き支離滅裂、記憶喪失
ということは皆無となりました。
過去のダメージの後遺症か、記憶失念は結構増えてまいりましたが。

日々は、穏やかな風のように通り過ぎてゆきます。
これが、普通の人々の生活なんだなあと、
成人を過ぎて、ようやく数十年後に初めて悟りました。

ともかく、二度と撃沈しないよう今後も精進したく思います。
こんどスリップしたら、それは必ず死ぬ時でありますから。

本日は、真面目な真面目な童子の科白でありました。( ̄ー ̄)


↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。




にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by でるでる   2016年09月16日 04:10
童子様 いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます 断酒してようやく2か月経ちました 断酒会出席が功を奏しているようです ただ断酒しているだけで社会的にも何もしておらず妻子には申し訳ないばかりですが この2か月で自分が習慣飲酒を始めて僅か2年たらずでアル中になってしまったことや生涯断酒していかねばならぬことなど改めて気づかされました 断酒会通い始め不思議と飲酒欲求は現れておりませんが心の気付きや霊的な気付きには至っておらず生涯断酒は余りに重く実現不可能に思えてしまいますし未だ飲酒を嗜好の一つと捉える自分がいてアルコールも嗜めず何を楽しみに生きればよいのかとも思えてしまいます 経年的に考え方が変わるかもしれません 下の子が小学入学までの4年弱の断酒を目指してみようかと思います それと同時に1日断酒と思います またブログ楽しみにしております 今後共よろしくお願いします

コメントする

名前
URL
 
  絵文字