2016年02月29日

2013年3月1日に人生おそらく最期の一念発起。
以降ひたすら断酒を継続してきましたので、
本日で丁度三年が経過したことになります。

3年間・・・この”三年”という期間は、諺にも、
石の上にも”三年”、とか、
茨の中にも”三年”、とか、
商い”三年”、とか、
桃栗”3年”・・・・(これは、ちと違うかな)などと、
一つの辛抱の目安として、”三年”という期間の意味があるという事なのでしょう。

長いようで、結構あっという間に過ぎ去ったような三年間。
けれども、最初のうちは、スーパーやコンビニの酒売り場の近くには寄りつかないとか、
勿論、黄昏時の繁華街や飲み屋街のネオンに誘惑されないとか相当気を配りました。

なかでも中々しんどかったのは、仕事での飲み会を極力避けるという事です。
どうしようもなくなったら、ノンアル飲料をたらふく浴びて凌ぐ、
とかいった、それ相応の忍耐が必要でしたが、今となっては、どうって事もありません。


当初、童子の仕事上の制約条件から、まずは1年半を至上目標として、
断酒に挑んだものでしたが、
なにせ、古来からのアルコ―ル医療関係者が異口同音唱えている断酒の3本柱、
すなわち、

1.専門の医療機関に通院する
2.抗酒剤を服用する(最近は、厭酒剤も出てきた)
3.自助会(AAや断酒会)に通う

という掟の中で、どうしても、馴染めなかった自助会をパスすべく
始めたインターネットでの自主自助会であると勝手に定義づけた断酒ブログ。
週1回の記事を必ず書くよう義務付けたのが功を奏したのでしょう。

めでたく、寛解する事ができました。
しかし、「寛解」という言葉は、完治したという意味ではありません。
症状が治まっていると言うに過ぎません。

今でも、ヘトヘトに疲れたり、魑魅魍魎的ストレスが生じた時は、
ふと、喉元を焼き尽くすばかりのテキーラやウオッカやジンなどの、
高濃度のアルコールの過去の甘美な感覚を思い出す事もあります。(T_T)

あ~~・・・とは、思いますが、行動に走る衝動にはなりえない微弱なものです。
テレビ番組で、飛びっきりのグルメを見たのと同じ程度の代物です。
(少なくとも、松重豊の孤独のグルメの衝動の方が高いものなんですね。(⌒-⌒))

グルメは、懐の財布が薄くなるだけの話でありますが、
アルコールは、決してそんな事では済まされません。
一口、一杯の液体を飲んでしまったら、果たして如何様な事になるのか、
その後の行動が確実に予想されるのです

あと一杯だけなら大丈夫だ、(*゚∀゚)
今日だけなら大丈夫だ、(・◇・)
今週限りにしよう。(T_T)
気が付けば、元には戻れない状態まで進行してしまい、後は蟻地獄。。(((( ;゚д゚)))

と、99.99%の絶対的な高確率で実現されるのは間違いありません。
あのハバロフの犬ではありませんが、ようやく知性や理性の類ではなく、
大脳皮質の深い所に、”酒=危険”という条件反射を刻み付ける事ができました。

これも、自助会ならぬ、ネットでの断酒回顧録・懺悔録(これはほとんどないが)
により定期的に言葉にしてきた作業が実を結んだものであり、
読者の数限りない応援の賜物であると思っております。

この場を借りまして、長い間ご支援頂いた諸兄諸姉の皆さまに御礼申し上げます。

本日は三周年という事で、流石に生真面目なる童子の記事でありました。(●´ω`●)

↓祝杯の代わりにボタンをクリック頂くと、一層の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sato   2016年02月29日 13:13
こんにちは。3年おめでとうございます。
わたしはあと1か月でちょうど1年になります。

私は3本柱の1つの断酒会には行ったことがなく(当方30代女で、断酒会というとおっちゃんの集まりのようなイメージがあり、なんとなく行きづらくて)、毎日どなたかの断酒ブログを拝見しています。
これが、通院、服薬と共に断酒の一つの支えになっていると思います。

2. Posted by めたぼ侍   2016年02月29日 13:16
丸三年の断酒達成おめでとうございます。
いつも楽しくブログ読んでます。これからも調子崩さず断酒続けてくださいね。丸三年、1000日以上、凄いことだと思いますよ。
応援ポチしときます。
3. Posted by 酒呑童子   2016年03月01日 22:56
satoさん
こんばんわ。
ありがとうございます。
確かに、断酒会は、”おっさんおっさん”してる雰囲気ありますね。
私も、おっさんながら、入る気力もなくなり、
かといって、AAは、なんとなく宗教がかってる気もして。。。
なので、断酒ブログ道場って事で、いいんじゃないでしょうか。
今後とも、よろしくお願いします。

4. Posted by 酒呑童子   2016年03月01日 23:13
めたぼ侍さん
ありがとうございます。
また入院されるとかで、大変ですね。
早く、リハビリできるようお祈りいたします。
でも、酒が止まって良かったですね。
私も、これだけ止められるとは思わなかったです。
死んでも止められないと思ってましたから。
ちっとは生き永らえるかも。。。
5. Posted by SUIZO   2016年03月06日 22:35
はじめまして
25年にわたる大量飲酒、過去膵炎を患ったものの、未だ断酒出来ずにいるSUIZOと申します
3年おめでとうございます
素晴らしいですね

思うところがあり、断酒を志しました
童子さんのブログに辿り着き、読ませていただき、さらに決意を固くしたところです

またお邪魔しますね
よろしくお願いいたします
6. Posted by 昼の月   2016年03月07日 15:29
童子さん、お祝いを申し上げるのが遅くなりました。

本当におめでとうございます!
3年って、凄いですよね。
もともと、飲めない体質の人は別にして。
大好きだったお酒を、強い意志で断酒しているのですもの。

童子さんには、そのつもりはなくても
多くの人を励ましていると思います。

でも、私としては、過去の無頼伝がめちゃくちゃ
面白いので、そのアップはお願いしたいなぁ

昔話は、語ってくださいね!
と、無茶ぶりをしてしまいました(笑)。

7. Posted by 酒呑童子   2016年03月08日 22:36
SUIZOさん
初めまして。
膵炎ですか。大変ですね。

私も思う所あって断酒しました。
アル中で人生送り続けたら、
きっと冥途に旅立つ時に、
この人生を後悔するな、
って、ふと気づいたからです。

SUIZOさんの志も、
是非とも続きますように。
8. Posted by 酒呑童子   2016年03月08日 22:50
昼の月さん
こんばんわ。

偉そうには言えませんが、
確かに、3年断酒すると、
ちっとは、人生観変わったような。

ははは。無頼伝ですか。
実は、なかなか匿名でも書き辛いものが、
山ほどあるのですが。。。
ちょっと取捨選択しないと、
日本ブログ村の村長からお叱りがきそうな。
う~む。
9. Posted by 野の百合   2016年03月09日 21:46
断酒継続3年、おめでとうございます。
いつもブログ更新を楽しみにしています。
以前、私も京都に住んでおりました。
時々出てくる地名に、懐かしさを覚えます。

私も、病院、抗酒剤、自助グループ無しのブログ断酒を継続しています。

先輩の後ろ姿を見ながら、これからもがんばります。


10. Posted by 酒呑童子   2016年03月11日 12:08
野の百合さん
こんにちは。

私も京都は、懐かしいですが、
なかなか立ち寄る時間もなく、
いつも新幹線で通り過ぎています。
余裕が出来たら、じっくりと滞在したいですね。

自助グループに参加しなくても、
断酒できる事を継続したいものですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字