2015年12月27日

以前のブログ記事『いろいろ早割があるもんだ!』で書いたとおり、
早割のANAを利用して、現在、中国上海から新幹線で4時間の地方市区に来ております。
成田空港で、グローバルWiFiルーターをレンタルしました。
3Gですが、1日あたり500円で借りられます。

日本で、SIMフリーのWiFiルーターを買って、
現地で、プリペイドのSIMカードを買う手もあったのですが、
計算してみると、2週間程度の期間だと、それ程も差がないなあと思い、
今回は、安全を第一として、レンタルルーターにしたのです。

1日の制限が、250MBであり、3Gのため、
動画は、やや難点ありですが、サイト検索やメール程度ならば全く問題はありません。

ただし、googleやgmailや中国共産党御用達でないサイトにはアクセスできません。(TДT)
が、これも抜け道があります。
「上有政策、下有対策」(上に政策あれば下に対策有り。)
それをビジネスにしているチャッカリした商人もいるのですね。

どうやるかっていうと、VPNという通信手段を使って、
中身がわからない状態でインターネットでのやり取りをするのです。
上海に10万人規模で居るサイバー人民解放軍部隊の目を欺くのであります。σ(^┰゜)

なにか、禁酒・断酒ブログのジャンルとは逸脱する内容になってしましましたね。(・∀・)

話を、その筋に戻しますが、
そういえば、童子が飲んだくってたのは、中国が大きく絡んでます。
とくに白酒(バイジュウと発音します。)に出会ったのが運の尽き。(T_T)
(白酒の記述のあった過去の記事も、参照されたし。)
50度のアルコール濃度を超える、きつい酒ですが、中国では、伝統のある酒です。

これを、グイグイと遣っても潰れない中国人は大したものです。
日本人がまねをしたら、一発で急性アルコール中毒ですね。
ちなみに、童子は、従来より慢性アルコール中毒状態であったため、
急性アルコール中毒からは、なんとか免れた訳であります。

高いものは、うん百万円として、ちょっと前までは、
賄賂にも頻繁に使われていたようです。
もらった物を、また流通ルートで流せば金になるわけです。

そういった、贈答や贈与賄賂の高級煙草や高級酒などの品物を
扱う闇のマーケットが沢山存在していたらしいのですが、
現政権になってから、こういったビジネスは瀕死の状態らしいです。


という訳で、今年の年末は、中国での素面のお正月を迎えます。
今年なかなか止められなかった方々も、
来年こそ継続断酒にトライしましょうね。(・∀・)


↓年末の助け合い運動と思ってクリック頂ければ。。。



にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字