2015年11月29日

(´・ω・`)痛風に関する記事を何回かしたためてきたが、
先週から、また調子が悪いのである。


アルコールも、ずいぶんと(2年9ヵ月になりました)摂取してないし、
プリン体を含むような食事も極力控えているのにである。

先週も週初めから、右足の甲が若干赤みがかって、
幾分腫れているような気配で、次第に歩くと痛みを感じるようになった。

これは、いかんと、通勤バッグのポケットから常備している薬袋を取り出せば、
ややっ!何時も持ち歩いていたイブA錠が見つからないではないか。(TДT)

記事『飲酒医学(痛風もどき編)』に書いたように、
薬局で、おっさんがイブA錠を買い求めるのは、何時も赤面してしまうほど抵抗があるので、
yahooで検索すると、”ロキソニンS”というのが効果があるという痛風サイトを見つけた。

非ステロイド系抗炎症剤で、プロスタグランジンという物質の生成を抑えて、激痛を緩和します。
初期の痛風治療には、コルヒチン等が使われますが、痛風の激痛を少しでも抑えるために、
消炎鎮痛剤であるロキソニンが使用されます。
とある。

よっしゃー!これにしよう。
ただし、よく調べれば、市販はしているが、薬事法上、対面販売を義務付けられている薬剤らしい。
第1類医薬品に分類されていて、薬剤師のいる対面販売でしか購入できません。(´・ω・`)
らしい。

童子は、対面販売とやらで、薬を買った経験がない。
一体、どういう事なのでであろうか。。。
根堀り葉堀り、病状やら、そうなった原因である過去の悪行なども詰問されるのであろうか。

もしや、身分証明書を見せろとか、さらには調書とかを取られたりして。
ひょっとして、アルコール依存症の病歴まで暴かれるのであろうか。
などなど、根が小心者の童子には、次々と不安が込み上げてくるのである。φ(.. )

しかし、イブA錠を買う恥ずかしさに比べれば多少の事は、と腹をくくり、
会社近くの薬局に向かいます。

以前にもイブ錠を買った薬局です。
近くに思い当たる所は、その1軒です。
ただ、薬剤師がいるのかは疑問ですが。

とことこと、昼休みに早めに食事を切り上げ向かいましたが、
なんと工事中。臨時開業の場所も記されておりません。
しかたなく、会社に戻り、ネットで薬局を検索。
スギ薬局というのが、思いのほか会社の近くに見つかりました。

再度、出向いて、店頭の近くのレジの店員さんに、
「ロキソニンSが欲しいのですが。。。」
「薬剤師が奥のカウンターに居ますので、そちらでお願いします。」

おそるおそる、結構広い店舗の最奥部にゆけば、
薬剤師らしきおばさんが立っているカウンターがあった。


何を聞かれるかを身構えながら、
「ロキソニンSが欲しいのですが。。。」
「ロキソニンは、3種類ありますけれど。」
「どう違うのでしょうか?」
「内容は同じで、錠剤の数と値段が違うだけです。」

というので、一番コストパフォーマンス良いパッケージを購入。
税込、699円。
なんだイブA錠より安いではないかい。

それに、対面販売なんていったって、
ただ、薬剤師らしき人が、レジを打っているだけではないかい。
こんな事で、大袈裟に、第一類医薬品と威張っている理由は何なんじゃい。
と、怒り半分安堵半分という心情ながら、胸を撫で下りして薬局を去るのでありました。

(続く)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by めたぼ侍   2015年12月03日 10:47
ロキソニンは、よく買います。ドラッグストアでも薬剤師がいないと買えないんですよね。私も脚の痛みがひどいときは、愛用してます。通風ですか?私は、尿酸値さげる薬のんでますので今のところ大丈夫ですね。なると痛いですもんね。腫れがなかなかひかないし、、、。お大事に。
2. Posted by MIYA   2015年12月04日 17:48
痛風は、痛み止めより尿酸値対策ですね。
私は痛風怖さにビールをやめて、焼酎に切り替え、本格派アル症になりました。(爆)
最初の痛風発作の時、あまりの痛みに腹を立て左の靴を車の窓から捨てました。
バカですね。後で後悔しました。
3. Posted by ベラ   2015年12月05日 17:28
知人のご主人が整形外医ですが
毎日ワイン一本あけて、休肝日が週に2日です(やっと、というとこかなw)

このお医者さん、まだ40代前半ですが通風の発作持ちで
歩けなくなったり、そういうときロキソニンで対処してるようです

ロキソニンは歯痛にも頭痛にも、膝の痛みやリウマチにもよく効いて、副作用も少ないです
(胃の弱い人は、ムコスタとかいっしょに服用します)

童子さんは、なんなら痛風の診察を受けて
ロキソニンを処方してもらえば、 より安く手に入り安心ですよ
4. Posted by 酒呑童子   2015年12月06日 05:51
めたぼ侍さん

お元気ですか。
コメントありがとうございます。
私も、最期は尿酸値低下剤に頼らざるを得ないかな、
と思ってますが、もう少し頑張ってみます。
5. Posted by 酒呑童子   2015年12月06日 05:57
MIYAさん

なんと凄い判断でしたね。
確かに、私もビール党でしたが、ビールのプリン体は忌避して、
焼酎は蒸留酒だから、体に良いなんて、アホな納得をしてましたね。
プリン体云々よりも、アルコールとカロリー過多がアウなんですね。
アルコールは何とか止まってますが、
カロリー調整ができてません。頑張ります。
6. Posted by 酒呑童子   2015年12月06日 06:02
ベラさん

おはようございます。
医者だって人の子。
アル中も痛風も、そこそこはいらっしゃるかと。

今度、痛風発作が出れば、病院に行こうかと。
できれば、ロキソニンも、尿酸低下剤も使わなくて済むのが、
一番なんですが。。。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字