2015年11月16日

先週土曜日に、「あれっ!今月のクリニック通院日は何時だっけ?」と思い出し、
公私とも緻密なイベントを書き込んでいる酒呑童子特製手帳を取り出して見る。
大概は、2ヶ月毎の第3-4週位の土曜日なので、
11月の該当週の手帳のスケジュール頁をめくるが、何処にも記述がない。

おかしいなと思い、前回の診療の領収書を引っ張り出して見る。
ちなみに、童子は、自己の医療に関する全ての記録を、
分厚いファイル数冊に丁寧に保存しているのです。

数十年来のアル症真っ盛りの時分とて、
大酒を喰らって人間ドックの前夜にまで深酒していたにもかかわらず、
診断結果などは、後生大事に保管しているのだ。(なんにもならん!(≡ω≡.))

会社入社以降の人間ドックの記録、入院時の計画書などは勿論の事、
本年度の通院の領収書や診療明細や処方薬の内容説明。
マツモトキヨシやセイムスで買った医薬品の領収書。
通院に使ったタクシーの領収書。電車の交通費のメモ。
などなど。

アル症時代も妙に、これらの収集はまめであった。
目的は、毎年年末調整後の医療費の還付請求を確定申告するためである。
(要は、金目になると思えばマメなのである。要するにケチ!φ(.. ))

医療費控除の申請は、年間合計10万円以上でないと出来ないが、
なかなか結構な金額を使っているものです。
(市販薬の支出も一年間も記録すると、あなどれない金額ですよ。)

医療費として申請できるものと、できないもののガイドラインは、
国税庁のホームページなどに記載されているのですが、
結構これが、素人には、グレーゾーンが多いのであります。

勿論、マツモトキヨシで買った、明治マカダミアチョコレートと正露丸の
領収書の金額総額を申請するのは認められない事くらいは普通の人なら理解できよう。
(ただ、税務署の担当が、どこまでチェックしているかであるが、
 律儀な童子は、領収書の嗜好品は二重線を引いて消している。)

但し、インフルエンザなどの予防接種費用は、医療費控除の対象にはなっていない。
これは、おかしいではないか!(゚皿゚メ) 童子は、厚生労働省に異議を唱えたい。
独り身ならともかく、家族数人が予防接種を受ければ、たいそうな金額となる。
国や会社や学校で予防接種を半分義務的(そこまではないにせよ)に、
推奨するのならば、医療費として認めるべきではなかろうか。

また、人間ドックも、自発的な検診は医療費控除の対象とはなっていない。
これについても、厚生労働省には断固として抗議したい。ヽ(#`Д´)ノ
どうも、医療費控除の対象・非対称の分類についての御役人のコンセプトが、
童子の単純なる脳みそでは解釈不可能なのである。

なので、童子は、抗議の意味も含めて、毎回、予防接種の領収書も、
自発的人間ドックの費用も含めて医療費として申請しているが、
未だ、お役所から咎められた事はない。(・∀・)

もっとも、税務署の職員方も、全領収書を逐一検査する程には暇ではあるまいし。
ただ、ひょっとして、このブログが、アル中Gメンなんかの目に止まって、
過去の申告に遡及して脱税による重加算税という事にでもなってしまったら。
あいや~。お代官様。幼気な童子なればの事。どうか御目溢しを。。。(´・ω・`))


話が、どんどんズレて行ってしまいましたが、
医療関係のフォルダーを引っ張り出して確認すると、前回の診療日は、8月22日。
2ヶ月1回の診療となっているので、次回の診察予約は、10月24日となっておりました。

診察日も忘れてしまい、手帳にも予定を書き込むのも忘れる位の代物となってるのだから、
もう、そろそろ行かなくてもいいっか。。。
それよっか、過去の記事『若年性認知症』や『飲酒医学(脳萎縮編)』で書いたように、
どちらかと言うと、そちらの医科に移った方が良いのではあるまいか。
と一瞬そのような考えが思い浮かびましたが、いやいや、もう一度考え直して見ましょう。

そもそも、アル専クリニックに通う目的は・・・
そう、アルコール依存症の症状自体が寛解したとは言え、
一度罹患したこの病は、完治しているわけではないのです。

自助会にも参加する気も毛頭ないグウタラの我が身を考えて見れば、
童子が、アル症のキャリアである事を認識して、思いを新たにするのは、
このブログとクリニック通院の2つのイベントしかないわけです。

一生、書き続けるか、通院しつづけるか、これは、ある意味保険であります。
「しかたねえなあ~。」と呟きながら、
「すみません。酒呑童子と申しますが、
 通院を忘れてましたので、再予約をお願いします。」
とクリニックに、電話を入れるのでありました。

今度の通院の折に、毎回同じ事しか言わないペッパー君のような医師に、
「いったい、何時まで通院すれば、よいのでしょうか?」
という質問を投げかけてみよう。(まだ、iphoneのiriの方がましなような・・・)
どういう返答が返ってくるのかが、今から見ものであります。(・∀・)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字