2015年10月26日

どういう偉い職についていようが、アルコール依存症の人はいるものです。
ついぞも、韓国の知事が道議会に酔っぱらって出席した云々
というニュースが流れていました。記事の内容とは、

『韓国で、知事が酒に酔って議会に出席し、問題となっている。
 韓国北部・江原道の議会で14日、知事が議員から質問を受けている最中、
  体をふらつかせて顔を上げることもできない状態で公務に臨んだ。
 議員「知事!」
 知事「はい、はい…」
 議員「前を向いて答弁してください、知事!」
 この知事は議会の直前に出席した昼食会で酒を飲んだということで、
 「酔っ払ってはいない。疲れがたまっていただけだ」と釈明した。
 しかし、議会議長が「知事が泥酔して議会に出席するとは本当に情けない!」と述べたほか、
 議員たちは「議会をバカにしている」と反発し、知事の辞職を求めている。』

その動画が流れていましたが、件の知事のおじさんは今にも眠りこけそうだけど、
なにか淘酔気味に近い幸せそうな(童子には、そう映りました)面持ちに、
何故か、非難するどころか、心秘かに共感を覚えてしまうのでありました。

ああ、どこの世界でも、いるもんだなあ。(´ω`●)

日本でも数年前に、最高学府を出て政府の要職であった大臣が、欧州での会議後の記者会見で、
泥酔状態を思わせる、呂律も回らない失態を曝け出し、その映像が世界中のメディアに流されて、
言い訳けをすれども、世間の非難は厳しく、結局辞任する事となった。
その年の選挙でも落選という結果となり、諸々のストレスで更に酒に溺れていったのか、
落選後まもなく、自宅で急死を遂げるという悲惨なニュースを思い出しました。

大臣に断酒ブログ村を薦めるような人物が、回りに一人も居なかったのが残念ですね。φ(.. )


依存症が極限状態になれば、仕事であろうが、公職であろうが見境いはない。
生きている事の最優先の課題が、ただただ、酒を飲むことになるのです。
365日24時間、朝昼晩、酒の魔物に取り憑かれてしまうのですね。

頭の中は、酒を飲む事しか考えられなくなる。
どんな美女より、どんな大枚より、世の中のどんな至上の物よりも、
一杯の酒が、一番プライオリティの高い案件となってしまうのです。

人事(ひとごと)ではありません。
2年数ヶ月以前の童子も同じ穴の狢。

童子の場合も、寝起きの仕事前の引っ掛け酒は日常茶飯事。
仕事中も体内の酒が切れてきて、定時までに我慢の限界に至ると、
なにかの架空の用件を作り出しては、早退を繰り返したものです。
勿論、早退するやいなや、一番近い自動販売機を小走りで目指すのでありました。

妻が急病になった。子供が事故にあった。親が危篤になった。叔母が云々・・・。
早退や、ずる休みの理由で、一体全体、如何ほどの数の身内の人間が、
架空の病気や事故や葬儀を繰り返していった事か。
懺悔の思いである。(T_T)

それでも、人一倍律義な童子は、仕事中の酒だけは無かった。(´∀`)えへん
と胸を張ろうとしましたが、やはり思い起こせばポロリポロリとありました。(; ̄Д ̄)
(それに、過去の記事『青春期の飲酒8』に書いた事さえも、失念しておりました。φ(.. ))
人間は、都合の悪い事は、どんどん忘れてしまうものですね。


一度、とある顧客企業で、とあるテーマの講義の場を受け持つ事になったのです。
日本で(世界でも)誰も知らない人は居ないような超大企業であります。

前夜の深酒の二日酔いで気分がすこぶる悪いが、流石に休む訳にはいかない。
しかも、参加者が100名を超えるというので、
根が小心者の童子は、すこぶる緊張していました。

憂鬱な思いで、地下鉄の駅を抜けると、路端に一軒の酒屋が。
既に開店しているではないか。えーい!と、ウイスキーの小瓶を買い、
こっそりとポケットに忍ばして顧客の会社に向かったでした。

講義開始直前に、用を足すふりをして、さっとトイレに籠りウイスキーを呷ります。
ともかく緊張を解きほぐすのと、酒切れ状態の手の振戦と頭痛を誤魔化すのと、
一石三鳥の効果を狙ったのでありました。  

効果覿面。
もともと童子は酒が強くて顔には出ないので、その程度では酔状には至らなく、
うまくばれる事もなく(多分。。。一番前席の人はわからないが。。。)
すこぶる饒舌でユーモアたっぷりの講義となり、大盛況で終わったのであります。

講義終了後に、一番後部席で傍聴されていた、その会社のお偉いさんから、
「いやー。すばらしい講義でした。
 セミナー専門部門の御担当をされているのですか。」
などと言われても、酒の匂いを察知されないよう横向き加減で、
「いえいえ」と言葉少な目に、そそくさと立ち去った記憶が蘇ってまいりました。

いや~。やっぱり、同じ穴の狢でありました。
他人を、とやかく言う資格は、毛頭ありませんでした。(´・ω・`)

↓クリックいただければ、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 昼の月   2015年10月30日 08:20
童子さん、おはようございます!

私も、是非、その講義を拝聴したかったですね(笑)
たぶん、童子さんは、「あんなに有能な人なのに
謙虚だよね」という評判だったのでは…。

中川大臣のことは、本当にもったいなかったと
思っています。
ここぞとばかり、みっともない映像が流れましたものね。
その時に、大臣をかばった奥さまは、のちに破廉恥(?)とされる映像も…。

アベさん、恐るべしです。
2. Posted by 酒呑童子   2015年10月31日 08:48
昼の月さん
おはようございます。
いやー、酒臭さを誤魔化さないで良くなった
生活は、素晴らしいものです。
思い返すに、常に、仁丹とか、アルコール消臭タブレットとか
買って、1日で消費してました、
これって結構高いのですよ。
つくづく、酒止めて良かったと思います。
でなければ、必ずや、非業の死を遂げてました。
3. Posted by でるでる   2015年11月02日 04:44
童子様いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます 断酒一ヶ月続けられました またあと一月を目標に励みたいと思います 日々ブログ楽しみにしております 勝手ながらこれからもよろしくお願いします
4. Posted by 酒呑童子   2015年11月02日 17:07
でるでるさん

お久しぶりですね。

そうですか。1ヵ月断酒されてたんですね。
私の経験でも、1ヵ月は、一つのハードルを越えた状態です。
是非、次の1ヵ月を目指して下さい。
1日1日です。
気づいたら、酒の呪縛から抜け出てる世界が待っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字