2015年09月20日

先週からの雨続きで、
童子の唯一の運動であるジョギングもできずに、
ほとんど屋内に籠りきりで、ウジウジしていました。

気温も下がり、動きも鈍くなってきました。(爬虫類か?(; ̄Д ̄))

そうこうしていると、暫く忘れかけていた違和感が右足首に。
あれ。ひょっとして、”来た”んではないかい~。(TДT)

案の上、数時間もすると痛みが強まり足首から下が赤く腫れてきたのです。
ああ、なんでまた。('A`|||)
アルコールも控えて、メタボ候補だった体重も減小してきているのに、
なぜまた、痛風もどきが、ぶり返す事になるのだろうか?

やむなく、過去のブログ記事『飲酒医学(痛風もどき編)』で書いたとおり、
童子の緊急用常備薬となっているエスエス製薬のイブA錠を2錠服用します。

予想どおりの効能で、確かに痛みは和らぎ、歩行に難を及ぼす状態は回避しますが、
次の日になっても、腫れと軽い痛みは引いて行きません。
再度、用心を期して、イブA錠を追加します。

その繰り返しが、結局1週間も継続してしまったのです。

前回はイブの効果が即刻現れて、腫れも痛みもスーっと引いて
何事もなかったかのように、大事には至らなかったのですが、
今回は、ちと様子が違います。
なんらかの体内での変化でもあったのでしょうか。

それとも、何か罰あたりな事でも、やらかしたのでしょうか。
せいぜい、ブログで、安倍政権と安倍政権御用放送局の
悪口を叩いたくらいのものであるが。(´・ω・`)

先日、”ピンポ~ン”とチャイムが鳴るので、玄関のモニターを覗いて見ると、
「御用放送局の者なんですがね。ちょっと、話が・・・・・・」
と、言葉使いに尋常さを欠くような男が、侵入を試みようとしていた。
「話なんかねえやい!」と一喝して、有無を言わさずスイッチを切ったけれど、
それ位しか、罰あたりとか、祟りとか、怨恨の線は思いつかないのである。

どちらにせよ、何らかの抜本的な手を打たねばならない。
直ちに京の都に馳せ参じて、深夜の貴船神社の裏山にでも籠って、
呪怨の呪縛退散のために、特製安倍型藁人形に五寸釘でも打ち込むか。(゚皿゚メ)
いや、籾△型の方が打ち込みがいがあるかな。
などと、アホな事を考えるのでしたが。

いやいや、そんな時代遅れの迷信じみた対処法では、
この状況を打破し解決することはできないであろう。
やはり、科学的療法を施さねば、と思い直し、
かといって、病院には行きたくないので、インターネットを駆使し、
薬を飲まずとも、痛風もどきを治す記事を検索しまくりました。

色々な記事が出ております。
昨今の童子の環境に当てはまりそうな対処策を捜しますが、
概ね、同じような記事ばかりであります。

①アルコールを控える事。
 ・・・もう、2年半も飲んでねえやい。

②運動を定期的に行うこと。
 ・・・毎週、2時間は走ってるわい。

③体重を落とすこと。
 ・・・この1ヶ月で、3kgも落としたけど。

④プリン体を含む食品を避けること。
 ・・・円安物価上昇で、高価な食材など口にしてないって。

他には、というと・・・

・水分を1日に2リットル摂取する事とある。

あっ。これだ!(・∀・)

毎週2時間のジョギング後は、汗を掻いて2kg程ウエイトダウンする。
その減量が嬉しくて、せっかく落した重量を維持しようと、
できるだけの水分も炭水化物も控えていたのである。

ボクサーの減量に近い過酷な試練を科していたのでした。(゚∀゚)
断酒してからというもの、確かに水分の摂取量は減っている。
これが、やはり災いしたのであろうか。

酒なら、特にビールなら、何リットルでも飲めたものを、
水だけではそれほどは、飲めないものである。
(最も、ビールはプリン体が多いので、水分摂取よりも、
 害悪の方がはるかに上回るだろう。)


ちなみに、最高記録は、2時間飲み放題で、大ジョッキ12杯。
蒲田の二級レストラン風の店でしたが、連れの友人も11杯飲み、
最後には、店員に、「帰ってもらえませんかね。」、と懇願された記憶があります。


で、早速、昨日からは、毎日2リットルの水を取り始めました。

そうしたら、ものの見事に腫れは引いていったのです。
血液中の尿酸値を薄めて体外に排出する療法が効いたらしい。
やはり、そうかー。( ̄ー ̄)

しかし、水ぶとりは厭だなあと、折角のダイエット中の童子は躊躇するのです。
前回の記事で書いた、パンパンに膨らんだ土左衛門のイメージが過るのでありますが、
いくら水を過剰摂取しようが、水だけではカロリーはゼロなんだから大丈夫だろう、
と、自分を納得させる童子でありました。

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by popoca   2015年09月21日 11:04
いつも楽しく拝読しております。
断酒も2年半を迎えられ、意志の強さに感服です。
多くのアル症さんの励みになっていることでしょう。

痛風予防の飲水が良いとのことですが、水太りの原因になるのは、塩分過多の場合に中和しようと水分を溜め込むらしいです。モデルさんのダイエット本に書いてありました。なので、塩分控えめお水たっぷりが良いのでは?

知人にも痛風さんがいますが、酷い時は歩くのも辛いそうです。酒呑童子さんもお大事に。
2. Posted by 酒呑童子   2015年09月22日 20:03
popocaさん
こんばんわ。

モデルさんのダイエット本。
いい情報を、ありがとうございます。
やっぱり、水太りってあるんですね。

痛風そのものは痛いだけの話ですみますが、
それより、高尿酸値の影響が怖いのです。
高尿酸血症の死亡原因第1位は、
動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などの心血管疾患。
そろそろ、煙草も止め時かなあ。。。
3. Posted by 昼の月   2015年09月26日 08:23
童子さん、おはようございます!

童子さんのブログは、本当に実用的ですね。
そうなんだ。痛風には、イブA錠ですか?
身近に痛風の方がいたら、
是非、お知らせしたい役立つ情報ですね。メモしておこう(笑)
水の摂取も…。

しかし、ビール大ジョッキ12杯は、凄い!
もし、これが、水なら、すごい拷問かも…。
怖~い、クワバラクワバラです。

よい週末を、お過ごし下さいね。




4. Posted by 酒呑童子   2015年09月28日 20:18
昼の月さん
こんばんわ。

鎮痛剤の成分の種類も何通りかあり、
却って逆効果になる製品もあるらしいです。
イブと同じ成分を選ぶ事が肝要です。
念のため。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字