2015年08月22日

本日は、偶数月の土曜日。
アルコール専門クリニックの通院日であります。


前回の記事で、甘酒を不可抗力で頂いた罪の御裁きは、
諸兄諸姉からのコメント審判では概ねシロだろうかと、
勝手に解釈して、シロでなくても執行猶予付き位かな、なんて。(☆゚∀゚)


なので、もう少し(今月末)で、断酒2年半となります。
根が怠け者の童子が、その間、からくも続けられた事が、二つだけ。


一つは、このブログを、ほぼ週1回更新してまいりました。
それ以上でもなく、それ以下でもなく、週1回だけ。

そもそも、自助会へは、出席する気がしなくなったので、
『新しい方式のネット自助会』などと自分で命名し、
童子の毎週の義務的責務的な作業としてまいりました。
皆様のコメントと、アクセスに助けられて来た感があります。


もう一つは、本日のアルコール専門病院に通い続けた事。
これは、当初の2ヶ月くらいは、隔週でしたが、
現在は、2ヶ月に一回。

単に、ろくろく飲みもしない睡眠導入剤を処方してもらうだけなので、
ほんとは、3ヶ月か4ヶ月かに1回でも良いのだが。

睡眠導入剤は或る時からゼネリックに変えてもらったけれど、
今でも毎回60剤30日分というボリュームを支給される。

本来、この薬の処方は、1日1錠である。
1日2錠も飲むような睡眠導入剤ではない。

なのに、処方箋上は、あくまで30日分。
というか、薬事法で、医師はそれ以上の薬は出せないからだ。

2ヶ月に一度の通院なので、60錠。
ほとんど飲まないので、引き出しはストックであふれている。
まあ、420円なので、拒みも、減量の申し出もしてない。

そろそろヤフオクで売るか。ヤバイなら陶宝でもいいか。(^∀^)


話がそれてしまったが、以前のクリニックシリーズ
『メンタルクリニック』
『久し振りの精神科』
『 メンタルクリニックでの事件』
『二ヶ月ぶりのアル専クリニック』
でも書いているとおり、読み返してみてもお解りのとおり、
クリニックに行く物理的な生理面での必要性は全くなくなった。

ある意味、自助会の代わりみたいなものである、
自分がアルコール依存症であった
(過去形ではないな。)事を忘却させないための、
ミサみたいな物であると割り切っている。


本日は、電車を1本乗り過ごしたので、普通より20分遅めに到着。
広くもない待合室は診察を待つ人で満杯となっていた。
といっても、童子を含めて総員8名。

ただ、驚いた事に、女性が半数を占めていた。


1人目は、70歳とおぼしき老婆。(如何にもアル症風)
これは、昔からよくある古典的パターン。
連れ添った最愛の亭主に先立たれた孤独から、かな。

もう1人は、20代後半の細身で美貌のОL風。
こんな方が何故に、という感じであるが、恥ずかしそうにうつむき加減。
シャイな童子も連られて俯き加減・・・てな事はないか。(´・ω・`)

もう1名は、女子中学生と言ってもわからない童顔の田舎っぺ風。
付添い(後でわかった)の香取慎吾を凶悪犯にした面構えの
危なそうなヤンキーと、幼児言葉で、大声でダベっていた。

以前の童子なら、そして酒が抜け切れていなかったら、
間違いなく、「じゃかましいやい!(゚皿゚メ)」とかで、
病院の待合室で一悶着を起こして、また記事が書けたやも知れぬ。(≡ω≡.)

最後の一名は、高級住宅街に住んでいそうな、
そこはかとなく気品の漂う顔立ちの40代の主婦。(たぶん)
横には、如何にも気弱そうな旦那(たぶん)がうつむいていた。
お二人とも深刻そうな気配。御気の毒に・・・(人ごとではない。。。)

ああ、女性もアル症が多くなってるんだなあと、観察してると、
診察室のドアが開いて、
「酒呑童子さん(ホントは本名)。どうぞ。」

医師との問答は、もう何カ月もパターン化して変化がないので、
先生の診察時間を極小化して、時給を上げて差しあげようと、
椅子に座るやいなや、

「何も変わった事は、ありません。
 夜も良く眠れてます。
 飲酒欲求もほとんどありません。
 まったく順調です。
 今月で、断酒2年半となります。」

と、もう頭に刷り込まれたFQA集にもとづいて、
すべて前もって答えてしまいました。

「うーん。それでは、このまま、続けてみましょうか。
 次回は・・・・」

「ありがとうございます。失礼します。」
で、ものの1分強。
これで、¥1420円(3割負担)

いい患者ですね。

一体、いつまで、このいい加減な病院に通うべきかな。φ(.. )
などと考えつつ、帰りの電車を待つ童子でありました。


↓クリック頂ければ、続投の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りり   2015年08月24日 16:21
通院していることは、すごく、良いことですね

But,しかし、ホントのことを言ったら、どんなもんだったのでしょうか?
言わないほうが,いいのかもしれないのかなぁ?

執行猶予?、、、面白い、、、。
待合室の風景、、、目に浮かぶ。。文章が上手ですね。少しずつ読んでいます。

2. Posted by 酒呑童子   2015年08月25日 05:34
りりさん
おはようございます。
もう通院の必要がないのに、
しつこくやってくる奴だなあ、
って、医師も思ってる。
私が、まだ通ってるのは、
文中にも書いた通り。
依存症であった(ある)事を、
忘却させない為に、
他のing中の依存症者患者を窺える
専門病院に行って、リアルな感覚を
蘇らせている、って事ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字