2015年04月25日

という訳で、退院後ものの1時間で飲酒欲求がぶり返した童子でしたが、
流石に2ヶ月近くの入院期間での研修研鑽の賜物なのか、
一気飲みするにはまだ幾何かの呵責を覚えるのでありました。

トリスのポケット瓶を、なんとか1瓶に抑える事に成功し、
コーラなんかを、アルコール臭が目立たぬまで胃の中に注ぎ込み、
ゆっくりゆっくり時間を稼ぎ、自宅にたどり着くなり、
久し振りの家なのに、「ああ疲れた。」と自室に潜り込むのでした。(≡ω≡.)

土曜日曜と、自宅では家人の厳しい眼もあり、じっと我慢の子で過ごして、
全く気が進まないながらも、2ヶ月近く欠勤していた会社に、
なんとか意を決して、月曜日から出社する事となりました。

童子は人事部に赴き、新部署とは名ばかりの左遷部署に案内されます。
新部署には、童子の前部署で一番評価点数の低かった部下2名も
何故か童子と一緒に配属されておりました。φ(.. )

新部署は、本社社屋とは遠く離れた、町工場が集まった一角に建った
見るからに古ぼけた安アパートの一室でありました。
1DKの部屋に机が3つ。それだけの配膳であります。
附属している剥き出しの台所が、妙に違和感を感じさせます。

童子は入院していたので、部下2名は、2ヶ月足らずですが先輩となります。
しかし、彼らは全く仕事は無いようで、単行本を読み耽っているばかりです。
ああ、やっぱりそういう事か。と、童子は納得します。

童子は、そんな職場という名の幽閉場に、
毎日家人の作ってくれた弁当を持参して出勤することになります。
しかし、窓際をも通り越した、全く仕事はない職場です。( ・Д・)

定時ぴったりの出社、定時ぴったりの退社という生活で、
帰り道は日の明るいうちからトリスのポケット瓶に、
行ったその日から、たちまち嵌ってしまいました。

暫くして、小憎らしい顔立ちの人事部長に呼び出され、
正確な文言は忘れましたが、極めて巧妙な言い回しで、
「酒呑童子さん(本当は本名)。さぞや退屈でしょう。
 人事部は中途採用の関係で人材会社にも脈がある。
 才能を違う場で生かすのも一手ではないですか。」
と、体の良い退職勧告である。(゚皿゚メ)

どの道、当時の会社には居座るつもりは無かったので、
(というより、やはり、いたたまれなかった。(TДT))
願ったり叶ったりと、暖かい(?)進言を受入れて、
人材紹介会社に早速転職の案件を申込みます。

しかし、オイルショックの余韻が、まだ残っていたのか、
思うような求人は、なかなかありませんでした。

童子の前部署の下請の会社にも担当だった営業を通じて、
上層部へ入社面談の計らいをお願いしましたが、
酒の話が既に行き渡っているのか、良い返事は返ってはきません。

だんだん童子は、焦りと苛立ちが募るようになり、
日々の酒量も、じわじわじわじわと増えてまいります。
既に、入院前の50%程度までに、リカバリー完了状態でした。

しまいには、せっかくの面接に二日酔いの酒臭い息で出掛け、
先方の面接者が、途中で部屋の窓を開け放つ場面もあり、
「ああ~。終わったか。」と、うなだれて帰ったり。

折角、東京まで行って、1次面接は受かっていたのに、
最終の大阪での社長面接の2時間前に、まだ大丈夫だろうと、
新大阪駅のキオスクで氷結を煽り、面接に臨んだけれど、
5分もせぬうちに、その社長は席を立ちました。φ(.. )

(またまた、続くのです。はよお書け、なんて言わないで。。。)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ctxt0475ctxt0475 at 18:42│コメント(12)トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大阪市民   2015年04月25日 21:50
いつも、拝見しております。
東京での社長面接の二時間前に氷結を飲んでおられた箇所は目が点になりました。この時の童子さんは、何かアル中の縁者にとり憑かれれていたのかも知れませんね。私もお酒(ビール)を止めようと奮闘中です。
2. Posted by 酒呑童子   2015年04月26日 09:19
大阪市民さん
初めまして。
氷結には、お世話になって、裏切られましたんね。
無色透明で炭酸っぽいから、
酒の臭いはしないように錯覚するのですが、
アルコール含有量はビールより多いので、
やっぱり臭うのです。
しかし、氷結というより、前夜からの過飲
の結果が継続していると言うほうが正解かな。
断酒、頑張ってください。
3. Posted by an   2015年04月27日 04:01
童子さんは断酒2年を達成しておられますが
もうこのような強い飲酒欲求は起こらなくなりますか?
私はまだ、4ヶ月程の断酒なので現在は家族の目があるので
飲んでいませんが、もし家族が死ぬようなことがあれば
当日からでも飲酒を再開させるのではないかととても不安です。断酒2年達成された童子さんは私にとってまだまだ
遠い存在です。
4. Posted by 酒呑童子   2015年04月28日 22:25
anさん
こんばんは。
家族であろうが、妻子であろうが、
何よりも飲酒欲求が勝るのが、アル中であります。
私自身が、そうでありましたから、
よ~く解ります。
今の所、お陰様で飲酒欲求は治まっています。
断酒年数に比例して飲酒欲求の大きさと頻度は
次第に次第に低下していくようです。
しかし、15年、30年断酒してても、
何かの拍子に再飲酒して止まらず、
1週間程で亡くなった例も多いようで、
油断はできない病ですね。
5. Posted by でるでる   2015年05月01日 15:01
いつも拝見しております
アルコール依存の末は正に人生奈落の底。
結局出られず一週間昼は公園で泥酔ブラックアウトしておりました
7時起床し妻子の出勤まで繕い其れ以降泥酔ブラックアウト 身体疾患より如何にアルコール依存症が恐ろしいものか
どうすればいいのか 離婚した方が妻子は幸せか
どうしようもありません
死ぬ勇気もなく 負のスパイラルが2年経過しようとしています
明日受診しますがどうしようか
何も変わらぬ日常
すみませんいつも後ろ向きなテキトーなコメント。
断酒か死か なのでしょうか
6. Posted by 酒呑童子   2015年05月01日 15:32
でるでるさん
こんにちは。
私も長い間、強度の依存から抜け出せなかったので、
大変さ、良くわかります。
断酒しかない。と口先で言ったって、
ちょっとや、そっとでは、なかなか出来ないのが依存症です。
本当に止める気力が出ないうちは、
なかなか難しいのですね。この病は。
物理的に飲めない環境に、
身を置く以外にないと思いますよ。
人によって、状態によって、”環境”は様々と思うので、
じっくり考えて見て下さい。
7. Posted by でるでる   2015年05月01日 15:34
いつもお世話になっております
日本でいう最高学府は出られました
そんな事は糞です
メールする時点で駄目なのでしょう
どうにもこうにもいかなくなっています


死ねないのが残念です
妻 しゅ侍医に言うしかないのか
言えませんのですが
8. Posted by でる   2015年05月01日 15:41
すみません
今も公園でメールしておりましす
明日受診します
同じ事の繰り返しです
本当に苦しいです
飲兵衛なのに
どうしようもありません やはり入院加療でしょうか
9. Posted by でるでる   2015年05月01日 15:47
どうにもこうにもいかなくなっております
どうすれば

死にたいですが
不採用のメールは避けたいのです
10. Posted by でるでる   2015年05月01日 17:14
環境ですか

全てを捨てる訳ではないですが概ね全てを捨てなければ改善はないのですよね
すみません 理解は重々承知しておりました
不快なメール コメントは控えます
既に不快なメールではありますが
本当に苦しい病と思います
またメールさせていただくかもしれません その際はよろしくお願いします
11. Posted by でるでる   2015年05月01日 17:24
概ねではないですね
すみません
12. Posted by 酒呑童子   2015年05月01日 20:38
でるでるさん
こんばんわ。
死ぬなんて何時からでもできます。
その前に、まずは、入院加療でしょう。
家族と主治医に吐露する事をお奨めします。

コメントする

名前
 
  絵文字