2014年10月26日

数週間前に検体を提出しておいた、地方自治体のガン検査の一つ、
大腸ガンの検査結果が先週届きました。

何もないだろうと高を括っていたのですが、封筒を開けて見れば、
なんと、結果は陽性に丸印がついているではありませんか。(;´Д`)
提出した2本の検便のうち一方に
血便が確認されたので精密検査要です、という内容でした。

ありゃ~。ひっかかってもうた。(; ̄Д ̄)

早速、月曜日に仕事を早退して検診センターに赴きました。
内視鏡での精密検査が必要との事でしたので、
最短の日程で予約を取り、昨日、検査を受けてきたのです。

前日から、素うどんとか、お粥だけにしなさいとの指示でした。
野菜、肉などはご法度です。うどんにネギも入れるなという徹底ぶりです。

昔日のアル症隆盛な」時分でしたら、当然、前日も飲んだくれて、
ちょっとくらい大丈夫、大丈夫ってな事で、
結局、思うように検査できず、医師から大目玉を喰らってたでしょうが、
流石、断酒1年8ヵ月ともなれば、いたって真摯なものです。

うどんと五分粥と味噌少々だけをおかずに三食を済ませ、
早めに床に着き、当日の検査に備えました。

根が小心な童子は、多分持病の憩室の影響で血液反応が出たんだろう。
ガンではないよな。絶対に違うよな。と自分に言い聞かせますが、
やはり、検査が終わるまでは、心配で、もし○○だったら・・・
と色々なケースが頭を駆け巡ります。

やむを得ず、普段使わない眠剤を捜し出して、ようやく寝入りましたが、
今度は、前日夜から飲んでいた下剤のおかげで、
朝の3時位に便意と腹痛で目を覚まし、以降もトイレに入りびたりの状態で、
結局朝まで寝つけませんでした。

朝の9時に検査センターの受付に集合せよとの事でした。
家に居ても物も食えず仕方がないので、8時には1番乗りで受付に並びました。
暫くして、9時前になって、童子の後に、5名の受診者がいらっしゃいました。

待合室に案内され看護師さんから検査の説明があり、
早速、2リットルもの薬剤を2時間かけて飲まされます。

薬剤を1ℓ飲んだあたりから、足繁く用便に向かうことになります。
ほとんど透明の水が出てくるようになれば、大腸は綺麗に洗浄された事になり、
内視鏡検査準備完了となり、その結果で検査順番を決めるとの事でした。

よっしゃ。1番や。と、他の受診者の進行具合を横目に窺いながら、
絶対負けないピッチで、ダントツ1位で、ガブガブと薬剤を飲み終わりました。
ところがです。便意を催しつつトイレに通えど、一向に、排泄物の透明度が
あがらないのです。10回も行きましたが、結果はNG。

その内、出遅れてた他の受診者全員がOKをもらったのですが、
童子のは、いくら経っても透明度が出て来ないのです。
う~~ん。
ひょっとして、自覚はせぬが、童子は相当腹黒かった、という事なのでしょうか。(´・ω・`)

検査準備状態を判定する看護師さんの
「仕方ないですね。出だしは最高だったのに、残念ながら一番後になります。」
との言葉に、悠悠1番だと頑張っていたのに、
うさぎがカメに、しかも5匹も抜かれたようなショックで、へこんでおりました。

2時間近く待って、ようやく内視鏡検査室に連れていかれ、上下脱がされ、
売店で買わされていた紺色の安っぽい120円の検査パンツに着替えるよう
50代のおばちゃん看護師さんに事務的態度そのもので指示されます。

「穴の開いてるほうが、後ろですよ。」との言葉が妙に凌辱感を煽る。
普段は履き慣れない後ろに穴の開いたパンツを履いた途端、
なんとなく、人間としての尊厳が損なわれたような気分になりました。
どうぞ中へと、不気味さの漂う検査室の中に通され、いざ検査台の上に。

よっこらしょ、と、検査台に上がった時、担当医師が姿をあらわしました。
どきっ。な、な、なんと。Σ(=゚ω゚=;)
現われたのは、30代前半と思しき見目麗しき女医さんではありませんか。

うぶな童子は、一気に血圧が上がり、穴の開いたパンツを向けて、
おしりを突き出している格好に、えらく羞恥心を感じるのでした。(/▽*\)
言っておきますが、何処ぞやの経済産業相一家の処とは違って、
童子には、そういったジャンルの趣味はないのですね。

「ガスを腸内に充満させるので、おならをしてもいいですよ。」
と女医さんに優しく云われても、羞恥心に身悶えていた童子に、
更なる無粋な音色(ねいろ)を奏でるような勇気は露ほどもなく、
必死に腹痛をこらえ冷や汗を垂らして検査終了まで耐え忍びました。il||li _| ̄|○ il||l

最後に、問診室で、女医さんに、「ガンの所見はありませんでした。」と、
説明されて、「ありがとうございました。」と部屋を後にするのでしたが、
ヤッター!とは喜び難い、何か浮かぬ感情の残る童子でありました。( _ _ )..........o

いやはやなんとも情けない恰好でごわした。(T_T)
(今回の童子は幕末の士あたりに変身したようです。)
世が世なら、武士の魂を汚した自責の念で割腹していたやも知れぬ。
しかし、現代の世は、つらいもんでごわすのお。
さほどの羞恥を晒しても、生き続けねばなりませぬ。

病院の門を一歩出た時、再び屈辱感と凌辱感が込み上げてきました。
二年前の童子ならば、即刻、コンビニに飛び込みグッグッと呑ったものですが、
今は断酒の身、近くの二木のお菓子に飛び込み、普段高いので買いそびれていた、
大好物のマンゴーの干果をムシャムシャとヤケ喰いするのでありました。(´・ω・`)


↓どうか慰めにクリックいただければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by リョウタ   2014年10月28日 02:01
お腹のガンがなくてホッとしました。
2. Posted by あき   2014年10月28日 17:16
5 つい最近同じような体験しました、30代女です(笑)イケメン医師に内視鏡されてしまった(爆)
異常なしとのこと、よかったです(≧∇≦)
3. Posted by 酒呑童子   2014年10月28日 19:47
リョウタさん
ありがとうございます。
ただ、大腸には今の処なかった、
というだけで油断はできませんね。
断酒したでけではなく、
もっと自制しないと駄目ですね。
4. Posted by 酒呑童子   2014年10月28日 19:51
あきさん
こんばんは。
同じ体験者ですか。(笑)
この歳になっても、シャイなんですね。
次回の検査は、お尻周りに、お化粧でもして
行きましょうか。。。
(冗談です。)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字