2014年07月06日

ネットでアルコール関連情報を検索していて、標題の情報が目に留まった。
アルコール健康医学協会ってのがあるらしい。知らなかった~。φ(.. )

昭和55年7月厚生省(現厚生労働省)所管の社団法人として設立され、
平成6年9月に大蔵省(現財務省)との共管の法人となり、
公益法人制度改革に伴い、平成24年4月1日に内閣府所管の公益社団法人となった、とある。

して、その目的はと御拝見すれば、
『当協会は、国民の健康の保持とアルコール飲料による疾病の予防、
さらに、それらと調和した酒類産業の健全な発展に寄与することを目的として、設立された。』
と説明されている。

健康保持、疾病予防は、すっと飲み込めるものの、
続く、『調和した酒類産業の健全な発展』というフレーズに違和感を覚えた。

役員の名簿がPDFで掲載されてあったので、内容を確認すると・・・、
理事長:元厚生省××局長
副理事長:元大蔵省印刷局長(なんで酒と関係アルの?w(*゚o゚*)w)
常務理事以下、元国税庁関係者がぞろりぞろりのオンパレード。
(酒税で潤った輩がまだ、退職後も吸血するタイミングを窺ってるのかい?)
それらの方々が、各種酒造協会の理事役員に変身されているのだ。

一体、これはなんなのだ!ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
これでは、政府の天下りと、酒産業の寄り集まりの会合に過ぎないではないか。。。  
医療関係者は、申し訳け程度に末席に数名、名を連ねるのみ。
もうすでに、この協会が如何に胡散臭いものかが想像できるってもんだ。

そして、その十か条てえのは、
依存症者の諸兄・諸氏の皆さん。笑ってはいけませんよ。


1.談笑し 楽しく飲むのが基本です
2.食べながら 適量範囲でゆっくりと
3.強い酒 薄めて飲むのがオススメです
4.つくろうよ 週に二日は休肝日
5.やめようよ きりなく長い飲み続け
6.許さない 他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
7.アルコール 薬と一緒は危険です
8.飲まないで 妊娠中と授乳期は
9.飲酒後の運動・入浴 要注意
10.肝臓など 定期検査を忘れずに

健常者しか、対象になってない文面である。
依存症者になったらもう終わりという精神が読み取れる。

談笑し楽しく飲むだと。。。
笑わせるではないか。
こんなもんで、アルコール依存症への罹患が防げると言うのなら、
なんともお笑いの”医学”協会ではないか。

しかも、川柳ばりに韻を踏ませた、十か条、
暇を持て余した、天下り連中が創作したか、選別したとしか思えない超駄作。


今となっては懐かしい、かの蓮舫さん!
この団体の事業仕分けを忘れておられたようですな。

まったくもって、おかんむりの童子でありました。(#`皿´) 


↓ご同意いただけますなら、クリックをお願いいたしたく。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字