2013年09月05日

昨日、「手が震えているよ。」と同僚に言われて、ええっ?と驚いてしまいました。
うんな~、馬鹿な。と、わが手の平を広げて見れば、確かに中指が微かに震えているではないか。
この半年も断酒してきたのに、今頃になって離脱症状でもあるまいに。
両手を差し出してよく観察すると、不思議と震えているのは右手だけ。
以前の記事で書いた、自転車転倒事故で怪我をした方の腕である。

事故の後遺症で、神経が完全回復していないための残障害なのであろうか。
それとも、飲み過ぎの後遺症が未だに完治していないのであろうか?
今度、通院した際にでも先生に聞いてみようかな。精神科ではわからないだろうかな。
やっぱり、神経系統の医者かなあ。

まあ、今のところ生活には支障はないので、大丈夫かなあ。
でも、やはり少し不安気な童子であります。(´・ω・`)


ところで、手の震えといえば、飲酒時代には本当に酷かったものです。
年から年中飲んでいたが、数日きつい酒を飲んだ後は、
半日も酒が切れれば、手がぶるぶると震え出したものである。
意識すればする程、振戦が強まってくるのだ。

ある日の夕刻、会社で新規取引先と面談するスケジュールが入っていた。
数日深酒が続いていたので、これは名刺交換で手が震えるぞと予感した。
会議室のドアを開ければ、取引先は2名。一名は、よいお歳のおじさん。
もう一名は、まずい事に見目麗しき妙齢の女性。(緊張するかも)

上司と思われるおじさんには、手が震え出す前にさっと名刺を渡す。フー、成功。v( ̄∇ ̄)v
もう一人だ。失敗しないぞと、うっと気合を入れて名刺を差し出したが、
女性が差し出す時に、間が入った。その瞬間、不覚にも緊張感が走ってしまった。
案の定、途端にぶるぶると手が震えだし、相手の名刺を投げるように落としてしまった。(ノ◇≦。) !!

落した名刺を震える手でなんとか拾い上げたが、いかにもバツが悪い。
どうしたのかなあと言いたげに、不思議そうに首を傾げて、手をバタバタ大袈裟に振って見せたが、
アル症であることが多分見破られたかなあ、と内心赤面してしまった。
打ち合わせも、これ以上手が震えないことだけに気が散って、心もそぞろな状態で終わり、
取引先を送り出した後、自己嫌悪と恥ずかしさで気分が滅入ってしまった。

あ~あ~と、打ちひしがれた気分で、早々に退社し、
すかさず、気分直しに会社近くの裏通りの自動販売機まで走った。

ちくしょう。(なにが、ちくしょうなのか、理由も追及することもなく)
自動販売機に百円玉を入れようとするが、またまた手が震えて、
コインがうまく自販機のスリットに入れられず、コインをバラバラと路面に落とす。
落したコインを拾おうともせず、ブルブル震える手で次々とコインをスロットマシンみたいに入れ足す。

ようやく出てきた缶チューハイを掴むが、手が震えてまともに口まで持っていけない。
ぶるぶる持つ手から、酒がこぼれる。
やむなく、手は胸の位置のまま、口の方から缶を咥えるように、犬のような姿でやっと酒を吸い上げる。
瞬間、震えがスッと収まり、一気に空を仰ぎ流し込む。
たらたらと、胸元に酒が零れるのも全く厭う余裕もない。
ふ~。

落ちたコインを拾い集め、2本目を買う。
2本目を最後まで流し込んだ頃には、震えは完璧に止まっている。

ふと、視線を感じて脇を見れば、買い物籠をぶら下げたおばさんが立ち止まり、
半分怯えたような様子で、童子を不審そうに見ていた。
目が合うと、恐怖にも似た表情を浮かべ、逃げるように、おばさんは遠ざかって行った。

そういう事が人生数えられない程ありました。
そして、そういう事が、それほどは恰好が悪いとも思わなかった、
多少の羞恥を感じても、いつも酒で誤魔化していた自分を思い出しました。

けれども今、ようやく半年断酒できた今、つくづくと思い始めています。
「やっぱり、アル中はとてつもなく格好悪いなあ!」
と、しみじみと呟く童子でした。(*´ェ`*)

↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by DM_nobuaki   2013年09月06日 08:57
道徳や常識の問題だと思うのですが
アルコール系を歩きながら飲むのは異様に見え
お茶やコーヒーだったら普通に見える・・
高級な店でランチワインはお洒落に見えて
平日昼間に居酒屋で飲んでるとだらしなく見える・・
見る側の立場で変わるでしょうが
自分が喫煙者だった頃は
歩き煙草の何が問題か理解できず
食事に行っても喫煙席が無い事に苛立ち
外で吸おうとしたら、路上喫煙禁止地区・・
煙草を止めた今はどうかと言うと
「この世から煙草は無くなればいい」と思ってます。
童子さんと同じく、当時の自分は格好悪かったと思う以上に
他人にすごく迷惑かけていたんだな~と反省してます。
環境が変わり、現状から脱しないと
気付かない事もありますね。
2. Posted by 酒呑童子   2013年09月07日 11:23
DM_nobuakiさん
仰るとおりですね。
アルコール依存症者は、おおむね自己中心的です。
酒を飲むことが世の中の優先順位の頭抜けた1位であり、
他人のことなど2の次、3の次になってしまいます。
家族も、他人へも、思いやりという視点が全く欠損していたと思います。
そういう病気なのですね。
自分だけで閉じた病気でないところに、この病気の怖さがあります。
3. Posted by まー   2015年12月27日 12:30
かなり前の記事ですか、コメントしても宜しいでしょうか…まずは断酒継続、おめでとうございます。もし私がそのおばちゃんなら、声をかけていたでしょう。大丈夫?お酒飲まないではいられない?泣きながら話しかけたでしょう。なぜなら私も断酒中だからです。ひどく感傷的なコメントでごめんなさい。
4. Posted by 酒呑童子   2015年12月27日 15:09
まーさん

こんにちは。
いやあ。
過去の記事とはいえ、ほんの数年前までの事。
こちらも、感傷的になりましたね。
とんでもない状態だったのですね。
反省の日々です。。。

コメントする

名前
 
  絵文字