2013年07月31日

仕事の関係で海外へ出張する機会はそこそこ多かったのだが、
道中、同僚が伴う場合は、流石に酒は多少なりとも控えていた。
ただし、一人旅となれば、しかも到着当日の仕事がないとくれば、
自宅を出た直後から720mlの焼酎を入手していた。
はるかの中でちびちびと始まり、大体が搭乗時には須らく出来上がっている。

さらに、機内で浅ましくもタダ酒をオーダーし続けるので、一層酔いは進む。
気圧のせいか、更に回りが早くなるようだ。
概ね、現地に到着した頃には、完璧にベロンベロン状態で、
イミグレをどうくぐり抜けたかも覚えてない事も晩年(( ・Д・)?)は多くなった。

そういう状態でタクシーを捜すことになる。
現地の会社から出迎えの申し出があっても、初回以外は丁重に断っていた。
飲み過ぎの状態が会社に伝わるのを気遣っていたのだ。
それに、自らの行先を拙い数個の現地語で並び立てれば、おおよそ目的地には着く。
もしくは、住所を書いた紙きれを示せば事足りる。酒も入り、度胸も坐っている。


しかし、そうは行かない時が、時たまあるから大変だ。

一番やばかったのは、上海浦東空港の一件であった。
夕刻の到着で、タクシー乗り場がえらく混雑していて、
1時間以上は掛かりそうな気配の待ち行列であった。

タクシーを待つか、バスにするか、はたまたリニアにするか思案していた時、
人の良さそうなおっちゃんに声を掛けられた。
片言の日本語である。酔いが、危険度の認識を薄らいでくれる。
白タクであるのは解っていたが、すっかり、おっちゃんの風貌に安心してしまった。

タクシー乗り場から少し離れた駐車場に向かい車に乗る。
「ホンチャオルー・ホンメイルー・スーボーダージューデン(虹橋路・虹梅路・世博大酒店)」
と一つ覚えの行き先を告げる。

車が進んだところで、ターミナルの出口でなぜか、一旦停車した。
その時である。建物の物陰から一人の男が突然乗り込んで来た。
眼つきの鋭い見るからに胡散臭さそうな男である。

何かヤバそうな気配は感じたが、運転手の友人かなと勝手に解釈して、
酔っ払っているので、まあ多少の事は気にしない。
しばらくは何時もの見慣れたルートである。疲れと酔いでウトウトしてしまった。

しかし、暫くして目を覚ませば、車窓を流れる景色に見覚えがないではないか。
おかしいなあ。行き場所がわかってんのかな。

再び住所を確認する。「好的―」
しかし、景色は全く心当たりのない風景に変わっていく。どうも、やっぱり何かおかしい。
やっぱりヤバいんとちゃうか。('д` ;)
知人から聞いたことのある、白タクでの監禁強奪事件が脳裏によぎる。

身の危険を次第に感じ始めてくる。
小柄な二人だから、先手を取って暴れれば童子に歩があるかなあ。
でも、凶器でも持ってるとやばいなあ。などと考え始める。
やっぱり、タクシーを降りて、乗り換えるほうがいいな。

人気のある交差点に近づいたのを見計らって、
「ティンチョ(停車)」と下手な中国語で告げる。
運転手も助手席の男も、黙ったまま、車を止めようとはしない。
再度、止まるよういっても、何か言い訳して止まらない。

数回、同じ問答を繰り返したが拉致があかない。
ドアもロックされているようだ。これはおかしい。やはりイカン!。(*`Д')
遂に、車の中で運転席を蹴り上げた。まだ止まらない。
日本語で、ありたけの罵声を上げて怒鳴った。
同時に運転席に蹴りを入れ続けた。━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

あまりの暴れぶりに躊躇したのか、5分後くらいに、やっと、路肩で停車した。
運転手は訳のわからない言葉を捲し立てていたが、
百元札2枚叩きつけて、ドアを空けさせ外に逃れた。

幸い目的地までそう遠くはなかった。
今思えば、本当は、少し違う道を通っただけで、実は何でも無かったのかも知れない。
言葉が満足に通じないための誤解が招いた結果だけだったのかも知れない。
でも、運転手以外の男が同乗する事自体、やはり怪しい。

それ以降、いくら酔っ払っても二度と白タクは利用していない。
(タクシーだからといっても、油断はできないが。)
金で済むことなら何とかなるが、やっぱり命あっての物種である。

見知らぬ地での大酒は慎みましょう。(と、今だから偉そうに云える(・◇・)ゞ)



↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字