2013年07月16日

バイクでの事故は以前の記事に書いたが、今回は車での事故である。

流石にバイクでは、大酒を飲めば、ふらついて跨ることも危うくなり、
物理的に、泥酒運転は不可能に近いであろうが、
如何せん、車は座れるので、たちが悪い。(たちが悪いのは、道徳心のない童子なのだが(´・ω・`))

なので、ご多聞に漏れず、若い頃は飲酒運転を何回かやらかしていた。
悪いとは思っているものの、一寸くらいいいや。とか、
まだ酔っ払ってないぞ、という錯覚で、ハンドルを握ったものだ。

ひどい時は、オールドの720ml瓶を片手に運転していた事もある。
(これは今考えれば、もう何の言い訳も立たないレベルですねえ。(; ̄Д ̄))

しかし、こういう悪事はいつの日か、とんでもない大事故になるものだ。

今、心当たりのある御仁は、すぐに止めたまえ!
(と、偉そうに言えた柄ではないが、ほんと失敗するよ。。。)

童子も、車両の飲酒運転で2回事故ってしまったのだ。


一回目は、真冬の滋賀県。

京都の北大路の韓国料理店で、うら若き女性2人と飲食していた。
この時は、ビール位で、それほどは飲んでいない。
それでも童子は、たぶん大瓶2本位。と、焼酎少々?。

店を出ると、夜の帳に小雪がちらほら舞い始めていた。
一人が、「ロマンチックねぇ。ドライブしない。」と、宣ひやがった。
この2人とは、ややこしい関係にあり、あまり気乗りはしなかったが、
夜の琵琶湖を見に行こうという事になった。
(ややこしい関係は、このブログの趣旨ではないので割愛させていただきます。 m(__)m)

雪はちらちらで積もりもせず、路面には全く影響はなかった。(京都市街は。。。)

山科から大津に抜け、琵琶湖の西側に沿って車は北上していた。
知る人ぞ知る、あの雄琴温泉を過ぎて、多少雪の量が増えてきた。
その時、童子は、京都市内と琵琶湖沿いの地域の天候の違いに疎く、
途中から、実は道路が凍結していたのに全く気付いていなかったのだ。

突然、右脇の小道から、前方に白いサニーが割り込んで来た。
危ねえなあ。と、ブレーキを踏む。

とっ。えぇー! Σ(・ω・ノ)ノ 効かない!滑る!瞬間、背筋に寒気が走る。
前方の車の後部がみるみる近づいた。ぶつかる~!w(゚o゚)w

咄嗟に、ハンドルを右に切る。1車線の区域なので、反対車線に出た。
いや、いかん!前方からトラックが来る。正面衝突する~。

止む無く、また左に切り返す。哎呀~!
ドーーン!!!Σ( ̄ロ ̄|||)

見事に追突してしまった。サニーのトランクが半分に歪んだ。
童子の乗っていた、ホンダ1300クーペ(知ってるかな?)のノーズもへしゃげてしまった。
しかし、双方、人身事故は、なんとか免れた。

警察が来るまでには、雪はどんどん増え、景色は白一色になっていた。
後で思えば、雪と寒気(かんき)がアルコール臭を誤魔化してくれたようだ。

警察の事情聴取には、童子はあまり口を開かず、
連れの女性が二人がかりで、警察官に状況を喋ってくれたので、(色仕掛けではありません)
幸いにも、警察には、アルコールはバレなかったのである。(滋賀県警さん。ごめんなさい。 m(__)m)

ただ、スピード出し過ぎ、前方不注意などで、
童子の歩が悪く、数十万の処理費が掛かってしまった。
ま、この時は、この程度でよかった、よかった、のであるが。。。
悪事は必ず報いが巡って来るものです。。。
(次回に続きます。)

↓よろしければ、クリック頂ければ、嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村



ctxt0475ctxt0475 at 16:02│コメント(2)トラックバック(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by DM_nobuaki   2013年07月17日 18:21
童子さん初めまして・・
自分も持病の糖尿病の記録の為にブログをやっていて
その関係でここを見つけた次第です。
自分が糖尿病と診断され入院した時は「一生こんな食事か?」と絶望し、酒も半年飲めなかったです。
その後、自身でいろいろ調べて
腹一杯食べてもいいものや、飲んでもいい酒など知り
血糖値やカロリーを気にしながらも、何とか普通の生活が出来るまでになりました。
相変わらず目の状態は良くなく
失明や視力低下の危険はあるのですが
自業自得と考え、前向きに生きてます。
童子さんも、断酒頑張って下さい。
2. Posted by 酒呑童子   2013年07月18日 17:29
DM_nobuakiさん
こんにちは。
激励ありがとうございます。
糖尿病は大変ですね。
私も確実に肝硬変の道を歩んでいましたが、
今は、肝臓の数値は健常人に回復しています。
”前向き”に頑張りましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字