2013年05月30日

先日の新聞に、断酒補助剤なるものの記事が掲載されていた。

要点を引用すると、

 ・日本の製薬会社が、厚生労働省から製造・販売の承認を受け、
    国内初のアルコール依存症患者向け断酒補助剤の発売を開始した。
     (欧州で80年代から同種の薬品は販売されているが、国内は未承認だった。)

 
 ・新薬はアルコール依存症患者に見られる中枢神経系の興奮状態を抑制し、
    飲酒欲求を抑える働きがある。
     (臨床試験では、新薬を服用しない人と比べて、半年間で10%程度、
   断酒が続く人の割合が増えたという。)

 ・医師の診断を受けた患者がカウンセリングや
    自助グループへの参加などと併用することで断酒の継続を促す。

 ・アルコール依存症で医師の治療を受けている患者は国内で約4万人とされる。
    従来、体内のアルコール分解を抑制し、少量の酒でも悪酔いに似た症状を起こす薬が知られているが、
    治療効果は限定的だった。

ということらしい。

まだ、10%の程度の効果かあ~。淋しいなあ~。(ノД`)

今後の医学の発達に期待しよう。。。では、間に合わないし。

やっぱり、現段階では、断酒するという強固な意思を、なんとしてでも持続させなければ、
生き残る術はない。という事だなあ。


それよりも、この記事を読んでいて、日本の医学の業界やお上は、
アルコール依存症という病気に対しては、すこぶる疎い様子が感じられ、
アルコールの害悪の知見には程遠いのではなかろうか。
と思ったりもしてくる。

まあ、飲んで病気になる方が悪いと云われれば、その通りだが、
それでは、済まんでしょう。(#`皿´) あんた!

煙草では、taspoという煩わしいものを導入してくれましたが、
どの程度の社会的効果があったのか甚だ疑問である。
自動販売機関連企業などが一時的に潤った程度ではなかろうか。

そもそも、酒で身上潰した人は数限りなくいらっしゃると思うが、
煙草の吸い過ぎで、会社を首になったり、家族と離反したり、
事件を起こして逮捕されたなどということが、人類の歴史上一度でもあったであろうか。

などと、論法がすこしオカシイとは思いつつも、
ブツブツと、本日は、幾分ご機嫌ななめの童子でした。(≡ω≡.)


↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by LUCY   2013年06月02日 12:31
タスポは本当にややこしいです。
ある年に日本へ帰った際に、コンビニのお兄ちゃんにあれは何かと聞いて恥ずかしい思いをしました。結局、コンビニの中で買えてしまうから同じだと思うのですけどね。

抗酒剤は私も疑問です。
ガブ飲みしていたころに、医者からCAMPRALという薬を処方されたことがありますう。服用し続けると飲酒要求はなくなるそうですが、やっぱり薬便りにはできないのが依存症ではないでしょうか・・泣。

今日も1日、エイエイオーです^0^
2. Posted by 酒呑童子   2013年06月02日 19:57
LUCYさん
最終的には、薬なしで更生しないと、
本当に依存症から卒業したことには
ならないと思います。
過渡期を乗り切るには効果あるかも。
とにかく、乗り切ります。
現在のUSAでの煙草、酒の規制は
どうなってるのでしょうか?
3. Posted by Lucy   2013年06月03日 13:20
カリフォルニアは室内は完全禁煙で、喫煙エリアも殆どないです。私は最近、Eシガレットに変えましたが、普通のタバコを吸っていたころは「私は落ちこぼれです」と言っているような気分になるほど片身の狭くなる状態でした。恐らくお酒を断ったことによって依存性のあるものに自分自身が抵抗があるからかもですが。童子さんは喫煙者ですか?

アルコールは個人が問題を意識しない限り、日本と同じで寛容な国だと思います。

来週日本です。

長時間の飛行機は飲んでいたころをよく思い出す一場面です。私は専ら映画を見続けます。長時間の移動中はお酒のない今、何をしますか?
4. Posted by 酒呑童子   2013年06月04日 05:31
Lucyさん
久々?の日本ですか。

日本でも、煙草が吸える場所は、
どんどん狭まってきていますが、
残念ながら、未だに喫煙は続いております。
これも、近いうちに止めるでしょう。

最近、移動中はPCと本2冊を必ず持っていくので、
結構それで時間は潰せますね。
(以前は、飛行機でも新幹線でも、
飲んでない事はありえなかったのですが)

コメントする

名前
 
  絵文字