2013年04月04日

このブログのタイトルは、「一人ぽっちの○○」。
サブタイトルにあるように、「断酒会やAAなど自助会」には行かずとも、
アルコール依存症からの回復を目論んでいるのが、このブログを書き始めた理由である。

アルコール専門の病院に行けば、医療関係者は、必ず口を揃えて、3つの大原則を宣ふ。

①専門の医療機関へ通うこと
②抗酒剤の服用
③自助会へ繋がること

多くの、ものの本を拝読しても、大方がコピペしたように、同じ文言が並んでいる。

今は、隔週で専門医院に通っている。
理由は、医師の話を聞く事でもなく、相談する事でもない。
長い間、この業界(syousukeさんの商標権に抵触するかも)に居ると、
もう、何を話しても、何を聞いても、新鮮味もなく、
末期のガン患者同様、安楽死しか残っていないような気分にすらなる。

唯一、病院に行っているのは、抗酒剤をもらうためだけの目的である。
ただ、抗取剤も毎日飲んでいるわけでもない。
不安定な環境の中に身を置かざるを得ない状況が予測される場合、
今は、事前の保険として服用しているだけだ。
2週間分もらっても、飲むのは2-3服である。
ずーっと、2週間ごとに病院に行くのも億劫なので、着々と貯薬(?)しているのだ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

自助会は、13年前から間欠的に、断酒のきっかけの都度通ったが、
なんとなく肌に馴染まず、長続きしていない。
なかなか、知らない人と打ち解けない自分の性格のせいか、
これといった知り合いにも、AAでいうところのスポンサーにも巡り合えず、
次第の足が遠のいてしまうのである。
(最初は、スポンサーの意味がわからず、お金をくれる人がいるのかと、糠喜びしたが。。。)


また、会によっては、主のようなおばさん(((( ;゚д゚)))が顔を利かせている所もあり、
蟲図が走って行かなくなったこともある。

仕事を持っている以上、昼間から巡り歩く事も不可能で、
どうしても地域が限定して、数か所の選択肢しかなくなる。
断酒・失敗を繰り返していると、段々と行きづらくもなってくるのだ。

また、全員が喋るという会運営も、人前で話すのが苦手でシャイな男(*゚▽゚*)には馴染まず、
却ってストレスにもなってくる事も多い。
例会出席の前に精神安定剤を飲むために、
医者に処方してもらうようでは、本末転倒でもある。(T_T)

インターネットが発達してきた現世では、
自助会的なやりかたも,次第に変わってこようというものだ。
今回も断酒を決意したとき、自助会にはまったく行く気はしなかった。
なにか、モチベーションを継続できる方法を模索していたときに、ぶろぐ村に遭遇した。
境遇の似通った人のブログを読み、これだ!と思い書き始めた。

ある意味で、バーチャルなネット自助会。
自分にフィットする記事を選んで読めばよい。
吐露したくなったときに、書けばよい。
時折、コメントでの暖かい励ましもある。
ネットの時代、こういう自助のやり方も一つの依存症処方になるのではと思う。


クリックをよろしく!

にほんブログ村

にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 棚の上   2013年04月04日 16:17
強く深く共感と同意をさせてください。
私は、現実の(リアルの)自助会というものを体験したことがないので、そのことについて語る資格はないと思っていました。
だから体験してきた方からのこうしたご意見を伺えたことで、自分のモヤッとした考えに大きな力をいただいたように感じています。
実は、いまさっきまで、AAのことを書いたブログを読んでいました。その教義?である『アルコホーリクス・アノニマス』からの抜粋がたくさん紹介されていましたが、すべてがなるほどなあと感心・納得させられるものでした。おそらく断酒会のものもそうだと思います。
でも、たぶん私はそういう場所に馴染めない人間だと直感的に思い込んでいますから、そこに助力を求めに行くことはないと思っています。
この考え方は、あるいは間違いなのかもしれませんが、私はそれでもいいと思っています。
勝手な思いを述べてしまいました。失礼な勘違いになってなければよいのですが。
2. Posted by 酒呑童子   2013年04月04日 21:58
共感いただき有難うございます。
勘違いなどでは御座いません。
確かに、自助会で救われた人たちは、大勢いらっしゃるようです。
ただ、万人に効果のあるものでもないと思っています。
この件については、巷でも賛否があるでしょうが、
ただ、自分には馴染まないというだけのことです。
心がけが悪いという輩もいらっしゃるかも知れませんが、
馴染まないものは馴染まない。嫌なものは嫌なんですね。
アルコール依存症は画一的な病ではなく、それが故に、
治療法も多様性を持ち、一筋縄ではいかないと思っています。
医師の多くは、アルコール依存症治癒の研究の怠慢さを、自助会に投げているだけ、といったら猛非難を受けるかな。
言い過ぎました。


3. Posted by まいこ   2015年08月25日 22:53
5 はじめまして。まいこと申します。今、アルコール依存症業界の精神科医の意見も分かれていて、断酒会(自助グループ)否定派の医師もいらっしゃいますよ~。自分に合う方針の医師にかかられるのが一番だと思います。突然、失礼しました<(_ _)>
4. Posted by 酒呑童子   2015年08月26日 21:34
まいこさん
初めまして。
確かに。
そういえば、以前通院した数カ所の病院では、
必ず自助会と言われてたのに、
今通ってるクリニックの医師二名からは、
自助会の自の字も聞いた記憶がありません。
だから、続いてるんですね。改めて納得。

コメントする

名前
 
  絵文字