2013年03月31日

十三年前の夏。小雨が舞う夕暮れ時。
自転車で麓での買出しを終え、帰途を急ぐ男。買い物籠には、いいちこの900ml瓶。
かなり飲(はい)っている様子。おそらく朝から飲(や)っている。

不用意に舗道にはみ出した工事用鉄板を避けようともせず、
濡れた鉄板の上を直進しようとしたとき、大きく捩れながらスリップした。
肩から鉄板に落ちる格好で、電動アシスト車の重量が圧し掛かった。

転倒した後、肩が痛んで力が入らず立ち上がれない。
それよりも、いいちこの瓶が割れてないかが心配だった。ラッキー!ヾ(=^▽^=)ノ
通りすがりの人が自宅に電話してくれて、家族の支えで帰宅する。
利き腕に力が入らないが、一日すれば治るだろうと、
いいちこを煽り寝てしまった。

次の朝、激痛で目覚めたが、やはり腕が動かず起き上がれない。(´;ω;`)
ようやく尋常ではないことに気づき、止む無く救急車を要請。
外科で、上腕脱臼骨折で神経損傷と診断されて、夕方には緊急手術。

大酒のみは麻酔が効きにくい、と言っていた大酒飲みの親父の言葉を思い出し、
その親父をも上回る大酒飲みに成長した、その息子は、たいそう心配だったが、
手術室は、軽いBGMも流れており、リラックスムードの中、全身麻酔でたちまち昏睡。

麻酔のせいか、やけに鮮明な夢を見た。
誰一人居ない延々と続く広野に、色とりどりの花が咲き乱れている。
不思議な幸福感に満ちて、誰かに呼び寄せられるように進んで行った。
まだ幽体離脱はしていなかったようだが、今思えば、
息子の依存症を一番気に病んでいた母の声だったのかな。

しかし、麻酔で弱った脳でも、三途の川はまだ早い、
と察知したのか、突然、夢のシーンが切り替わる。
おそらく香港の百万ドルの夜景である。夢の中では、一億ドルくらいの煌びやかさだ。
素晴らしい夜景の見える高層ビルの高級バーで飲んでいた。
テーブルには、数人のこれまた高級ガールに囲まれて。
(そんなセレブな生活は経験したことないけど)

とびっきり優雅でセレブな気分に浸ってると、
「酒呑童子(ほんとは本名)さん。目覚めましたかあ。」
と揺り起こされた。
覚醒しきってない半目のまなこに、上から覗き込んでいる数人の白いドレスの女が映った。
「ここは香港ですか」と尋ねた。
次に医師が覗きこんできた。ようやく状況把握ができた。
「いやー、香港のバーにいるのかと思いましたあ~」と照れ臭さ笑いに、

その若い医師は、いかにも呆れたという表情を浮かべ、
「あほか!」(#`皿´) ムキーーーー!

(続く)



クリックをよろしく!
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字