2021年08月

2021年08月31日


実は、童子は二十歳代前半は、かなりの小説通であったのだ。
今と違って娯楽の種類も乏しく、インターネットもなかった時代。
小説は、一人で楽しめる金のかからない暇潰しの一つだった。

時間があれば、近くの映画館にも良く通ったものだ。
フーテンの寅さんなんかを見に、京都は洛北の一乗寺か高野あたりにあった京一会館とか、貧乏学生相手の映画館のお世話になったものである。
(祇園会館だったかも、もう無くなってるだろうなあ。φ(.. ))

また、余暇で初めた麻雀にのめりこみ、少ない稼ぎながら、学生時代の1年間麻雀の稼ぎで生活してた事もある。
阿佐田哲也や小島武夫に憧れて、暇なときは下宿のこたつ台の上に雀牌をぶちまけて、積み込みと盲牌の練習をしていたものだ。

勿論、雀プロまでは行かなかったので、せいぜい学生相手に、巻き上げているレベルなので大枚には至らないが、それでも当時で月数万円の稼ぎはあったので、食ってはいけていた。

ただ、なかなか勝ち逃げは出来なくて、場が終わらずに、雀荘から出れなくなって、貴重なものを失ったり、人生を棒に振った事も何度か。。。(T_T)

思い出せば、学生時代は様々なアルバイトをやったものだ。           
コンサート会場の設営、建設現場の危険な作業。
京都らしい宮大工のお手伝い。これはきつかった。
ヤマザキパンの深夜作業。夜食のパンは食い放題。(そんなに食えるかい!)
などなど。

しかし、単価が良いのは、やはり家庭教師。肉体労働の3倍はあったような。
一度は、阪急沿線のとある駅前歯科病院の息子を教えていたが、これは実入りが良かった。
京都洛南中学の劣等生。

できがわるかったが、必死に教えれば、それでもたまに小テストで満点を取る。
そうすると、美人の30代後半の奥さんが満面の笑みを浮かべて、帰り際に、そっとのし袋の金一封(万札)を渡されたものだ。

また、週2回の授業だが、食事付きだったのである。
授業前15分早く歯科病院に伺って、病院脇の自宅勝手口から入るのだが、その美人の奥さんが、居間で手料理を準備して待っていてくれているのだ。

なにか、AVのシーンの妄想が。。。(; ̄Д ̄)
おっといけない。
しかし、これも、麻雀のお蔭で、勝ち逃げできない修羅場に陥っては何度ものドタキャンが祟って、1年でクビになった。(TДT)

悪い事は続く。その年の大学の期末試験の日。
学校に早く着いて、試験開始には大分時間があったため、学校近くの雀荘で1局構えたのであるが、童子が勝ちすぎて、勝ち逃げ出来なくなってしまったのだ。

結局試験を受けられなくて単位が足らず、その年は留年することになったのである。
麻雀で1年食ったおかげで、1年留年。
いっそのこと、麻雀プロになろうと思ったが、やはり止めて良かった。


ちょっと脱線した。小説の話であった。

留年に懲りて、麻雀セミプロ生活も1年で卒業はしたのだが、こんどは、太宰や無頼派なんかに影響されて、同人雑誌を刊行して主幹となった。
無頼派を気取って昼間から酒を飲むようになり、アホさ加減が祟ってアル中になったのかも。

今度は、同人雑誌にのめりこみ、季刊4部で廃刊。また1年留年。
なんとか6年かかって学部を卒業し、社会に出たものの、小説を読む余裕はなくなってしまったが、酒を呑む余裕は無くなるどころか。。。

そして数十年の幾星霜を経て、今やインターネットの時代。
YOUTUBEや無料動画なんかで、いくらでも時間が潰せる。

電車の中を見渡せば、向かい側の座席の9割方は(時には10割)スマホしか眼中になく一様に首を垂れた不気味な光景。
日経新聞を読んでいるサラリーマンもほとんど見かけなくなった。
ましてや、小説本読んでる人も滅多に見受けない。
メディアが変わったのである。

という童子も、同じ穴のムジナ。
スマホとタブレットとPCが人生の友人みたいな生活。
つまらない番組しかないテレビもほとんど見なくなった。

たまに本を読むとて、『10万円の元手で1億円・・』とか、『秒速で云億円稼ぐ・・』だとかのエセ財テク本とか、まあ、およそ、そういう役に立たない本ばかりであったのだが・・・

と、先月何を思ったのか、在住市の中央図書館に行った折に、ふと手にした1冊。
知りもしなかった小説家。◯田△樹。
名前も聞いたこともなかった。
おまけに、酷い長編である。

何十年振りかに読む長編小説。1冊450頁以上ある。これが上下刊。
アル中では読破する事は、なしえない芸当である。
集中力が続かない。
アル中真っ盛り時代は、活字を読もうとする気力や集中力すら薄らいでいたと思う。

断酒8年目で、ようやく長編が読める忍耐力が復元されたようだ。
なんとか、長編の活字でも拾える余裕が生まれたようだ。

そして、それだけではなかった。
積年のアルコールで空白に近く抹消されたと思っていた数十年の人生の記憶が、小説の中の人物像や風景光景、時代考証などに刺激されて次から次に蘇って来るのだ。

大志。青春。恋。挫折。後悔の念。懺悔の念。。。。。
様々な玉石混交な感覚が混ざりあって、妙に脳が活性化されて来るのだ。

物語のストーリーの面白さも勿論であるが、場面場面のシーンを脳裏で映像化し感情移入しているうちに、自己の過去現在の状況とオーバーラップしてきて、小説自体を楽しむのではなく、ある意味、自分を見つめ直す作業に陥ったようだ。

この奇妙な感覚を維持したくなって、毎週図書館に通い詰めた。
この2週間ばかりで長編8冊。
勿論、小説三昧だけでなく、仕事もしている。
えらい速さで速読できるようになったのだ。

こういう小説読書の効能があったのかと、初めて思い知らされた。
20代とは、同じ物語でも、その捉え方が変わっていたのだろう。
数十年間の”失われた大陸(?)をとりもどせ!”みたいな感覚。

いやこれで終わってはあかん。
死ぬまでの残された人生。
もうひと花咲かせるぞと、
今回は花咲かじいさんになった童子は密かに呟くのでありました。φ(.. )

↓クリックいただけば、貴方にも花を咲かせませう。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ctxt0475ctxt0475 at 21:23│コメント(4)