2021年04月

2021年04月30日

このブログでは、あまり童子の身内に触れた内容は少ないように思う。
ブログ開始時に父親母親の晩年については若干記してはいるが、
それ以降は、特に近年は殆どないのではなかろうか。

十八歳で田舎を離れ、それ以後、他の街での生活が長かったため、
身内と共に生活したという記憶が、そう多くないせいなのか、
それとも、親不孝者で御先祖様に顔向け出来ないからかは、定かではない。

今や、童子の実父母系の身内で付き合いのある者は、田舎に暮らす妹夫婦くらいになっているのだ。
それとて親の何回忌の数年に1回、実家に戻る程度で、田舎の親戚とも疎遠となっている。
段々と日本の田舎が過疎化し老朽化するとともに、童子の心からも朽ち果てて行っているようだ。


今や月一回の更新となり下がってしまった当ブログの原稿締め切り日(本日)には、
普段の生活で酒を意識する事はほとんどなくなってはいるものの、
一人自助会の自省のために、酒に関する過去の記憶の断片をたどり寄せる。
と、ふと、父方の祖父の記憶が蘇った。

大分以前にブログで少しは触れていたかもしれぬが、
祖父は非の打ち所がない完璧なアル中として己の生涯を閉じた。

晩年の祖父は離れの部屋で酔い潰れていたので、その頃の童子との接触はほとんどない。
否、接触しないようにしていたと云う方が正しいだろう。
それでも、晩年以前の薄っすらとセピア色化した数枚の画像は脳裏にまだ残っている。

実家は農家ではなかったが、裏庭には季節毎に祖父母が野菜を植えて収穫していた。
スイカ、柿、柑橘類、桃、ぶどうなどの果樹も育てていた。
放し飼いの鶏も。兎も飼っていた。捌いていたのは祖父だったようだ。

また、童子が幼少(多分小学校前)の一時期ではあるが、
そう大きくもない納屋に馬が居たのを薄っすらと覚えている。
農耕馬だったのかどうか不明だが、路上を馬に跨がり闊歩してたのは祖父だったように思う。

また、裏山で蝮を捕まえ、一升瓶にいれて納屋に保管してたのも祖父の仕業だった。
その後、蝮がどういう運命をたどったのかは定かでない。
おそらくは、焼酎を注いでマムシ酒にして、誰かにあげたのであろうか。
(家の者は、皆嫌がっていたから。)

小学生の悪ガキだった童子だけは、こっそりと納屋に入り、
一升瓶の隙間からエアーサロンパスを噴霧し、蝮の労をねぎらってやっていた。
蝮は、激しく身をくねらせて童子に感謝を表していたものだ。(・∀・)

また、ある時は、大酒飲みで遊び人だった親父が何処かでやらかした不始末のせいで、
ヤクザ(いうよりチンピラかも)が、童子の家に因縁を付けに訪れた事がある。

親父は身の危険を察知したのか、ずらかってたようだ。(童子同様、逃げ足は早かったのかな)
ヤクザは、親父の弁償金を、居合わせて母にたかっていたようで、母は応対に弱っていた。
そこに、祖父が、なんと褌一丁で現れ、ヤクザを一喝して帰らせた記憶が残っている。
まだ、素面で活動的な祖父の一面があった。

それが、多分、童子が小学校の時に祖母が亡くなってから酒浸りになったように思う。
毎日昼間から呑んだくれているようになった。
いつも、眼が充血して腫れ上がり、饐えた酒の臭いがしていた。

中学生の童子が友人と下校時に、路端で酔い潰れて倒れている祖父を見つけた時、
とてもじゃないが身内だと言える訳はなく、他人のフリをして置き去りにして帰った。
そういう事が頻発してたから、父親と祖父の関係も悪くなり、
食事も母が祖父の離れの部屋まで運び、祖父と夕餉の食台を囲むこともなくなった。

童子が高校になると、遂に祖父は酒が祟り、入院となった。
しかし、数日後の夕方、近所の人が回覧板か何か持って来た時に、
「〇〇(祖父の名)さん。△△町(田舎唯一の繁華街。といっても十数軒の飲み屋)で機嫌よかったけど。」
すぐに、親父が迎えに行って、病院に連れ戻すこととなったのは、言うまでもない。

何度も何度も似たような事を繰り返す祖父とは、話すこともなくなっていったのだ。
高校卒業後、田舎を離れてからの記憶は、ひとつだけ。
一度帰省した際に、たまたま良い潰れてない状態の祖父に、何を思ったのか吸いかけのハイライト一箱を渡した。
その時の祖父の、驚きが交じった少し嬉しそうな表情が、最期の祖父の記憶である。

翌年か翌々年、祖父が肝臓病か何かで再入院して、また病院を抜け出して倒れ還らぬ人となったが、
忌み嫌っていたアル中という病気で逝った祖父の葬儀に帰省する気も起こらなかった。

しかし、そのアル中に童子自身が変貌を遂げるに、そう多くの歳月は必要なかったのた。

親父は大酒飲みだったが、不思議と依存症にはならなかった。
祖父と童子の間の隔世遺伝だったのであろうか。
依存症になった御蔭か、今頃になって祖父の淋しさが少しは解るようになった。φ(.. )

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ctxt0475ctxt0475 at 08:06│コメント(6)