2019年09月

2019年09月25日

(前回からの続き)


サイトがサイトだけに、誰にも相談できる者もいなかった。

会社では勿論のこと、仕事で偉そうな事を言ってる手前、

一部の勢力からは、冷たい風当たりが予想される。φ(.. )


特に、部下の若い女子社員にでも知れたものなら、

全社OLネットワークであっという間に拡散され、

エレベータに乗る事さえままなくなるであろう。(T_T)


といっても、家族にも話すわけにもいかない。

それでなくとも、泥酔の挙げ句の不祥事だらけで、

当時の配偶者には、もはや愛想を尽かされていた。


そんなところに、アダルトサイトで30万円ときたら、

間違いなく離婚騒動一直線である。

(まあ、この件がなくても数年後は同じ結末になるのだが。。。(´・ω・`))


思い悩む若くもないウェルテルこと(何のこっちゃ)童子は、

とにかく都合の良くない事は忘れようと(これ幸いに?)

次第次第に酒量が増えていくのであった。


当時は、yahoo知恵袋的なサイトはあまりなかったように思う。
いや、アルコールへの逃避グセが付いてしまって、

そういう機転が回らなかったのかもしれない。


なんとか企画からは、督促メールが畳み込むように入るが、

しかし、やはり、支払う訳にはいかなかった。

というより、2-3万円ならともかく、

大枚を工面する事は当時の童子には出来なかった。

(今も同じだが。。。勿論今は、ビタ一文も払わない。)


数日後、二日酔いの頭をかかえて、会社で退社を待っていると、
前回と同じくらいの時間帯に、同じ電話番号で入電が。

「△△企画と申しますが、酒呑童子さんでしょうか。
 この間お願いした件ですが、
 未だ入金の確認ができてないのですが。」

毎日毎日酔っぱらっては考え準備してた文言を伝える。

「使用の記憶はないので、お支払いできません。」

と返答するしか手立てはなかったのだ。


とたんに、相手の口調がサラリーマンと別世界のものに変わった。

「そうだと、こちらは法律事務所を介して処理することになりますよ。
 裁判沙汰はお困りになるんじゃないですか。

 それとも、会社の方へ伺いましょうか。」


「いや、それは・・・・」


もうまともに話すことはできなくなって電話を切ってしまった。

すぐさま立て続けに数回かかってきたが、電源を落とした。



その後も、何回かは多分電話番号を変えて不審な入電があったが、

一切かかわらないように携帯電話から遠ざかったのだ。


よほど、電話番号を変えようかとも考えた。

いや相手は名前もわかってるしな。

どこまで、個人情報を掴んでるんだろうか。


小心者の童子は寝つけぬ夜が続き、

それで、毎晩、不安を薄めるかの如く

さらにさらに酔いつぶれて行くのであった。(ノД`)


しかし、1週間2週間電話に出ない作戦が功を奏したのか、

ある時からは、電話もメールもなくなり、そのうちに今まで、
前々回の記事を書くまで自然と忘却してしまっていたのだ。


それ以降、現在まで怪しいサイトには一切近づかない。

童子危うきに近寄らず。(君子とは言えない。。。)

この手の電話。絶対に相手と同じ土俵に載らないことですよ。(・◇・)ゞ


↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村