2018年12月

2018年12月27日

一二ケ月前に、JALの副操縦士が、基準を超えるアルコール検知により、
英国のヒースロー空港で当局により逮捕された云々の記事を読んでいて、
日の丸親方のJALも結構管理がズサンなんだなあ、とか思っていた矢先。

今度は、な、な、な、なんと、CA(キャビンアテンダント)が、w(゚o゚)w
つまり、我々昔の世代の憧れの存在であった”スチュワーデス”ですね。
その”スチュワーデス”が、今度は、乗務中の機内で飲酒と来た。

いやはや、流石の酒呑童子も、これには驚きました。(=゚ω゚)
花の職業と言われた”スチュワーデス”も地に墜ちたのか。

なんて、童子ごときが、いくら断酒5年目だからといって、
偉そうに他人の飲酒云々を言える資格はないのだけれど、
それにしても”スチュワーデス”のイメージダウンですね。

もっとも、報道によれば、年齢は46歳との事なので、
まあ、どの職場にも居る大局のような存在なんでしょうが、
齢の移ろいとともに、アルコールに蝕まれたのでしょうか。
それにしても、空を飛ぶ勤務中に飲酒とはいただけない。

かく云う童子も、何度かブログ記事にも書いているが、
こちらは勤務中ではなく乗客の立場であるにしても、
飛行機に乗るとなれば、必ず空港に着く前から出来上がっていた。

情けない事だが、離陸が怖いことが要因でもあるけれど。。。(´・ω・`)
搭乗前のラウンジでも機内でも、泥酔乱舞の限りを尽くし、
空港関係者や乗務員や他のお客様に迷惑を掛けた輩である。

一度は、シンガポール行きのガラガラ空席のあるJALで、
大酒飲みの同僚4人と宴会になり、アルコールを注文し倒して、
機内のワイン在庫を空にしてしまった事もあります。

さらには、酔った勢いで、(で許されるものではないが)
なにやかやと搭載されている備品を持ち出した事も。

座席下の救命具を失敬してホテルに持ち帰り、
飲みながら、どんな具合の物なのか試着してみたら、
装着方法がまずかったのか、首が締まって抜けなくなり、
たまたま掃除に来たメイドさんに助けてもらって、
なんとも恥ずかしい思いをしたこともある。(≡ω≡.)

なんやかやと、ちょっと本題から逸れてしまったけれど、
飛行機と飲酒に纏わる四方山話は山ほどあるので、
また記事を変えて書くとして、話を元に戻すけれど、
いやはや、”スチュワーデス”が勤務中飲酒とは驚いてしまうのである。

しかも、この”スチュワーデス”さんは、以前のフライトでも、
同僚からアルコールくさいと言われていたらしいから、
実際のところ、一度や二度の件ではないのでしょう。

また、アルコール臭がするだけではなく、
身の振る舞いもおかしかったという事なので、
機内で見つかったお客用の170ml程度の
シャンパンだけでは済んでないだろう。

こうなれば、間違いなくアルコール依存症。
けだし、我らの同類である。
早く、その事に気づくべきでしたね。

童子みたいな地上勤務で、半分うつらうつら寝ていても
なんとか勤まっていた(本人だけの認識)仕事と違って、
客の命を預るような仕事だけに、御気の毒ですが、
一発でアウトになるかもしれません。

まあ、パイロットだってキャビンアテンダントだって人の子だから、
アルコール依存症にならない人格者(?)ばかりでもないので、
平均的確率で罹患するのは当然だという認識のもとに、
航空会社は集合講習会の開催程度で済ませるのでなく、
その社会的責任において、きちんと実態を掌握して、
管理更正させるプログラムを構築するべきであろう。

童子に限って言えば、
人様の命を預かる職業につかなかったのが、
せめてもの救いである。

もし、童子がパイロットや運転手の職についていたら、
操縦ミスで何人の乗客を巻き添えにしていたことか。
もし、童子が医師や医療関係者になっていれば、
オペミスで何人の患者をあの世に送っていたことか。
いや、考えるだけで怖ろしい。(; ̄Д ̄)

ただし、幸い命は奪ってないけれども、その酒で、
いったい何人の人様の精神を傷つけたであろうか。
それを考えれば、他人の飲酒について揶揄するのでなく、
ひたすら自省の日々を送らねばならないのだ。φ(.. )

↓クリックいただければ、今年も年越しできそうです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村