2016年03月

2016年03月24日

先週の日曜日。
マンションの自治会関係者で、動物園に繰り出すイベントがあった。

この季節、昨年の記事『断酒の弊害かなあ?』で書いたとおり、
花粉症で悩まされる童子は、外出するのに億劫であったが、
童子も役員なので、無下に断るという態度もできかねるのである。

マスクで顔を覆い、鼻炎スプレーと点眼液の重装備。
更に、ティシュペーパー如きでは覚束ないので、
トイレットペーパー1本ロールごとリュックに忍ばせて
他の役員の車に便乗して、車で30分程度の動物園に到着する。

果たして、予想通り嵐のような花粉の洗礼を浴びることになり、
四六時中トイレットペーパーをリュックから巻きだしてはの、
阿鼻叫喚たる花粉地獄の状態に陥ってしまったのである。。・゚(゚`Д)゙

自治会で参加したメンバーは、趣向を凝らしたイベントやらで、
盛り上がっているのであるが、童子は、それどころの状態ではない。
イベントが一段落した後、各自弁当を受け取り、
帰りの集合の場所と時間を決めて思い思いのコースへ。

童子は、鼻水・くしゃみ・涙目がきつくて、先に帰ろうかと思ったのであるが、
やはり、動物園に来た以上は、過去の記事『アル中の猿たち』で書いたように、
少なくとも、ゴリラの宿舎に行って再会の挨拶はしておかねばと足を伸ばす。(●´ω`●)

小一時間は、何年ぶりかに再会したゴリラのオヤジと対峙していたのだが、
最期にタブレットで撮ったシャッター音の大きさが、お気に召さなかったのか、
急に、童子に因縁をつける目つきで睨みを効かせてきた。( ̄ロ ̄||)

や、やばい、と後すざりしてると、傍らに建てられた標識が目に入り、
「見学者に物を投げつけることもあるので注意!」とある。
うーむ。肖像権を侵害した童子に対する抗議なのであろうか。
止む無く、又の再開を勝手に約束して、その場は立ち去るのであった。


鼻水が酷く、眼の痒さも頂点に達して、頭も熱っぽい感覚でぼんやりしてくる。
ベンチで休息していようと、休息場のある広場へ向かい、
空いている場所を見つけると、よろよろと座り込んだ。

しかし、辺りの騒々しさに、涙目を開いて見れば、50人ほどの集団。
「教育△△△△会」と書いたのぼりも見える。
一体何の団体かよく解らないが、おじさんおばさんが大半のようだが、、
レジャーシートを広げての、まだ11時なのに、早くからの昼食会らしい。

動物目当てではなく、まだ花見には早いので、動物園での会合開催のようだ。
レジャーシートに並べられた巻ずし。いなり寿司。惣菜の品々。
ジュースに、スーパードライの缶もダ―スで。
あれ~、ブラックニッカの瓶まであるではないか。

すでに、大分入ってる赤ら顔のオジサン逹数人が車座になって、
ワイワイと与太話っぽい感じで、宴もはじまっているではないか。

ふと、「ああー、こんな陽気の元で、楽しそうにたらふく飲んで酔っ払って、
うらやましいなあ」という感覚が久しぶりに蘇えってきた。
これで一杯やったら、たちまち花粉症なんか吹っ飛んでゆくのになあ~。
なんて、不埒な思いも湧いてくる。φ(.. )

やはり、断酒3年とはいえ、こういう青空の下で、
和気あいあいと酒を酌み交わす光景を眺めていると、
過去の様々な酒宴の心地良い情景がフラッシュバックしてくるのである。
やばい。やばい。(´・ω・`)

しかし、園内は確か飲酒は禁止の筈だが、全くお構いなしの連中である。
幟に記された団体名から推測すると、やはり教育関係なのであろうが、いいのかね。
誰かが、スマホで動画アップなんかさせて、教育委員会などに知れると、
面倒な事になるのではと危惧しながらも、傍らで指をくわえて見ているのでした。φ(.. )


ようやく帰途時刻になって、参加者が再び集まり、
同じマンションの役員の車に便乗して帰途に就く。
帰路の途中で、ガソリンが底をついてきたらしく、
「ガソリン補給のため、ちょっと寄り道させてください。」
と車をスタンドに横着けする。

運転していた役員に、丁度電話が掛ってきて、
財布からガソリン会社のカードを童子に渡して、
「童子さん。済みませんが、これで給油を。」との事。

童子は、何もしないで送ってもらってるので申し訳なく
「大丈夫まかせといて。」と、カードを受け取る。

「レギュラー リッター99円かあ。
一時期から比べるとガソリンだけは、安くなったなあ。
でも、原油高騰時に便乗値上げした業界の値下げの話は聞かねえな~。
一度値上げすると、再度価格競争にならない限り、
誰も値下げしないのは、せちがらい世の中であることよのお。」

などと呟きながら、給油口の蓋を空け、キャップを回して空け蓋の内側に掛ける。
外に出ている内に再び花粉に晒されたせいか、またくしゃみ。
鼻水も。頭も朦朧とした感じが復活して来る。

やっと満たんになったので、ガソリンの給油ノーズを戻して、
給油機からレシートを掴むと、花粉を避け素早く助手席にもぐりこみ、
「出発!」

ようやくマンションに辿りつき、
「お疲れ様でした。お先に失礼。」と助手席の扉を開け、
降り立って、はっと車の後部を見やって仰天してしまった。(((( ;゚д゚)))


なんと、ガソリン給油口の蓋もキャップ栓も開きっぱなしで、
ガソリンも幾分溢れたようで、ガソリン臭が漂っているではないか。
「あいやー。やばかった」
慌ててキャップを閉め蓋を閉じて、運転席の役員に詫びたのであるが、
もしも、静電気やなんかで引火していたらとんでもない事であった。(; ̄Д ̄)

そういえば、銜えたばこで運転している輩(時にケバイ化粧の若い女も)が、
窓から吸殻を放っている悪いマナーを見受ける事が時々あるが、
そんなのに出くわしていたらと思うと蒼くなるのでした。(´・ω・`)


どうも、最近こういう事が多くなったのである。
数秒前の記憶がはっきりしない。
う~~ん。
アルコール性脳萎縮が原因の認知症の余兆なのであろうか。

などと不安が募ってくるのだが、いや。やっぱり、
花粉症で頭が朦朧状態になっていたのが原因だと思う事にしよう。
この時期は、花粉症で脳細胞も死んでるに等しい童子なのでありました。
この症候を、医学的に”粉死状態”と名付ける事にいたしました。(´・ω・`)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村

2016年03月11日

断酒3年に到達して、一旦、”ブログによる自助会”の目的は達成できました。
はて、この断酒ブログをどうしたものかと、考えあぐねておりましたが、
読者からのコメントを見るに、人一倍サービス精神に長けている(?)童子は、
もう少し書いて見ようかなあ、なんていう気持ちも湧いてまいりました。

ただ、童子は、以前何度か書いたように、いよいよ別の仕事を画策しており、
その為の準備をする必要に迫られた状況下で、随分と時間も限られて来ました。
断酒ブログを思い立ってから、自助会参加の替わりに、必ず週1回の投稿を
自らに義務付けて参りましたが、この制限は、そろそろ解除させていただこうかと。(⌒-⌒)


前回の記事への”昼の月”さんのコメントのリクエストに応えるべく、
飲酒時代を振り返っておりましたら、なかなかブログとて書きづらい
事件や事故が、数限りなく記憶の片隅に未だに残っているのですね。

AAの回復のステップ(ブログ記事『回復のステップ』参照)でいう本来の棚卸作業は、
ブログではなく、別の次元の修業空間で、自己を見直す作業をするとして、
書ける内容の範囲で、棚卸の一環として取捨選択してまいりたいと思います。


と、偉そうな事をしたためておりますと、
早速、京都に住んでいた時の一事件を思い出したのであります。


十数年前。伏見桃山あたりの路上。多分、真夏日の昼過ぎ時の事。

童子は、何時もの如く一杯入った状態で、自転車で走行しておりました。
何の用事で、真夏の昼間に、うろうろしていたかは思い出せませんが、
結構な暑さで、缶ビールを飲んで、チューハイも適度に入っていたような。

汗を拭き拭き、ふらふらと自転車に跨り、住宅街の路地の交差点の出会いがしら、
相当なスピードで突入してくる車と鉢合わせ状態になったのである。
キ――!(((( ;゚д゚)))

車は一時停止すべきような狭い路地の交差点を突っ切ろうとしていて、
ふらりと現れた童子を見つけて、慌てて急ブレーキを掛けたのです。
童子は、瞬間、あ~ぶつかる、と思いましたが、熱気と酔いで体が動かず、
交差点の真ん中で、バタリと自転車もろとも大きく横転してしまいました。

車とは、もうちょっとで接触という、バンパーすれすれといった距離でありました。

「あぶないじゃないか!」
国産の黒塗りの高級車(多分)の窓から顔を出した男が叫んだ。
(何~。。。危ないのは、そっちの方じゃないかい!(゚皿゚メ))

さすがの童子も、酔いも加勢して頭に血が昇ったのであります。
うーーん。しかし、転倒したときに、体も打ちつけており、
何か急激に酔いも回ったようで、すぐには、起き上がれませんでした。

上半身だけ起き上がった状態で、車のフロントガラスを睨めつけました。
しばらくして、ドアが開いて男が降りてきたのですが、
足元から見上げれば、なんと黒い法衣を着ているではないか。
頭は坊主ではなく七三分けの会社員風だが、まさしく僧侶の井出達です。

そのお坊さんは、車のフロントが無事である事を確認して、
「大丈夫ですか」とも、言わず「あぶないなあー」と呟き、
無言で童子を虫けらのように見つめているのである。

この野郎!童子は、完璧に切れてしまいました。(#`皿´) 

「警察に連絡してください。
 打ち所が悪かったら、後で困るからね。
 事故証明を取ってくださいよ。」と童子。

「ぶつかってはいないじゃあないか。」

「いや、これは事故だ。一時停止しないあんたの過失だ!」

言い争っていると、助手席に乗っていた人が、
帽子に顔を隠すような様子で窓ガラスを開けて、
「○○さん。ちょっと。」と呼んだ。
なにか見目麗しき雰囲気の漂う様子の女性であった。

坊主は、車に引き返し、女性と少し話していたが、
お布施かなにかの紙袋を引っ張り出して、札を一枚抜き出すと、
投げるような様子で童子に押し付け、身を翻して車に乗り込むと、
すっとバックして、ハンドルを切って逃げ去ってしまった。

童子は、あっけに取られました。
こんにゃろう。(`・д・´)
警察に電話しようと、ジーンズについた泥をはたいて立ちあがり、
あたりを見渡して公衆電話を捜しました。

しかし、良く考えると、童子は昼間から酒臭いのである。
どちらに非があるか、審判では不利になるような気配もする。
警察もまともに扱ってくれないだろうなあ。
酔っぱらいの戯言で相手にもしてくれないか。φ(.. )

えーーい畜生。(`-´メ)
と、坊主の放り出した札を掴んでいた手を開けば、
1万円札と期待していた(さもしいなあ)札は、
しみったれた事に、五千円札でありました。(´・ω・`)

何か当時流行った”当り屋”と思われたんではないかい。
けったくその悪い。飲み直しだい!(`□´)
と、早速近くの酒屋を捜すのでありました。
当時、伏見桃山には、地場の酒蔵の酒を飲ます店が昼間から開いてました。

それにしても、今思い出すと、助手席の女性が口にした
「○○さん。」は、名前ではなく名字だったので、
坊さんの奥さんではなかったのだなと推測できます。

とすると、檀家の法事の終わった後での、今はやりのゲス□□だったのかな。
だから、警察を呼ぶのを躊躇ったのかなあ、なんて邪推するのでした。φ(.. )

そういえば、学生時代に友人の麻雀知人で、
京都の市井の寺の坊主と一度飲んだことがあるが、
そいつは、まさに天罰のあたるような生臭坊主で、
暇になれば、坊主仲間で東南アジア方面に足を伸ばし、
飲む打つ買うを実践して、酒の肴に自慢しているような輩であった。

幼稚園などはアウトソーシングして、
檀家から法外なお布施を巻き上げ(おそらく)、
豪遊しているような罰あたりの坊主である。

今日日、坊主も医者(特に自称美人女医)も信用できません。

尤も、京都の坊主が全部そういう輩ではないだろうし、
延暦寺(正確に言えば滋賀県だが)など由緒ある寺院に努める僧逹は、
飲酒も風俗も無縁のストイックな生活を送っておられる事と信じておりますが。。。( ・Д・)

 
↓できればクリック頂くと、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村