2015年09月

2015年09月28日

中国に居住する知人(中国人)に久しぶりに逢うことになった。
確か、2010年以来なので、実に5年ぶりの再会である。
勿論、断酒してからは、初めての事だが、
彼は中国人には珍しく、酒を飲まないから気にする事はない。

知人は、上海から割に近い省の地方都市に住んでいる。
それでも以前は、省都である市まで、上海から中国東方航空で1時間あまり揺られて、
そこから、路線バスで1時間以上。さらに小型のバスを乗り継ぎ小一時間。
終点から、タクシーで。。。

といったような、行くだけで、1日仕事では不可能な場所でありましたが、
今は、和諧号という新幹線が(危なっかしいけど)上海から直通で開通し、
えらく便利になっています。

しかし、中国の地方都市といっても、あなどれない。
省の下の地級市というレベルの市であるけれど、それでも、人口は700万人近い。
鳥取県の人口の十数倍である。人口密度は、5倍もある。
(鳥取在住の方。他意は御座いませんので、御容赦の程を。)

三度ほど訪問したが、童子は、その街で日本人らしき人間に出会った事はない。
戦争中に、旧日本軍が、その市区の近くまで進撃して来たことがあると、
知人の親戚が話していたので、童子は60年振りの日本人だったのかもしれない。

おそらく、日本人で、その市名を知っている者は、ほとんど居ないだろう。
それでも、麦当劳(マクドナルド)も 肯德基(ケンタッキー・フライドチキン)もある。
ただ、日本料理の店は、残念ながら、見たこともない。


で、どうせ行くなら、滞在日数をゆったりと取ろうと、
今年の年末から正月の連休を挟んで、旅立とうと決断し、
航空チケットが、もう売り出されているか調べて見た。

ハイシーズンなので、相当な値段であろうなあと覚悟して、
財布の中身を計算しながら、ネットでの検索を開始する。

LCCは、なんとなく気が進まないので、
上海行きの便を色々な旅行サイトで調べていたら、
全日空直販のサイトが目に付いた。

早速、日程を入力。
ええっ。

往復50920円(・◇・)ゞ
ホントか? このシーズンに。
サイトの予約では、即刻のクレジット決済を求められましたので、
やはり特別な早割価格なのであろう、すかさず購入してしまいました。

早割は、ホテル予約でも、当然安いプランはありますが、
航空機の早割は、通常料金の価格差は相当なものでありますね。


で、標題の話でありますが、サイトをググろうとして、、
誤って、”早割”のキーワードだけで検索してしまった時に、
当然、航空券、ホテル、新幹線などは、常識の範疇ですが、
ふと、妙な早割を見つけたのであります。

お葬式の早割チケット・・・Σ( ̄ロ ̄|||)
なんだ、こりゃあ?


葬儀社に、早割のシステムがあるのか、
ウエディングの結婚式場の早割などは、聞いた事はあるが、
いみじくも、葬式の早割とは、どういうこっちゃあ~! ?q|゚Д゚|p


「身内の者で、もう長くはない者がいるときは、
 早めから葬儀を申し込んでいれば、割引となるサービス」
とある。

サイトを詳しく見るつもりはないながらも、
童子は、持ち前の好奇心と想像力を働かせる。

もしも運悪く(?)生き永らえてしまったら、
キャンセルとなって違約金を取られるのであろうか?(; ̄Д ̄)

葬儀を早割で申し込んで、期日が迫ってくると、
御本人に、もう予約はしてあるので、できるだけ、
キャンセルはしないように諭すのであろうか。ε=ε=(;´Д`)

いやはや、幾ら非情な家族が居たとしても、そのような、
非人道的な行為を促すようなシステムは如何なものかと、
人道主義者である童子は、人事ながら、いらぬ心配をするのでありました。(´・ω・`)

その辺りの詳細は、契約事項などに書かれているのであろうが、
当面、童子には関係がないことなので、事実は調べておりません。
詳しく知りたい興味のある読者自身があれば、貴殿の判断に委ねます。
(ちなみに、童子は某サイトのアフィリエイトなどはやっておりませんし、
 紹介料なども一切いただいておりませんので、念のため。)


↓クリックいただければ、続稿の励みとなります。



にほんブログ村

にほんブログ村



2015年09月20日

先週からの雨続きで、
童子の唯一の運動であるジョギングもできずに、
ほとんど屋内に籠りきりで、ウジウジしていました。

気温も下がり、動きも鈍くなってきました。(爬虫類か?(; ̄Д ̄))

そうこうしていると、暫く忘れかけていた違和感が右足首に。
あれ。ひょっとして、”来た”んではないかい~。(TДT)

案の上、数時間もすると痛みが強まり足首から下が赤く腫れてきたのです。
ああ、なんでまた。('A`|||)
アルコールも控えて、メタボ候補だった体重も減小してきているのに、
なぜまた、痛風もどきが、ぶり返す事になるのだろうか?

やむなく、過去のブログ記事『飲酒医学(痛風もどき編)』で書いたとおり、
童子の緊急用常備薬となっているエスエス製薬のイブA錠を2錠服用します。

予想どおりの効能で、確かに痛みは和らぎ、歩行に難を及ぼす状態は回避しますが、
次の日になっても、腫れと軽い痛みは引いて行きません。
再度、用心を期して、イブA錠を追加します。

その繰り返しが、結局1週間も継続してしまったのです。

前回はイブの効果が即刻現れて、腫れも痛みもスーっと引いて
何事もなかったかのように、大事には至らなかったのですが、
今回は、ちと様子が違います。
なんらかの体内での変化でもあったのでしょうか。

それとも、何か罰あたりな事でも、やらかしたのでしょうか。
せいぜい、ブログで、安倍政権と安倍政権御用放送局の
悪口を叩いたくらいのものであるが。(´・ω・`)

先日、”ピンポ~ン”とチャイムが鳴るので、玄関のモニターを覗いて見ると、
「御用放送局の者なんですがね。ちょっと、話が・・・・・・」
と、言葉使いに尋常さを欠くような男が、侵入を試みようとしていた。
「話なんかねえやい!」と一喝して、有無を言わさずスイッチを切ったけれど、
それ位しか、罰あたりとか、祟りとか、怨恨の線は思いつかないのである。

どちらにせよ、何らかの抜本的な手を打たねばならない。
直ちに京の都に馳せ参じて、深夜の貴船神社の裏山にでも籠って、
呪怨の呪縛退散のために、特製安倍型藁人形に五寸釘でも打ち込むか。(゚皿゚メ)
いや、籾△型の方が打ち込みがいがあるかな。
などと、アホな事を考えるのでしたが。

いやいや、そんな時代遅れの迷信じみた対処法では、
この状況を打破し解決することはできないであろう。
やはり、科学的療法を施さねば、と思い直し、
かといって、病院には行きたくないので、インターネットを駆使し、
薬を飲まずとも、痛風もどきを治す記事を検索しまくりました。

色々な記事が出ております。
昨今の童子の環境に当てはまりそうな対処策を捜しますが、
概ね、同じような記事ばかりであります。

①アルコールを控える事。
 ・・・もう、2年半も飲んでねえやい。

②運動を定期的に行うこと。
 ・・・毎週、2時間は走ってるわい。

③体重を落とすこと。
 ・・・この1ヶ月で、3kgも落としたけど。

④プリン体を含む食品を避けること。
 ・・・円安物価上昇で、高価な食材など口にしてないって。

他には、というと・・・

・水分を1日に2リットル摂取する事とある。

あっ。これだ!(・∀・)

毎週2時間のジョギング後は、汗を掻いて2kg程ウエイトダウンする。
その減量が嬉しくて、せっかく落した重量を維持しようと、
できるだけの水分も炭水化物も控えていたのである。

ボクサーの減量に近い過酷な試練を科していたのでした。(゚∀゚)
断酒してからというもの、確かに水分の摂取量は減っている。
これが、やはり災いしたのであろうか。

酒なら、特にビールなら、何リットルでも飲めたものを、
水だけではそれほどは、飲めないものである。
(最も、ビールはプリン体が多いので、水分摂取よりも、
 害悪の方がはるかに上回るだろう。)


ちなみに、最高記録は、2時間飲み放題で、大ジョッキ12杯。
蒲田の二級レストラン風の店でしたが、連れの友人も11杯飲み、
最後には、店員に、「帰ってもらえませんかね。」、と懇願された記憶があります。


で、早速、昨日からは、毎日2リットルの水を取り始めました。

そうしたら、ものの見事に腫れは引いていったのです。
血液中の尿酸値を薄めて体外に排出する療法が効いたらしい。
やはり、そうかー。( ̄ー ̄)

しかし、水ぶとりは厭だなあと、折角のダイエット中の童子は躊躇するのです。
前回の記事で書いた、パンパンに膨らんだ土左衛門のイメージが過るのでありますが、
いくら水を過剰摂取しようが、水だけではカロリーはゼロなんだから大丈夫だろう、
と、自分を納得させる童子でありました。

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村



2015年09月14日

先般の関東・東北の大雨で、河川の決壊や土砂崩れで、
びっくりするような甚大な被害が出ております。
被災地の皆様には、早くの復旧を、お祈りいたします。

童子は、木曜日当日は、出張だったのですが、
家から駅まで移動するのも、ままならぬほどの、
どしゃぶりの雨で、電車も大幅な遅れや欠便で、
いやはや大変な交通状態でありました。

ほうほうの手で、出張先のホテルに辿り着いて
テレビのチャンネルを回せば、鬼怒川の堤防が決壊して、
近辺の家屋や車などが押し流される光景が。

女性2名が必死で屋根にしがみついていましたが、
激流がすさまじく、持ちこたえられなくなり、
1名の方があっという間に、濁流に飲み込まれた様を
カメラは捕えておりましたが、実にショッキングな映像でした。

3.11の津波の記憶を彷彿とさせるものがありましたが、
なんともはや、大量の水の破壊力は怖いものです。
テレビ画面の、その光景を見ていて、
実は、その昔、童子自身が川で流された記憶が蘇ったのです。


まだ、以前の家庭が成り立っていた頃の真夏の事。
確か、土曜日は大雨で日曜日は抜けるような晴天でした。

前々から計画していた屋外でのバーベキューに
久し振りの家族団欒として出かけたのであります。
前々日から仕込んであった食材を抱えて、
京都は宇治の木津川方面に向かいました。

知ってる人は知っている、木津川に掛る「流れ橋」。
水の水位が橋より大幅に上回ると、毎年のように、
橋ごと流されるので、この名がついているのです。

その橋のたもとから川面までは、砂地が広ろがり、
当時は、多くの家族連れが、夏場になると繰り出して、
川遊びやバーベキューなどの憩いの場になってました。

童子の家族も少し人ごみから離れた下流の川岸でバーベキューです。
固形燃料に火をつけ、網の上で肉や野菜をジュージューと。
当然、童子は、ビールやチューハイも、しこたま持参してました。(゚∀゚)
まだ、依存症真っ只中に行き着くには少しは間のあった頃で、
家族からはイベントがあれば飲酒が認められていたのでした。

童子は食って飲んで、幸せ気分で、川の小石の上に寝転んで
黙々とビールなどを呷って出来上がって行きました。

子供たちや若者はみな川に入り込み、水遊びに輿じています。
童子も、さて川遊びでもと、家族が注意するのも気にかけず、
混雑した場を避けて、下流の川面に足を踏み入れます。

前日の大雨で水嵩は増えていたようですが、
青空の元での酔いで、ご機嫌になった童子は、すたすた入水します。

しかし、膝上までのスポットにまで来た時、
突然、急に流れの速い深みに足を取られたのです。
酒が入っていたので、平衡感覚が保てなかったのか、
つるりと川底の石に足を滑らせ転倒してしまったのです。

しかし、大した水かさでもないのに流れがやけに速く、
起き上がる事もできずに、あれよあれよという間に
川下へ向かってどんどん流され始めたのです。
酔いも手伝い、自分では、どうする事もできません。

どんぶらこ、どんぶらこ。(桃太郎どころの話ではない!)
これはやばいぞ。恥も外聞もない。「た、助けて~」と叫ぼうにも、
沈むまいとするのが精いっぱいで声にもならないのです。('A`|||)

娘が幸い目ざとく気付いてくれ、走って川べりを追いかけますが
流れが速く間に合いません。距離は離れる一方です。

ああ、このまま、木津川から流れ流れて、淀川本流にまで合流し、
明日の朝には大阪の淀川下流域の支流まで運ばれて、
情けない土佐衛門の姿を晒すことになるのだろうか。('д` ;)

出勤中の会社員やОL逹が、淀屋橋の欄干の上から、
水を吸ってパンパンに膨張した童子の姿を見つけて、
珍し気に、キャーキャー騒いで見物している光景が目に浮かぶ。
南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。


で、どうやって救出されたのかは、よく覚えていないのです。φ(.. )
気が付いたら、川岸に転がっていて、家族は怒っていました。
「恥ずかしいから、もう帰ろう」と、家族は言い出して、
久々の団欒は終わってしまったのでした。


水の流れは思いのほか早くて破壊力のあるものです。
泳ぎが達者でも、河童の川流れと言うように、
童子も高校の時は、背泳は学年1位を誇っていましたが、
濁流の現場では、屁の役にも立ちませんでした。

川辺や海辺で酔っぱらって水に入るのは、よしましょうね。(´・ω・`)

↓クリック頂ければ、続稿の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村



2015年09月07日

実は、前回の8月31日の記事を書いている時に、
童子にとって極めて重要な事を、完全に忘れておりました。

何を忘れていたかと言うと、
2013年3月1日から断酒を決意して以降、
8月末で、丁度2年半となっていたのです。

ところが、前回のブログネタを探していた際には、
その記録(2年半なんて、中途半端といえば中途半端だが。)
については、すっかりと何処かに吹き飛んでおりました。

過去の記事を見ても、
断酒継続2年達断の感は。。。』
断酒継続20カ月通過。。。』
断酒目標達成』(1年半)
断酒達成500日(・◇・)ゞ』
断酒1年達成なる!ヽ(*´v`*)/』
断酒180日達成!』

と、節目節目には、感想をしたためていたのでしたが、
今回は、ちょっと前の記事で予告は表明していたものの、
当日には、すっかりと忘却してしまっていたのです。

多分、痴呆症か認知症が悪化してきたのでは、と不安になります。Σ(=゚ω゚=;)
なので、記念の御褒美なんかも何も無し。(どうせないけど。。。)('A`|||)


しかし、言い換えれば、つまり、断酒の記録を常に掲げながら、
マラソン選手のように、後20km、後10㎞、後5キロ、後195m
などと、歯をくいしばらなくとも、
日常の生活の延長で、自然に無理なく達成できてゆく状態にまで、
落ち着いて来たと云う事なのでしょう。


では、それでも、毎週断酒ブログ記事を書き続けている意味は
一体何なのだろうか?と、ふと疑問も生じるのです。


数えて見れば、ほぼ毎週1回のペースでアップしてたので、
livedoorの記事一覧で確認すると、なんと、
200編を超える記事を書いてきたことになります。

文字数を、ざっと計算してみれば、
およそ3-400頁の単行本を2本、書いた勘定です。
根が怠け者の童子にとっては、赤川次郎か司馬遼太郎のような
快挙にも匹敵するのではないか、などと自負しております。(≡ω≡.アホ)


ただ単にブログを書く作業だけで満足していた訳でもありません。、
やはり、ブログ村の大概の上位の参加者が同様な励みとされている
と思いますが、ランキングを意識しなかったかというと嘘になります。
やはり、ランキングを多少は横目に意識して、クリックのinポイントが
上がってゆく事が、励みになっていたのは否めません。

だから、生来の怠け者でも継続できたのですね。
単に、ブログを書くだけ(つまり、日記を書くだけ)でしたら、
こうは続いておりません。

ランキングだけでなく、コメントで、「更新を楽しみにしてます。」
などという内容を見るや、
半分、義務感というか、持前の童子のサービス精神というか、
そのようにエネルギーが醸し出されていたのです。

なんとか、断酒は軌道に乗ったように思いますが、
さて、今後、このブログの意義をどうしたものか思案中であります。
当初の目標は、過去の初期の記事に書いたように、1年半。

よくよく考えて見れば、相当な期間なのですが、
短いようで、長いような、何かまとまりのない気持ちであります。


↓クリックいただければ、もうしばらく続稿しようかと。。。




にほんブログ村

にほんブログ村