2014年07月

2014年07月26日

酒は百薬の長という言葉は嘘であるなあ、と、以前の記事に書いた記憶がある。

実は、童子は”痛風もどき”で15年来苦しんできたのだ。
”もどき”というのは、病院で正式に痛風と診断された事がないからだ。

尿酸値が8をかなり超えたあたりから、
膝が突然と腫れ上がり歩行もおぼつかなくなる症状が現れはじめた。
曲げると激痛が走るのである。しかし、じっとしておれば痛みはほとんどない。

15年来、年に2-3回、突然それは襲ってくるのだ。
何か膝の蝶番の動きが可笑しいなと感じると、ものの数時間で腫れてくる。
1日経てば歩行に支障を来たし、頑張っても、びっこを隠せなくなる。

2ー3日、長ければ4日。足を引きずり廻す生活をする事になる。
以前は痛み止めにアルコールという鎮痛剤を選択していたものだが、
頭が麻痺するだけで膝の痛みは一向に消えないまま泥酔して誤魔化していた。
ただ、また目を覚ますと、よけい酷くなっている事が常であった。

膝が痛くて曲がらないと、これはかなり生活するに不便な事態に陥る。
そんな状況になって、初めて身障者の人達の気持ちになれるものだ。
階段がキツイのである。上がりはまだ救われるが降りるのが一番辛い。激痛が走る。

電車に乗るにも、以前は(今もあるか。。。)エレベーターの無い、
バリアフリーなんで何処吹く風といった生意気なJRの駅は多かった。
手摺を持ちながら、冷や汗を垂らして階段を下りないといけない。(´;ω;`)

バスはさらに難儀である。
乗る時は、鉄棒を持って、えいやっと踏みあがれば良いが、降車時は摑まる物がない。
清水の舞台から飛び降りる覚悟である。
激痛で膝が曲がらず、バスから路面に降りた瞬間に、路面に倒れこんだ事も幾数回か。。・゚(゚`Д)゙

なれば、タクシーに乗れば良いではないかと思われようが、
こちらの方が、さらにキツイのである。
膝を伸ばした状態では、リムジンならいざ知らず、普通の乗用車には乗れない。
膝を曲げると激痛が稲妻のように奔るのである。もう降ろしてくれ~!(TДT)

そんな状態が、大飲酒時代後期15年間くらい続いていた。
末期では、尿酸値は優に9ポイントをクリアしていた。

以前は、痛風は足の親指の付け根が腫れ上がり、風が吹いても痛いそうな。
だから痛風とは違う。そう思っていた。
そんなもので、最初は市販の湿布で対応しようとしたが、全く焼け石に水。効果はゼロ。

それでも、もしやと思い、病院に行けど、確かに尿酸値は高いが痛風の症状ではないという。
膝のMRIかCTで検査しても異常なし。薬も貰えなかった。膏薬だけである。効かない。

童子は、インターネット時代に入ると、ネットの医学記事を読み漁り、色々調べていると、
足首や膝にも痛風が来る事が最近の記事には書いてあるようになった。
確実に痛風だと確信したのであるが。

次の発症時に、もう一度病院に行って、
医師に「やっぱり、痛風でしょ?」と訊いたが、
整形外科医の検査結果の答えは、「症状が違うようだ。」と。
医局を間違えたのかなあ。φ(.. )

それ以降医者には掛かっていない。病院は諦めたのだ。
そうしてたまたま、自ら特効薬を編み出したのである。

2年少し前、また突然の痛みがやって来た。今までに増して痛みが強い。
酒は鎮痛剤にならない事を、猿よりは賢い童子は学習していたので、本物の鎮痛剤をと考えていたら、
歯科で以前もらった鎮痛剤が薬箱の底に眠っているのを思い出した。

これでも飲んでみるかと、まだ激痛になる前に服用すると、
驚くほど痛みは飛び、翌日も、なんとがびっこを隠せる歩きもできるではないか。
更に、次第に増長してきていた膝の腫れも、翌々日には、ぴたりと納まったのである。

その次は、1年半ちょっと前、またまた来たのである。
歯痛の鎮痛剤は既に空になっていた。
ネットで、同じ成分の市販薬を捜すと、
EVEという生理痛対策で有名な薬にヒットした。

近くの薬局屋さんに行くと、鎮痛剤系はレジカウンター後方棚にあり手が届かないので、
已む無く、若い女性の店員さんにEVE A錠を下さいと言って、
顔から火が火照りそうな思いで逃げるように帰ったのを覚えている。(〃゚д゚〃)
(あのローラがコマーシャルをしているのだ。)

ただ、そのローラのEVEが見事に効いたのである。
それ以降、通勤のカバンには生理痛ならぬ痛風痛用EVEをこっそりと忍ばせてある。
会社の女性社員なんかに何かの拍子に見つかれば、なんと言い訳けすればいいのやら。。。(´・ω・`)

しかし、しかし、しかし、である。
断酒して1年4ヶ月あまりの間、なんと一度も、
通風もどき症状が出ていない事に先ほど気づいたのだ。

やっぱり、酒は百害の長であるね。(`・д・´)

↓クリック頂ければ、嬉しいかぎりです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2014年07月20日

もう十数年も前の事件になりますが、童子が当時の会社の仕事で、
韓国のソウルに出張していた時の事です。
童子と自部門の部下と、他部門の課長と若手社員の4人行脚でありました。

ソウルに現地法人子会社の工場があったのですが、
訪問した出張者たちが酒を盛られて失敗した例を数多く聞いていました。
どうも、その韓国の工場の宴会は、出張してきた日本人の
誰かが潰れないと終了しないような歴史(?)があったようです。

童子は、前回は潰れはしなかったものの、部下が潰れてしまい、
童子も酔っ払って、居場所がソウルか京都か訳がわからなくなってしまい
危うい所だったので、それ以降の韓国出張の際は用心していたのです。

ところが、他部門の入社二三年目の若手君は、韓国が初めてとあってかピッチは早かった。
体育会系出身の習性なのか、注がれた眞露をグイグイと呷っている。
「おい!気をつけるよ。」と声を掛けようと思ったが、
『まっ、いいか。今夜はこいつに潰れてもらおうか。(-_-;)ニヤリ
と黙っていました。

しかし、流石に体育会で鍛え上げてたのか、そうそう容易くは潰れません。
一次宴会は打ち上げとなり、工場の幹部連中とソウルの繁華街に向かいます。
小綺麗いな飲み屋で暫く飲んだけれど、まだ納まりがつかず三次会へ。
バーやスナックなどの夜の店が集合した大きなビルの中の、
ディスコかバーか分からないような店に連れていかれました。

そんな、ソウルの中心街のどでかいバーでは、広いディスコステージで
踊る韓国人の熱気が、日本の過ぎ去りし日々を懐かしく思い出さしてくれました。
ただ、お客の層はと見れば、おっちゃん連中とおばちゃん連中が元気に踊っており、
不思議と若い女性はあまり見受けなかった記憶が、今記事を書いていて蘇りました。
(連れられた場所がまずかったんかなあ~(´・ω・`) )

隣席にいた気のいいおばちゃん達と仲良くなって一緒に飲んでいました。
なかでも特に体育会系くんは、おばちゃん二人とやけに気が合い、
眞露とウイスキーを交互にがぶ飲みして陽気にはしゃいでおりました。
結構強い奴やねん。おばちゃん達は、こいつに任せておこうと、
童子たちは、工場の幹部達とゆったりと語らい、懇親の杯を傾けていました。

ところで、韓国のバーやスナックで、何故かウイスキーとスイカが出てくるのには、
今でも思い出したら違和感があります。(童子が行っていた所がおかしいのかな。)
童子はスイカと酒を飲むから、尿意が頻発しトイレに何度も立っておりました。


そうこうしてると、時計は既に夜半を越えており、
さて、そろそろホテルに戻ろうかと、幹部のリーダーが勘定を済ませます。
童子たちも、かなり酔っていたが、正体は無くすまでには到っていない。
アル症でも、一種の処世術である。(と偉そうには言えない。この時は、である。)

が、ふと気づけば、体育会系くんが居ないではないか。
ほんの先ほどまでは、おばちゃん二人と踊っていた筈だ。
あれ、おばちゃん達も居なくなっている。

ひょっとして、あのおばちゃん達は、もしかしてポン引き仲間で、
何処かに、若い子が居るとかなんとか言われて誑かされたのかも。
いやいや、酔っ払っても、そんなことをする奴には見えない。

トイレでも行ってるんではないか、と皆で暫く待っていたが、
5分10分しても一向に現れない。

おかしい。飲みすぎて気分がわるくなったか、酔い潰れたか。
三手くらいに別れて、フロア中を隈なく捜しました。
トイレも、中で寝潰れてないかドアをノックし調べて回ったのですが。

居ない。

念のため、6階位ある全フロアのトイレと階段の踊り場も捜し尽くしましたが見つからない。

もしかして、酔っ払って気分が悪くなり、先にホテルに帰ったのではと、
童子達は、幹部の1名を店に残してホテルに向かいます。

ホテルに到着して、フロントに確かめるが、帰って来ては居ませんでした。
それ以上は、童子たちには、どうする術もなく、
工場幹部に警察に届けるのと、店に連絡して発見したら連絡してもらうようにして、
童子達は、すごすごと部屋へ引き下がりました。

他の日系企業の社員が酔っ払って、現地の若者と諍いになり、
怒った男達に、真冬の漢江(ハンガン)に放り込まれた事件などを思い出し、
もしものことがあれば、まずい事になるなあと思いながらも、
酔いと疲れでスヤスヤと寝入ってしまいました。・・・zzZ

翌朝、目覚めてフロントに確認しても、戻ってきてないとの返事。
まずいことになったなあと、ホテルのレストランに三人で集まり思案していました。

やはり、朝一番に、本社の人事部に連絡するか。○○部門の事だから、○○課長が連絡すべきでしょ。
とかなんとか、ぐたぐた言い合っている時、
エントランスに一台の見覚えのある車が止まり、工場幹部が出てきました。
それに続いて、ふらふらと体育会系くんが姿をあらわしたのです。

「おおー! 」「よかった(′∀`)^!」

「一体どうしてたんだ。 あれ、何か臭うぞお!」

実は、酔っ払った挙句、誤って別フロアの女子トイレに入って、
リバースしたまま酔い潰れてしまったのらしい。
工場幹部達が、朝早く近辺を再捜索していて、ふらふらして途方に暮れている
奴を見つけたとの事でした。

流石に女子トイレまでは童子達も確認の対象からは外しておりました。
まっ、ともかく大事にならず、胸を撫で下ろした当時の日韓関係者全員でありました。

ちなみに童子は、女子トイレで寝潰れた事だけは御座いません。( ・`ω・´)
(などと、自慢できる類の事ではないな。。。やっぱり。('д` ;)  )


↓よろしければ、クリック頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



2014年07月13日

本日、ふと気づけば、断酒500日目を迎えておりました。
けれども、やったー!という激しい感慨は、実は、ほとんどありません。(´・ω・`)
念のため指折り数えたら、500日経過したんだという程度の感覚です。

まだ、1年数ヶ月レベルで、偉そうな事は言えないのですが、
もう、ほとんど飲酒欲求は沸いて来なくなりました。

先日もレストランで知人と食事の折、断酒中である童子に知人が気を利かして、
アルコールフリーのカクテルや梅酒をオーダーしてくれましたが、
それとて、まだコーラの方がいいやと思ったくらいです。

酒の味を想像すると、とことん酔っ払って見たいなあという快楽気分よりも
圧倒的に酒自体の忌まわしい味・臭い・頭痛・二日酔い・諸々の具合の悪さなど_| ̄|○、;'.
のマイナスイメージの方が圧倒的に凌駕するようになってしまいました。

ですから、アルコールフリードリンクの臭い・味からも、アルコール時代を彷彿としてきて、
うえっ!という気分の方が95%を占有してしまいます。

昨年3月から断酒を決意して、振り返って見れば、
長い道程のようで、結構楽に到達できたようにも思えます。
過去のブログを垣間見れば、最初の2-3か月がポイントだったようです。

激しい飲酒欲求が、いつぞ訪れてくるものと、身構えておりましたが、
不思議と、過去に断酒を何回も失敗したケースと同様の悪魔は出現しませんでした。

なぜなのでしょうか?
たまたま、なのでしょうか?
いや、決して、そうではありません。

このブログが、過去の依存症の不具合さを忘却させる事なく、
魔陣というか、結界というか、そういう類の役目を果たしていたように思います。

自助会に通い詰めて、過去を思い出して懺悔している事と同じように、
ブログに綴ることによって、同等の効果が発揮されていたと思うのです。

AAにも断酒会にも馴染めない依存症諸氏に(勿論童子自身も)、自助会に行かずとも断酒でき、
アルコール依存症を寛解できることを証明したかった思いもあります。
ネット時代のクラウド自助会が到来したみたいなものという認識をしています。

とりあえず、この調子で、当初のマイルストーンにしていた、1年半はクリアできそうです。
次は、3年。5年。7年。10年。。。

ただ、自分で死期がわかるような状態になった時は、
その時は、思い残さずひたすら飲んでみようかなあ、って気もするけれど、
案外、多分飲む気はなくなっているような。そんな気もする。

とあれ、500日断酒に乾杯!(*^・ェ・)ノ

↓乾杯のご唱和がわりに、クリックをいただければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2014年07月06日

ネットでアルコール関連情報を検索していて、標題の情報が目に留まった。
アルコール健康医学協会ってのがあるらしい。知らなかった~。φ(.. )

昭和55年7月厚生省(現厚生労働省)所管の社団法人として設立され、
平成6年9月に大蔵省(現財務省)との共管の法人となり、
公益法人制度改革に伴い、平成24年4月1日に内閣府所管の公益社団法人となった、とある。

して、その目的はと御拝見すれば、
『当協会は、国民の健康の保持とアルコール飲料による疾病の予防、
さらに、それらと調和した酒類産業の健全な発展に寄与することを目的として、設立された。』
と説明されている。

健康保持、疾病予防は、すっと飲み込めるものの、
続く、『調和した酒類産業の健全な発展』というフレーズに違和感を覚えた。

役員の名簿がPDFで掲載されてあったので、内容を確認すると・・・、
理事長:元厚生省××局長
副理事長:元大蔵省印刷局長(なんで酒と関係アルの?w(*゚o゚*)w)
常務理事以下、元国税庁関係者がぞろりぞろりのオンパレード。
(酒税で潤った輩がまだ、退職後も吸血するタイミングを窺ってるのかい?)
それらの方々が、各種酒造協会の理事役員に変身されているのだ。

一体、これはなんなのだ!ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
これでは、政府の天下りと、酒産業の寄り集まりの会合に過ぎないではないか。。。  
医療関係者は、申し訳け程度に末席に数名、名を連ねるのみ。
もうすでに、この協会が如何に胡散臭いものかが想像できるってもんだ。

そして、その十か条てえのは、
依存症者の諸兄・諸氏の皆さん。笑ってはいけませんよ。


1.談笑し 楽しく飲むのが基本です
2.食べながら 適量範囲でゆっくりと
3.強い酒 薄めて飲むのがオススメです
4.つくろうよ 週に二日は休肝日
5.やめようよ きりなく長い飲み続け
6.許さない 他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
7.アルコール 薬と一緒は危険です
8.飲まないで 妊娠中と授乳期は
9.飲酒後の運動・入浴 要注意
10.肝臓など 定期検査を忘れずに

健常者しか、対象になってない文面である。
依存症者になったらもう終わりという精神が読み取れる。

談笑し楽しく飲むだと。。。
笑わせるではないか。
こんなもんで、アルコール依存症への罹患が防げると言うのなら、
なんともお笑いの”医学”協会ではないか。

しかも、川柳ばりに韻を踏ませた、十か条、
暇を持て余した、天下り連中が創作したか、選別したとしか思えない超駄作。


今となっては懐かしい、かの蓮舫さん!
この団体の事業仕分けを忘れておられたようですな。

まったくもって、おかんむりの童子でありました。(#`皿´) 


↓ご同意いただけますなら、クリックをお願いいたしたく。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村