2014年04月

2014年04月26日

哲学者カントのような規則正しい実直な断酒生活を続けていると新鮮な酒ネタに窮してしまい、
先般の記事(その1)の続きをやはり書くことにしました。
酔っ払いにはつきものの、目覚めたら、ええーといった類のお話である。
馬鹿馬鹿しいかぎりの内容ばかりである。当然であろう。

酔っ払って眼が覚めたら億万長者になっていた。
・・・ある筈がない。破産は結構あるかもしれない。
素敵な美人が傍で見守ってくれていた。
・・・ある筈がない。飲み屋の婆さんが飲み代請求のため、起きるのを待っているのはよくあった。
しかし、ともかく、過去の些細でアホな事件も、忘れずにここに記録しておこうと思う。

よく新宿歌舞伎町で飲んでいた時期がある。
いつもの事ながら、飲み始めて酔いが回れば、終電の時間など気にしなくなる。
結局、朝まで飲んで始発を迎える事になるのだが、
そこまで、意識がしっかりしているかどうかが問題だ。

若かりし時代のある金曜日、京都の学生時代の友人と新宿東口で待ち合わせる。
都会に出てきた田舎者のあんちゃん達の待ち合わせ場所は、おおむねダサいのである。
今風の都会育ちの坊ちゃんお嬢ちゃんは、どうだか分からないが、
渋谷なら忠犬ハチ公前、六本木ならアマンド前が当時のカッペのデファクトスタンダード。
ちなみに京都四条でしたら、高島屋前。もしくは阪急百貨店前。せいぜい藤井大丸。

軽く立ち食いそばを胃に納めて、当時の新宿コマ近くのビルにあった巨大ディスコに向かう。
2000円以下で飲み放題だったような記憶がある。
友人は、枡添知事を30kg太らせた感じでナンパができるような玉ではない。
という童子も奥手でなかなか声をかけるような勇気もありません。

2人で、おそらく店で残りを使いまわしているだろうボトルをグイグイ空けて、
酔いにまかせて、時折踊っては、また飲むという連続。音響がうるさく耳元の会話しか不可能。
気弱な2人は誰か声をかけてくれるお姉さん達の出現を待ち望むのだが。。。
ありえない。あったら、まずは玄人である。この手は何度か痛い目にあった。(この話は後日)


2人は毎度、期待に反して何事も無くディスコを後にするのだが、
もやもやが残り、二軒目の安酒屋に向かい鬱憤を晴らす。
ディスコの騒音から開放され、ようやく会話が可能となる。
そして2人ともグチグチと盃を傾けては始発まで酔いつぶれる。

その日は、気づいたら、新宿コマ前の広場で一人で寝ていた。
警察官に起こされたような気がする。もう人通りがある。
何時か見ようとして、左腕を挙げてみると時計がない。当時3万もした最新のデジタルクオーツ。
よろよろと立ち上がろうとすると、ええっ~。
靴もない。(((( ;゚д゚)))ディスコ用に三越で新調したばかりの当時15000円の高価な靴が。。。

あいや~。あわてて胸ポケットもまさぐる。やっぱり。身ぐるみだ。
大枚はたいて買ったお気に入りのジパンシーの縦長財布が。。。ああ。(´;ω;`)
当時は、若かりし田舎モンの童子、ブランド物に憧れてました。
それこそがダサさ加減の象徴である。と思われる趣味の悪い輩も時折見受けますね。

辛うじて小銭入れはズボンのポケットに残っていた。帰りの電車賃位はある。
頭が二日酔いでくらくらして、警察に届ける気もしない。届けても事態は改善しない。
まずは、靴。サンダルでも何でもいい。どこかに落ちてないか。
時折路上で見かけるが、いざ捜そうとして、そうそう見つかるものではない。

歌舞伎町の薄汚い狭い路地に入り込みこそこそと物色する。
あった!中華料理店の路地裏に。調理場で料理人が履く、深いゴムの長靴。
しかし、でかすぎる。でも。。。ま、裸足よりはいいや。
ズボンの裾は外には出せず、やむなく、長靴の中に入れ歩き出す。
(中華料理屋のコックさん。ごめんなさい。念のため、王将ではありません!)


なんとも歩きにくいのですが、ともかくJR新宿駅に向かおうとします。
行き交う人々が、ちらちら童子の足元を見て通り過ぎていきます。
近くのショーウインドウに映った自分の姿に、うーんと唸ってしまいました。(; ̄Д ̄)
ネクタイ・スーツ姿には、どう見ても不釣合いの大きな長靴。
これで山手線に乗る勇気は、流石の二日酔いの頭でも消え失せてしまいました。

考えた挙句、小銭で川崎の寮の同僚に電話して、タクシー代を借りる算段を確認する。
当時で確か、歌舞伎町~川崎までの距離なら5000円程度は掛かった記憶があります。

毎回毎回、どえらい出費を伴うような内容が多かったのですが、
毎月といっていいほど、こんな事を繰り返しておりましたねえ。
馬鹿ですねえ。思い返すに、情けない日々。。。。
反省!(・∀・)


↓できましたら、クリックいただければ反省の励みとなります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



2014年04月22日

酒を飲み始めた若かりし頃、呑兵衛の友人と様々な酒を試し飲みしていた時期があった。
といっても、金の無い時分(今もないが。。。)のこと、金額の張るものには手が出ない。
ちょっと変わったものを、近所の知り合いの酒店から安く融通してもらっては、
互いのアパートに持ち寄り、酒席の余興で盛り上がっていたものだ。

最初は、手頃で珍しい洋酒やリキュール類。
泡盛や九州地場の焼酎のシリーズ物もやった。
少し値段は高いが、日本酒の地酒や濁り酒の発掘。
なんでも手に入るものは、ひととおり試して見た。

なかにはグロテスクな代物もありました。
グサーノ(いもむし)入りテキーラ。
ハブ酒、蝮酒も気味悪がりながらも。(ただし現物の入ったものは流石に断った。始末に困る。(((( ;゚д゚))))
勿論、この手の物は美味しい気はしない。肝試しに一口といった程度の代物である。

が、唯一つ、一口も飲めなかった酒があったことを思い出した。
アブサン。(水島新司の連載ヒット漫画「あぶさん」の由来は、これである。)
90%の度数。ライターで火が付く。
一口飲んで吐き出した。w(゚o゚)w オオー!


アルコール度数で吐き出したのではありません。
度数だけなら、学生時代の化学実験の時間に講師の目を盗んでは、
数人の悪童がこっそり実験台の隅で固まって、ビーカーに100%純度のエチルアルコールと
香付に酢酸エチルを垂らしたものを、白衣を着て飲んでいた。
アホな事をやってたもんだ。

アブサンはアルコール度数はともかく、異様な味と臭いがどうにも受け付けず、
一口含んだだけで、ウエッと、もどしてしまったのである。
青臭いというか、昔の人はお覚えておいでかもしれないが、
ライオン歯磨という粉の歯磨き粉を溶かしたような風味の記憶が今でも残っている。


そんなこんなで良く飲み語らっておりました。
しかし、まだ依存症には、かろうじて間のある、酒を楽しんで飲んでいた良き時代でした。
友人は、趣味が昂じたのか、京都伏見の有名な酒造メーカーに就職して行きましたが、
童子は、その良き時代にはすぐに終焉を告げ、依存症時代という大氷河期に突入して行きます。

最後には、酒も金も無くなれば、家にある料理酒まで手をつけていました。
飲んだ御同輩もおられるかも知れませんが、塩分がきつくて海水を飲んでいるようなもんです。
普通なら飲めた代物ではないが、それでもアルコール分を欲していたのである。
おそらく、その渇望期にはアブサンだろうが何だろうが飲みほしていたであろう。


そういうバリバリのアル中であった童子も、今ではなんとか断酒を継続しております。
当初は時折、アルコールフリーのドリンクで誤魔化していた事もありましたが、
切磋琢磨の結果、最近ではノンアルビールも飲む気がしなくなったのです。

だいたい、アルコールゼロなのに、酒税が含まれてもいないのに、
第三のビールより高いとは、全くもってけしからん事です。
それに、セブンイレブンのレジで、何処から見ても未成年には見えないのに、
18歳未満でありませんと、年齢確認ボタンを押さされるのは、もっとけしからん。(#`皿´) 

脈絡が幾分怪しい記事となってしまいましたが、どちらにせよ今では、
友人には悪いが、酒造会社の経営には一切貢献しなくなった童子なのであります。(´・ω・`)


↓酒造関係者でない方は、クリック頂ければ嬉しいです。



にほんブログ村

にほんブログ村



2014年04月16日

全く飲まなくなって、1年と1ヶ月ちょっと。
この調子が続けば、3年5年と継続しそうな塩梅である。
それ位、普段の飲酒欲求は、すっかりと影を潜めてきた。

先日、早朝セールが売り物の近くの食品専門スーパーに買出しに行き、レジに並ぼうとしたところ、
やたら買い物客が多くて、レジ後方の陳列棚の奥まで突き抜けて列ができておりました。
物価上昇のせいか増税のせいか、以前にも増して消費者は安売りに殺到しているようです。
なかには、50円の特売卵1パックだけ抱えて並んでいる人も。(ご立派!)

一番速そうなレジの列を見つけて並んだところ、両側は酒の棚が列一杯に陳列されていました。
断酒当初は、酒の置いてある場所は、スーパーもコンビニも歓楽街も
極力避けて通っていたのですが、今は、ほとんど問題はありません。
レジは遅々として進まず、両脇の棚の酒瓶オンパレードを感慨深げに鑑賞しておりました。

ワイン、ウイスキー、焼酎、リキュール、日本酒、ありとあらゆる酒が、
呑兵衛逹のご指名を待って、安キャバレーの女給さん(古すぎる表現ですね。。。)
の如く、にこやかに微笑んで鎮座しているように童子の目には映りました。

まずは、焼酎の列が目に入ります。晩年は(?)良く飲んだねえ。
眞露(ジンロ)、鏡月、寶焼酎、純。。。
なんと4リッターにも肥大化した大五郎くんも手招きしております。
2000円程度。安い!でも、これに手を出したらおしまいだね。
大五郎君の市場は、アル中系か、体育会系のコンパくらいしかないのではなかろうかと想像する。

流石にスーパーでは高級ワインは少ないが、大衆向けワインも結構並んでるね。
童子も、若き日は、ドイツワインなどを粋がって飲んだりしてたが、
最後は、300円台の安物や、紙パックの輩にお世話になりました。
幽かにワインであろうと感じられる程度の代物に納まって行ったものです。  

ウイスキーも良く飲んだね。角瓶、オールド、ジンビーム。。。
疲れ切った心体に琥珀の液体のストレートが、
喉を心地よく刺激させながら、優しく癒してくれた時もあったねえ。
でも、不思議とアル中症状が酷くなってからは、あまり体が受けつけなくなってたなあ。

おぅ、ウオッカにジンか、ライムで割って、アグレッシブなロックを聞きながら、
音楽好きの友人とアパートで盛り上がってたねえ。ノリ過ぎて、
ボロアパートでステレオの音量を上げ過ぎ、隣に住むヤーさんに怒鳴り込まれたこともあったなあ。
モスコーミュールやドライマティーニなんかも、粋がってパブでオーダーしてたなあ。

いや、日本酒もいいねえ。冬場に熱燗で鍋をつつく。
日本料理には、やっぱり日本酒だねえ。
いやいや、冷酒もいいぞ。
夏場の京都鴨川沿いの納涼床に座り込み、蓼酢で鮎の塩焼きをいただきながら、
伏見の地酒の冷酒を傾ける開放感は格別であったなあ。

旨い料理、旨い酒のイメージが次から次へと湧きだして、走馬灯のように、
若き日のアルコールを基軸にした様々なシーンが蘇ってくる。
うーん。幸せだった日々もあったねえ。酒が癒してくれてたんだねえ。

回想で頭が一杯になって、夢見心地になりかけていた時、
「おにいさん。卵は一人一個だよ。レジ袋はいるの?会員券は?」
走馬灯は、パートのオバサンの図太い声に途切れてしまいました。(゚皿゚メ)
えっ、おにいさん??このオバサン、若い時はスナック勤務経験者かなあ。。。(´・ω・`)


しかし、喉元に酒の味を蘇らせながらも、反面飲んだらどうなるかと考えれば、
間違いなく連続飲酒発作にたちまち陥るだろうなあという確信がありました。
そして、連続飲酒時の精神的な肉体的な具合の悪さを彷彿としてきます。うぇぇー _| ̄|○、
やっぱり、金輪際二度と手をださないぞ!と固く誓う童子がおりました。

絶対に、御指名なんかしてやらないよーだ。σ(゜┰~ )


↓激励いただきます方はクリックいただければ嬉しいです。



にほんブログ村

にほんブログ村

2014年04月11日

前回の記事とコメントにありますように、
何処からかのブログスパム攻撃に晒されて、
童子のITコンサルタント力量では太刀打ちできず、
被害が一層深刻な状態に陥っておりました。

新記事の英字タイトルなんかでは、おぼつかず、
過去のタイトルも全て英字に変える語学力も手間暇もなく、しかも、
敵は、大文字のフォント使用など新手の手管も交えて攻撃を仕掛け、
以前にもまして大量なスパムに手を焼いておりました。

ご支援頂いている方々には申し訳けないのですが、
止む無く、一旦、コメントは画像認証方式を導入させていただきます。
煩わしくて申し訳けございませんが、
画像に現れる認証用文字を入力して頂くようお願いいたします。


話は変わりますが、先日仰天するようなニュース記事に出くわしました。
目に止まった方もいらっしゃるかもしれませんが、こういう内容です。

50代男性が同僚と飲んで泥酔し、JR九州のとある駅の線路内で寝てしまい、
6時間後に目を覚ましたら、片足が回送電車に轢かれて切断されていたという事故です。
気丈にも、その方は自分の携帯電話で
「左足を切断したので救急車をお願いします。」
と119番して、救急車で搬送されたとの事でした。

命に別条はなかったご様子ですが、ご本人のみならず、
家族や同僚の方は、さぞかしビックリされた事でしょう。
あまりの豪傑ぶりに、さすが九州男児などと言えば、やっぱり顰蹙ものでしょうが、
酔ってたとはいえ痛みを感じなかったのかと、状況を想像して童子は蒼ざめてしまいました。


かくいう童子は、酔っ払って寝込んで電車や車に轢かれたことは流石にありませんが、
実は、泥酔の揚句、寝入ってしまい、起きたら、ええーっという失敗は山ほどあるのですね。
これだけで、数十篇の記事が書けそうですが。。。


その1。(その2に続くかどうかは、あまりにアホらしいので今のところ不明ですが。)

童子は、十数年前から白髪が多くなり、最初は理髪店で染めてもらってましたが、
一人暮らしを始めた時、ドラッグストアでビゲンの白髪染めを購入し
自宅で安価に染めるようになりました。

5分位で洗い流してしまわないといけないのですが、
酔っ払って染髪液を頭に塗りたくったのは良いのですが、
ある日、そのまま寝込んでしまったのです。

翌日起きると、枕やシーツが真っ黒に染色されていました。
当然、髪も異様に真っ黒です。浴室で洗い流して会社に行きましたが、
頭皮がやけにヒリヒリとするのです。

帰宅して、再度洗髪すれどヒリヒリ感は取れず、
いつもの痛み止めの25度寶焼酎を呷ってまた就寝です。
次の日、起きると今度は枕がぐっしょりと湿っているではありませんか。
鏡で良く見れば頭皮が爛れてリンパ液か何かが分泌されておりました。

至って病院嫌いの童子は近くのマツモトキヨシで、
幼少より慣れ親しんだオロナイン軟膏を購入し塗布しました。
ベトベト状態で数日過ごしましたが、症状は酷くなっても、
一向に沈静化する傾向は見受けられません。(´・ω・`)

丁度連休に突入し、オロナイン軟膏-鎮痛剤(酒)-軟膏-鎮痛剤
のサイクルを繰り返しておりましたが、酷くなる一方で、
リンパ液で髪の毛は濡れ濡れ状態となり、外出もままならなくなって、
これは流石にいかんと思い、近辺で唯一開院していた皮膚科に駆け込みました。

近所では藪医者と評判のお医者さんからは、
「なんでこんなになるまで放置してた。髪も抜けてしまってるではないか。」
と、えらいお叱りを受けたのです。(髪の少ないのは昔から・・・(#`皿´) ムキーーーー!)
それでも、確かステドロイ系の副腎皮質薬剤をいただき、ようやく収まったのでした。

それ以降、何故か、アレルギー症状も染みついてしまったのか、
髪染めは、5分以内で終えないと頭皮に湿疹がでてまいります。
白髪染めに一旦手を染めると、染め続けなければ、どうしようもなくなるものですね。

染める物(頭髪)がなくなるまでか、
それとも、知人全員が尽くこの世から消えてしまうか、
はたまた、自分が亡くなってしまうまで染め続けるのかしらん。


とあれ、白髪を気にされている皆さま、
染髪剤を塗布したまま寝入ることは絶対に無き様ご注意ください。
誰も寝ないよね。。。(T_T)

アホな童子の代償でした。

↓同情されます方はクリックいただければ嬉しいかぎりです。



にほんブログ村

にほんブログ村

2014年04月06日

今回はアルコールの話題ではありません。
二三ヶ月前から、時折英字のコメントが入り出しました。
内容は様々で、全く断酒禁酒やアル症などとは無関係な記述。

メールアドレスも、URLも入っているので、
メールにも配信不要の返信をして見ましたが、相手先なしの偽アドレス。
無視してコメントあるたびに、しこしこと削除しておりましたが面倒くさいので、
LIVEDOORのコメント設定を見つけて、”全文英字のコメントを拒否”する設定にしました。

数日、この手のコメントが陰を潜めていたので
功を奏したかと、ほくそ笑んでおりましたが、
さにあらず、敵は兵(つわもの)でありました。糠喜びでありまする。(((( ;゚д゚)))

昨日から本日にかけ、なんと10通ものコメントの嵐。
まさにブログスパムの攻撃であります。
コメント内容を見れば、全文英語ではなく、なんと本文の一部に
記事のタイトル(当然日本語)を埋め込んでおりました。

いやっー、敵もあっぱれ。あっぱれ。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
しかし、てっきり、機械的なランダムなスパムと思っておりましたが、
なにやら人為的な悪意も幾分か感じますね。

何のメリットがあるのか存じませんが、暇人なのか、
或いは、URLにフィッシングが仕込まれていて他の狙いがあるのか
試して見る気も起こりませんが。

しかし、何故、童子のブログなぞに。。。
個人攻撃であれば、ブログで批判した某国営放送の会長や企業団体の広報部門からの嫌がらせか。
いや、もしかして、秘かにアル中民族の殲滅を画策しているネオナチかKKKなんかの手先とか。
そうなら、他の断酒禁酒、アル症のメンバーのブログにも来るはずだが。
ウ~ム。(ー_ー;)。o O

どちらにせよ、断酒を誓って健気に書きしたためている他人のブログに、
余計なおせっかいは止めて欲しいものですね。

今回は、童子は、経済アナリスト、社会学者への変身では対応が難しいため、
情報セキュリティ・コンサルタントと化す必要があります。

「自分の記事のタイトルも英字にすればいいじゃん!」
と、早速コンサルタントになった童子は、迷案を思いつきますが、
そうは問屋は卸してはくれないでしょうねえ。( ̄‥ ̄)

とはいえ、それほどのITノウハウがあるわけでもなく、今から調べては見ますが、
他にも同じスパム攻撃に遭っているメンバーはいらっしゃりませんか?
このブログは、タイトルにあるように、『断酒闘争』を目的としており、
『スパム闘争』を目的とするものではありませんので。。。(´・ω・`)


↓同情されます御同輩は、クリック頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村