2014年01月

2014年01月29日

数年前のことである。
童子は酔っ払って、上海で二度公安(警察のこと)のパトカーを呼んだことがある。
断っておきますが、呼ばれたのではなく、呼んだのでありますぞ。( ̄▽ ̄;)

その一度目の話です。
その晩も、仕事帰りに友人達と日本人向けのスナックで管を巻いており
12時くらいにホテルに辿り着きました。
ホテルは、当時の定宿で、虹橋路にある、すこし古いが、
国際コンベンションも開催されるほどの由緒あるホテルでありました。

しかし、そんなホテルにもかかわらず、
数日前から、夜遅く訳のわからない(訳はわかっているが)電話があり、
前夜も遅い電話で起こされ、やたら眠く不機嫌でありました。

フロントでキーを受け取り、宿泊している部屋に戻ります。
ドアを開けたとたんに、部屋の電話が鳴り始めた。
受話器を上げる。
「もしもし。こんばんわ。フルーツはいかがですか?」
「buyao(不要)。No thank you!」
ガシャリと受話器を切る。

その瞬間、童子の頭の中でプツリと脈絡したものがありました。
こいつら、つるんでやがる!(`・д・´)

スケベそうな?日本人(欧米人も?)がホテルに戻ってきたら、
すかさず、フロントの誰かから部屋番号を売春組織の連絡役に通知する。
連絡役は、部屋に着く時間を見計らいターゲットの部屋に電話する。
売春組織はホテルの近くか、ホテル内の何所かに居る。
そうに違いない。絶対そうだ!

童子の頭の中で、数日前からのタイミングの良い電話が全て結びついた。
と同時に、ホテル内の密通者に凄まじい怒りが込み上げて来た。
酒が随分と入っているから、たちまち熱血漢の出来上がりである。(#`皿´) ムキーーーー!
足は大股で躊躇わずにフロントに向かう。

フロントに男性従業員が3名プラプラしていた。
当然、全員中国人である。このホテルには唯一いる、
女性の日本人スタッフは見当たらない。
時間も遅いから既に帰宅したのであろう。

童子は、従業員の一人を捕まえて、
「おまえら売春組織に部屋番号を教えたろう。」
つたない英語で確認する。
勿論、とぼけた顔で何をいってるか解らない、という風に相手にもしない。

その態度に熱血漢に変身してしまった童子は切れてしまいます。(゚皿゚メ)
ホテルのフロントデスクに持っていたキーのフォールダーを叩きつけた。
驚くほど大きい音がし、従業員は血相を変える。

「警察を呼べ!(日本語)」通じない。
「Call the police!」
相手にもする気配はない。
「Call your manager! CALL THE POLICE!」
叫びながらデスクをガンガンと叩き続ける。

ホテルに戻ってきた欧米人の中年夫妻が、
変なジャップが何か叫んでるぞ、とでも言いたげに、
横目で童子を一瞥しキーを受け取ると、
大袈裟なジェスチャーをして、足早に部屋に戻っていく。

ようやく夜間のマネージャーらしき中国人が出てきた。
童子は無言でフロントの受話器を取り上げ、マネージャーの口元に差出して、一言
「Call the police.」  (うむ、我ながらカッコイイ(☆゚∀゚))

待つこと20分あまり。
結構早くパトカーが到着した。しかも、2台もやって来て、
ホテルのエントランスの、ど真ん前に駐車した。

ありゃー。やり過ぎたかな。(≡ω≡.)
6名くらいの警察官が降りてきた。
うち1名は、うら若い女性である。
フロントに行き、マネージャーやスタッフと話をしている。

暫くして、ロビーに座っている童子の処に、警察官達が来て取り囲む。
ひょっとして、童子が犯罪者扱いにされているのでは、
と酔っ払っている状況の悪さが頭を過る。
女性警察官が、童子に質問してきた。
英語である。国際犯罪任務の公安スタッフらしい。

童子は酔いが廻って上手く英語で受け答えできない。
ほんとは、英語がプアなだけなのだが、輪をかけて要領得ない。

女性警察官は諦めた素振りで、マネージャーに何か話す。
そうこうしてると、ホテルの日本人女性スタッフが駆けつけて来た。
もう寝ようとしていたのに呼び出されたのか、
明らかに、昼間の愛想の良い笑顔はぶっ飛んでいた。
童子は一部始終の顛末を彼女に話し、警察官に中国語で通訳してもらう。

小一時間ばかりして、調書をまとめあげたらしく、警察官らは腰を上げた。
パトカーの1台目は立ち去って行きました。

残った、習近平よりもっとヤクザ顔の公安のボスらしき人が、童子に喋りかけに来ました。
酒臭い童子を相手にしているにもかかわらず、非常に紳士的な様子でした。
童子は逆に自分が犯罪者のような気になってきて、却って恐縮してしまいました。

ホテルの女性スタッフが「結局、そういう確証はありません。」と通訳する。
最後にボスは童子に手を差出し、両手で童子の右手を握りしめ、
「謝謝(シェイシェイ)」と言って帰っていったのです。


その翌日から、童子の部屋には、
フルーツはいらないかなどという電話は一切かかって来なくなりました。
そして、その代わりに、毎晩仕事から戻れば、
部屋には立派なウエルカムフルーツが置かれておりました。

アルコホーリックでも清廉潔白たる童子の一件でした。(・◇・)ゞ

(続く)


↓できたらクリック頂ければ嬉しいかぎりです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2014年01月25日

今日は二ヶ月ぶりのクリニックの診察日でありました。
童子の住んでいる地区にはアルコール依存症専門病院がなく、
電車で3駅も乗らないと行けない不便な所だが致し方ありません。

切符を買い、プラットホームに上がると、電車はもう止まっていた。
土曜日の朝8時台の始発駅であるから、随分と空いている。
昇ってきた階段近くの扉から車内に入ろうとして驚きました。

開閉扉の傍で男が一人、床に座り込んでいるではないか。
多分べろんべろんに酔っ払っている。
薄汚い長髪で顔が見えないが、雰囲気から三十前後か。
リュックを背負って汚れた作業着風の出で立ち。
誰も気味悪がって、違う車両に移るか、遠く隔てた座席に座る。

童子は好奇心旺盛なので、扉1つ隔てた対面に座り様子を見ていた。
電車が出発して揺れた時、一瞬覚醒したようだが、また寝入る。
花金(最近のサラリーマンに、この言葉はもう遠くなった気がするが。。。)
で夜通しシコタマ飲んで、朝帰りで駅を乗り過ごしても、
まだ正体が取り戻せない状態だろう。

思い起こせば、童子も同様の状態が山ほどあったなあ。(;´Д`)
酔っ払って電車に座れば忽ち昏睡。 (v_v)  Zzz
駅員に揺り動かされて気づけば、大概は終電の終着駅。(TДT)
降りたこともない街で、公園などで朝まで時間を潰し、
始発で朝酒を呷りながら帰宅したものである。
自慢ではないが、通勤電車編では到底二度や三度の話ではありません。

新幹線編も何度かあります。一度は、東京発の新幹線で寝てしまい、
京都で降りる所が、気づいたら最終の岡山駅。
駅長さんに駅直結のホテルを紹介してもらい泊まった記憶があります。
当然、京都-岡山間の往復運賃と高いホテル代は自己負担。

いやいや、もっと酷い事もあったなと記憶を蘇らせながら、
感慨に耽っていると、目的の駅に着きました。
(もっと酷い話は、また別の機会に。。。)
対面の男はまだ寝ています。お達者でぇ~(⌒ー⌒)ノ~~~.
とクリニックに到着。

何時もの時間なので、ほぼ1番乗りでした。
本日もいつもの代わり映えしない、医師と患者の問答であろうなあ。
今日は何分で終わるか計って見ようと、待合室で腕時計を睨んで待機。

「酒天童子(ホントは本名)さん。どうぞ。」と医師の声。
「はい。」・・・タイムスタート。

ドアを開け「失礼します。」、ドアを閉めて入口すぐの椅子に腰掛ける。
「どうですか。変わったところはありませんか?」と医師。
「いえ、すこぶる順調です。」
「酒を飲みたいという気持ちは沸きませんか?」
「ほとんどなくなりました、99.9%くらい。」
「あー、そうですか。えーと、薬は1日1錠ですか?」
「だいたいそうですね。」
(これは嘘。睡眠剤をもらっているが、ほとんど飲んでない。
 ジェネリックで安いから蓄剤しているだけ。ブロチゾラム0.25mg:56錠で490円。)

「それでは、また薬をお出しするとして、
 次回は、えーと、3月××日でよろしいですか。時間もこの時間で。」
「うーんと。はい。今のところ大丈夫です。」
「それでは。今日のところは。。。」
「ありがとうございました。」と立ち上がり「失礼します。」とドアを開け待合室に出た。
腕時計を見れば、ぴっしゃり1分30秒。

そういえば、9月頃のブログで同じようなクリニックの様子を書いたなと、
思い出して昔の記事を調べると、ほぼ同じ文言であった。(; ̄Д ̄)

診察料は、1.5分で1,410円。3割負担だから・・・(計算)
ということは、この先生は、時給18万8千円かい。いい商売だねぇ~。(・∀・)

↓よろしければクリックいただれると嬉しいです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村



2014年01月21日

昨夜久しぶりに飲酒している夢を見ました。
断酒してから暫くは飲酒している夢を
時折見ていたものだが、この数か月くらいは、
全くそういった夢は出現しなくなっていたのですが。。。

場所は定かではありませんが、おそらくは大昔の生家の様子。
何処かから入手した白ワイン2本の瓶を抱えた童子がいました。
持って帰る途中、久し振りの酒の入手に動揺したのか、
あせってしまい、瓶をコンクリートの路上に落としてしまいました。
あっ!しまった。割れたか?と思わず悔しさが一瞬過ぎりましたが、
不思議と瓶は割れておらず、よかったよかった、と胸を撫で下ろしていました。

実家には、数年前に逝ってしまった親父が布団で寝ていました。
グーグーと親父が寝ていることを幸いに、こっそりとワインを呷りました。
あっという間に1本空け、2本目をと栓を抜いた瞬間、
むっくりと親父が起き上がり、
また飲んでいるのかと揶揄するようにギロリと童子を睨みました。(((( ;゚д゚)))

びっくりして、苦しい言い訳を喉から絞り出そうと
足掻いている時に、ガバッと目が覚めた次第なのです。
不思議な事に、昔飲んでいた安ワインの味がリアルで、
喉に焼けついている感覚が見事に残存しておりました。

この数カ月、ほとんど飲酒欲求を忘れているような
のどかな日々を過ごしていたのですが、やはり、
何十年間も慣れ親しんできた液体の味は、
体というか、潜在意識として脳味噌に刷り込まれているのでしょうね。

考えてみれば、飲み始めてこのかた数十年(A年とする)、
その間の酒浸り稼働率はB%、平均して日本酒換算で1日C合、
平均アルコール度数D%と仮定すると、
被爆アルコール量=A*365*(B/100)*(180*C)*(D/100)
などとEXCELシートで推定シュミレーション計算してみれば、
おそらくエチルアルコールで2トン。。。w(゚o゚)w オオー!
とんでもない量を浴びた計算になります。

これでは、断酒10か月やそこらでは、
やはり断酒できたとは、とても言えないのだなあと、
改めてアルコール依存症の病気のしつこさを再認識した
童子でありました。

皆の衆。ゆめゆめ気を許すでないぞ。(・◇・)ゞ


↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。



にほんブログ村

にほんブログ村


2014年01月18日

まだ童子がうら若き日のある夜の事でした。
京都の京阪三条近く。自分の車を走らせておりました。
知人宅で、夕食を呼ばれ帰宅途中でした。
当然ながらアルコールも多少は入っております。
その頃は今だから言えますが、酒気帯び運転の常習者でございました。(´・ω・`)

当時は市電や京阪電車が路面を走っており、
特に東山から川端に到る三条通り界隈は狭く走りづらかった記憶があります。
その三条京阪にべラミという当時の京都では有名な高級ナイトクラブがありました。
勿論童子などは、一度もそういう処には行ったことはありません。

童子の運転する車の前方、そのベラミの前あたりに数台の高級車が路上駐車していました。
なかでも一際大きな白色の外車(たぶん、昔のキャデラック風アメ車)が
堂々と大きく路上にはみ出して止めてありました。

当時の京都は路上駐車の取り締まりは、そう厳格ではなかったような気がします。
童子も、河原町通り三条下るあたりに堂々と駐車して、
近くのロック喫茶で一杯引っ掛ける程度の事は平気でやっておりました。

確か、その時、後方から京阪電車が迫っており、やり過ごすか迷いましたが、
エエイ行ってしまえとアクセルを踏み、その外車の脇をスレスレの間隔で、
通り過ぎようとしたとき、ゴン!と大きい音がしました。アイタ!Σ(・ω・ノ)ノ
童子のバンパーで外車の側面あたりを引っ掛けてしまったようでした。

擦ってしまったかなあと思った時、
「ウリャアー!」「オンドリャー!」「待たんかい!」(゚皿゚メ)
とかなんとか、後方で怒鳴り叫ぶ声が聞こえました。
およそ堅気の人には見えない風貌の方がバックミラーに映っておりました。Σ(´д`;)

童子は瞬間、意を決っしました。
やばい、逃げろ!君子危うきに近寄らず。(^-^;)
猛スピードで、混雑している三条京阪近辺から遠ざかりました。
どちらの方へどう走ったのかは気が動転して覚えておりません。

数日間は、ナンバーを見られたかも知れないと気が気ではありませんでした。
それらしき人影がないか、常にアパートの周辺は警戒し注意してました。
1週間、2週間びくびくしていましたが、何事も起こらず、
平和な日々の経過とともに、そのうちに忘却してしまっておりました。


ところがその数ヵ月後、マスコミを賑わす大きな事件が報道されたのです。
神戸の山口組の田岡組長が、行きつけであった京都三条「べラミ」で歓談中に、
対抗していた組の一組員から銃撃されるという事件が発生したのです。
幸い田岡組長は、首を貫通する大怪我を負ったものの一命は取り留めました。

田岡組長は、全治2ヶ月の重傷から退院した後、
「ベラミ」のママと社員を料亭へ呼び、迷惑を掛けたと謝罪した上で
「自分を含めて組関係者は今後一切ベラミには入らない」と約束した。
「ベラミ」はその後も営業を続けて繁盛したが、
経営の中心だったママの死により閉店したという。(Wiki引用)


しかし、狙撃した組員は2ヵ月後に六甲山山中で凄惨な死体で発見されます。
その殺害した真犯人はわからないまま公訴時効を迎えたようです。
この事件は世間に反響を呼び、その後、小説化や映画化がなされています。

事件の記事を見たときの童子の震え上がりようたらありませんでした、
下手をしたら童子も六甲山で発見されとったんかも知れんなあ、と
その時は冷や汗たらりたらりで生きた心地も。。。。(; ̄Д ̄)
思い出したら今でも、ブルブルブルですね。

童子の件も、いよいよ時効と思われるので自供いたしました。
当時のキャデラックの所有者の方。
覚えておられたらですが、どうもあいすみませんでした。
後生だから堪忍ね!(☆゚∀゚)


アル症であろうとなかろうと、飲んだら絶対にハンドルを握ってはいけません。
そして、事故っても、絶対に逃げるような事をしてはいけません。
素直に誠意を見せて謝りましょう。 できるかな。φ(.. )
説得力なし!( ̄▽ ̄;)!!ガーン


↓できましたら、クリック頂くと嬉しいです。



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2014年01月15日

今年になって、昨年挫折したジョギングを再開しました。
昨年は、確か5月頃に思いついて走り始めましたが、
いつもの童子の三日坊主癖で敢え無く終わってしまいました。

幼少の頃より、童子はコツコツと継続する物が苦手でした。
学校の試験も、普段は遊び呆けて、ほとんどが一夜漬けでした。
それでも何とか凌いできましたが、成人してアル症の傾向が出てくるや、
何もかもが三日坊主状態で、継続して成果を上げる業は見当たりません。

スポーツでは、テニス、スキー、ゴルフ、ヨット、射撃、乗馬 ・・・
趣味では、カメラ、天体観測、ギター、書道、絵画、英会話、中国語 ・・・
などなど、好奇心だけは旺盛なる童子は、思いついたものは、
何でも手はすぐに出してみるのですが、飽き性で持続性に乏しく、
何一つとして物になったものはありません。

唯一見事に継続できた物は、飲酒の術だけであります。
これだけは、コツコツとへこたれる事なく、飽きる事なく、
誰に揶揄されようが、黙々と日夜精進してきたのです。
お蔭で立派にアル中専門病院の門戸を叩く程の大物になりました。(; ̄Д ̄)アホ!

そういう童子が再度ジョギングに挑戦するのは、
理由は、一つ。単なるケチ性だからです。

実は年末、田舎から結婚式の招待状が届きました。
二月に甥の結婚式・披露宴があるとの事。
数少ない身内である叔父である以上、出席せねばなりません。

もしやと思い、数年前に買った礼服を念の為に取り出してみました。
ガーン!!w(゚o゚)w オオー!
な、な、なんと、ズボンのチャックが全く上がらないではありませんか。Σ(´д`;)
腹の肉が見事にはみ出して、おそらくはウエストは5㎝、体重にして5kg程の
減量が必要であると推測されました。
何時の間にか、酒呑童子から、完全なメタボ童子に変身していたのです。

断酒して以来、アルコールの糖分欠如を補うが如く、妙に甘党になり、
チョコレートやアイスクリームやマシュマロや大福や羊羹などに、
嗜好が変化してしまったせいでしょう。
体重を測ることが半分怖く、風呂場にある電子体重計の存在を
暫くの間、無視してきた結果が暴露されたのです。(; ̄Д ̄)


しかし童子は節約家の本領を発揮します。
まだ、1・2回しか着ていない礼服を買い直すのはアホらしい。
根がドケチで、最近エコロジーな感覚に目覚めている童子は、
なんとか服に自分を合わせるという手段を選びました。

年初2日目に、思い立って、トレーニングを開始します。 
長年の怠惰な生活が祟り、颯爽と走ることなどできません。
ペンギンがよたよた歩くに等しい仕草しかできず、
人目のある場所では恥ずかして走れません。(´・ω・`)

朝の5時に起床し、まだ暗い闇の中を、人目につかぬ場所を選んで走り出します。
よたよたですが、苦しい5分、10分、20分を過ぎれば、
なんと、v( ̄∇ ̄)v70分まで継続走行できたのです。
実に年初より、三日坊主をクリアして、5日も走れております。

いったい、何時まで継続できるのか?
果たして減量に成功し、目出度く礼服を着こなして結婚式に参列できるか?
乞うご期待!です。(´∀`*)


↓できましたら、エールのつもりでクリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村