2013年12月

2013年12月28日

安倍総理の靖国神社参拝で海外から顰蹙を買っている云々のニュースで
8年前の事件を思い出しました。
忘れもしない2005年4月16日。(実は、Wikiで確認(´∀`*))
童子は仕事で上海に長期出張をしていました。当時はFビザ滞在です。
これまた、当時の小泉首相の靖国参拝で、中国の都市で抗日デモが発生したのです。

16日の午前中に、上海郊外の勤務地に出勤していた童子たちに会社から通知が入りました。
抗日デモがとんでもない規模で予定されている情報が入ったので、
日本人出張者はただちにホテルに戻る事。
指示があるまで、ホテルから一歩も出ない事、というお達しでした。
確か、会社の車は却って眼を付けられ危険なので、タクシーで帰れと言われた記憶があります。

童子は怖いというよりも、これで昼から飲めるぞ。状況が鎮静化するまで、しこたま飲めるなあ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
と喜び勇みホテルに戻ったものでした。
当時のホテルは、静安寺隣の上海賓館という4星クラスの高層階に陣取っておりました。
まだまだ、会社に当時は金があったのですね。

一旦、ホテルに戻り、一人酒宴のための買出しに出掛けます。
よれよれの普段着に着替え、青島ビールを2本ほど引っ掛けて、
近くのスーパーに向かいます。

ホテルから出るな、という事でしたが、
童子は昔から韓国に行っても中国人に間違われ、
中国でも現地人に間違われ、中国人から道を尋ねられる程、ローカライズしてたため、
声を発しない限り日本人には見えない自信がありました。(⌒-⌒)

しこたま、ビールと白酒と肴を買出しホテルに戻ります。
当時は安かった。ビール1本、3元もしなかった記憶があります。
途中、道々で公安(警察のこと)の動きが普通でない事に気づきます。
何かヤバそうな雰囲気だなあと、一杯入って楽天的な童子も不安になります。

ホテルに着くと、前の路上でおっさんが雑貨を並べて行商をやってました。
ふと、ある品物が眼に留まります。

「U.S.Army」と印字された直径2cm強、長さ40cm弱の金属棒です。
これが、実は仕込み杖のように、強く引っ張ると刃身が抜けて現れ、
両端を接合すれば、長さ60cmほどの中刀に変身する代物だったのです。
勿論、贋作ではありますが、作りはしっかりとして殺傷能力も場合によっては、
ありそうでした。

ホテルには公安が怪しい雰囲気で警戒していたので、万一ホテルの襲撃でもあって、
公安が突破されれば、自分で防衛するしかないのかな。
威嚇するくらいの役には立ちそうだなあ。
などと考えて、「U.S.Army」を30元まで値切り倒して買うのでした。

部屋に入り白酒をやり出します。酔っ払ってくれば、恐怖心など微塵もなくなって、
会社の指示など何処えやらで、こっそりホテルを抜け出し宵の街へと消えて行きます。
しかし、日本人相手の飲み屋は看板の灯が消えてどこも開いてません。(TДT)

念のため持っていた飲み屋の名刺に電話してみます。
なんと、営業していたのです。表の電気は消してシャッターも閉めて
常連さん向けにひっそりと営業してました。
裏口から入って、「まっ、こんな夜も風流でいいもんだね。」
などと呟きながら酔っ払っていきました。

次の朝、ホテル近くの、目立つ通りにある日本料理屋やスナックなどは、
ボコボコに遣られておりました。お気の毒です。
童子の屯していた店は幸い無事でした。(⌒?⌒)

それから暫くして、Fビザが切れて一旦日本に帰る事になりました。
当然、いつもの如く、空港に着くまでに既に酩酊に近い状態でしたが、
機中で資料か何かを取り出そうとバッグを開けて仰天したのです。
な、な、なんと、預かり荷物のスーツケースに入れた筈の「U.S.Army」が、
手荷物のバッグの底に横たわっているではありませんか。

よくも手荷物検査で引っかからなかったもんだ。(ヒャー(((( ;゚д゚))))
ヤバイヤバイ。(≡ω≡.)こんなもんが機中で見つかったら、どえらい事になる。
周囲をこっそりと見渡して、再び鞄の底にしまいこむと、冷や汗たらりたらりです。(; ̄Д ̄)
酒の酔いも吹っ飛んで、関空を一歩出るまでは緊張でコチコチ状態でした。

手荷物検査官も二日酔いで見逃したのだろうかなあ、
などと不思議に思いながらも胸を撫で下ろす8年前の童子でした。(´・ω・`)

↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013年12月25日

今日で断酒300日目を迎えました。
奇しくもクリスマス。
街中のクリスマスムード一色の中、秘かな感傷に浸っておりました。
たかだか300日ですが、思えば長い道程であるようで、案外短いような、複雑な心境ですが、
自分から自分へのクリスマス・プレゼントと思う事にしました。


巷では忘年会が盛んな時分ですが、
最近の会社では、そういう悪しき良き(?)日の風習も
希薄になりつつある所も多くなったようで、
断酒を志す身にはありがたい環境です。(⌒-⌒)

断酒したての数か月は、とにかく1年半頑張って見よう。
断酒が継続できて、人生のリベンジの目的が達成し、
死の覚悟ができたなら、断酒は終わりにして、
飲み明かして死んでしまってもいいや。
などと考えていましたが、今は少し趣が変わってきました。

断酒している事の心地よさが、通常化してしまったのか、
ブログに過去の酒害の棚卸を書き続ける事によって、
アル症の具合の悪さが意識下に刻み込まれたのか、
さしたる飲酒欲求はなくなってしまってます。

断酒するという事の人生に対する価値観が芽生えてきたようです。
断酒は、その価値が本身になって理解できるようにならないと、
本当は難しいように思います。

とはいえ、まだまだ1年も経過していない身で、偉そうな事は言えません。(´・ω・`)
1年、1年半、2年、3年、5年と死ぬまで続けよう。
と思いを新たにする童子でした。(・◇・)ゞ


とりあえず、断酒を志す諸氏と自分に Merry Xmas!



↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

2013年12月21日

『暴風雨下でのアル中』の記事にある、1回目の転職した会社の時代の話です。
転職後、数年して童子も課長に出世していました。部下も十人程度の所帯です。
ところが、依存症とまでは行かないが大酒飲みの部下が3名も居ました。(類は友を呼ぶ?)
木屋町・河原町界隈を、4人で連んで、よく飲み歩いたものである。

ある日、その飲兵衛部下2名を連れて、山梨県の工場まで出張と相なりました。
童子は、二三度その工場へ行った経験があったが、部下は初めてである。
新幹線を三島で降りてバスに載り、御殿場経由で富士吉田市まで2時間ばかり掛かる道程である。

会社を昼過ぎに出て、京都駅から新幹線に乗る。当然、ビールで乾杯が始まる。
その日、童子は、昨夜の深酒でお腹の調子が優れなかった。
新幹線のトイレに何度か走る。それでも、メゲル事なく乾杯は続く。

夕方になって、三島に着きます。当時の路線バスにはトイレは無かった。
童子は最悪の事態を想定した。途中で腹具合が悪くなったらどうしよう。
バスを止める事にでもなったら、えらく格好悪いしな~。(´・ω・`)

駅前のトヨタレンタカーが眼に留まる。
「よっしゃ!車で行こう!」(☆゚∀゚)
一番ビール摂取量が少ない部下(仮にA)にレンタカーを借りに行かせた。
もう一人の部下(B)と童子は、アルコール臭がするのを警戒し店には入らない。

Aがカローラを借りて来た。道路地図も装備してある。
(ただ、ほとんど地図は意味を成さなかったのである。)
トイレのないバスでなかったら、もうこっちのもんだとばかりに喜び勇み、
早速、ビールやワンカップやツマミなどを駅前で、しこたま調達し出発である。

酔いの少ないAに運転を、Bには助手席でナビゲーターを命じた。
これが、まずかった。後で判明するのだが、Bは”地図が読めない男”だったのだ。
おまけに、Bもワンカップを遣り始めた。
童子も後部座席に寝転がってワンカップを呷っていた。

最初の失敗は、三島から出発し暫く経ってから発生した。
Bが、もう着きましたよと言う。
そんなはずはない。まだ3-40分しか経っていない。こんなに早く着く筈がない。
ゆっくりと座席から起き上がった。
な、な、なんと富士市ではないか。富士吉田市ではない!(((( ;゚д゚)))

我等の目的地は富士吉田市である。
Bは富士吉田も富士市も違いが解らず、富士市の方向標識を勘違いしたのである。
全く方向が逆である。富士山を逆時計回りに行くべきところを、
時計回りに進んだ事になる。アイヤー!( ̄▽ ̄;)!!ガーン

引き返すのも馬鹿馬鹿しいし、そのまま逆回りで行くことにした。
どうせ急ぐ用もない事だし。Aには気の毒だが、ゆっくり飲みながら行くか。
と思ったが、実はAもハンドル片手にビールをちびちび飲っていたのだ。

2月の真冬の季節だったが、京都も三島もよく晴れていた。

富士市から、ひたすら北へ北へと向かう。
上九一色村の標識を横目にして更に進む。
当時、××真理教のサティアンが建設されていた所である。
とっぷりと日が暮れてきた。街灯もまばらとなった。

突然Bが方向がよくわからなくなったと叫ぶ。呂律が既に怪しい。
後部座席から起き上がって見れば、あたりは一面樹海。
有名な青木ヶ原に入ったと思った。
「とにかく進んで見よう。誰かに尋ねればよい。」

ところが、道を尋ね様にも民家も何もない。車も通らなくなった。
ようやく、停車している軽トラを見つけ、農家のオジサン風の人に尋ねる。
やっぱり、方向違い。オジサンに教えられた方向へ行く。
しかし、行けども行けども真っ暗闇だ。車にも出会わない。おかしい。騙されたんでは。

雪が激しく舞ってきた。気温が急激に下がる。
我慢していた尿意が突然突き上げて来た。。・゚(゚`Д)゙
便意でなかったのが幸いであった。

仕方なく樹海の中で車を止めた。
外へ出る。寒い!
車から離れた道路脇で立ち××(失礼!)だ。
道路脇の目の前は、すぐに樹海である。

チャックを下ろし、いざと構えた瞬間、以前テレビで見た
青木ヶ原樹海の番組が脳裏を掠める。
「一歩踏み入れたら二度と戻れない。自殺者の亡骸が毎年何体も
地元の消防や警察の一斉捜索で見つかる所。」

ぶるぶるぶる。眼を凝らすと、雪を被った樹々が人影にも見えるではないか。
ホントに人影だったらどうしよう。う。う。用を足さずに走って車に戻った。
ABに「お前らも付き合え」と引きずり出し、全員横並びで樹海に立ち向かった。
しかし気弱な三名は、皆、目を瞑って用を足したのである。

樹海から細長い青白い手がひょろひょろ伸びて来て、一物(放送禁止語?)
を奪われやしまいかと、一刻も早く放尿を切り上げようと力むのだが、
ビールとワンカップの排出は、なかなか手間取るのであった。

そうこうして何度も迷った挙句、ようやく宿に辿り着いたのは、既に夜半であった。
バスだったら2時間の所を、四五時間もかかったのを記憶している。
アル症寸前の飲兵衛道中は、まっ、こんなものです。
それにしても、ホントに怖い立ち××でした。ぶるぶる。(; ̄Д ̄)

ナビゲーターも携帯電話もない古き良き時代の出来事です。

↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013年12月15日

昨日、1年ぶりの人間ドックに行ってまいりました。
ここ数年、毎年通っているクリニックです。

以前、飲んでた時分は、人間ドックが憂鬱なイベントの一つでありました。
必ず肝臓の数値がよろしくなく、会社の健康管理室などから呼び出しがあり、
酒を控えるように説教じみた事を言われるからです。

童子は酒が原因となる転職の経験が数回ありますが、会社によっても様々で、
まったく社員の健康管理に無頓着な会社もあれば、
有難迷惑なほど親身に指導してくれる健康管理士さんの居るところも。(T_T)

まだ、依存症が初期の段階では、人間ドックの2週間前から殆ど断酒したりして、
肝臓の数字を良くしようと努力したものです。
ただ、2週間では、それほどの改善効果もなかったでしょうが、
それでも、まだ、良く見せようという意識と気力がありました。

年々依存症の度合いが高まると、人間ドックの受診日を何度も先延ばしをしては、
節酒する期間を作ろうと、明日から節酒、明日から節酒などと
言っているうちに、会社のドック期間の最後となりタイムアウト。

依存症も末期になってくれば、開き直り状態となってしまい、
どうせ1日2日飲まんかっても変わりはせんわい!(゚皿゚メ)
と、診察前日の夜半まで飲んだくれて、酒臭い二日酔い状態で、
ドックへ出かけて行き顰蹙を買ったものです。φ(.. )

あらゆる身体部分がボロボロとなっていました。
以前のブログ記事『幻の肝炎』で書いたとおり、
γ-GTPの最高が4000を超えた時期でした。

そんな頃と比較して、9ヶ月以上の断酒を継続している身でありますから、
今回の結果は、きっと良いはずです。
期待しまくって、童子は最後の医師面接に臨みました。
やったー!v( ̄∇ ̄)v 
γ-GTP:28,GOT:15!!という数値で肝臓面では頗る優等生となっていました。

ただし、酒を止めてからというもの、女子高生並みの甘党となり、体重がめきめき増えてきて、
これはイカンとダイエットを目指してジョギングを始めたものの、
根っからの三日坊主で継続できてないのが祟ったのか、
高血圧、高尿酸を指摘され、厳しく食生活の改善を指導されました。(;´Д`)

そういえば最近、甘党だけではなく、”肉食老年”になっていた気配もあるからなあ。
300gのステーキや、400gのハムを1晩でぺろりと平らげたり。(´・ω・`)
そろそろ歳も歳だし、草食男子に鞍替えする時期に来たんかのう。
まだまだ修業が足りんのじゃのう、と淋しげに呟く童子でした。


↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013年12月08日

他のブログ記事でも紹介されておりますが、
昨日の新聞記事で、飲酒依存症対策法が国会で全会一致で可決・成立したことを知りました。

一体どういう法律なのか、童子はえらく興味を覚えました。
もしや、1900年前半の悪法といわれたアメリカの禁酒法みたいに製造・販売を禁止されるのか。
そうなると、キリンやアサヒも倒産し、社会問題となり、そこまではあり得ない。
ましてや、全会一致で可決される筈はない。

となると、タスポのアルコール版が出て、医療機関でアル症でないと認定された者でないと、
購入カードが発行してもらえない、とか。
あるいは、依存症と認定されたら、その場で強制的に問答無用で施設送りになったり、とか。(((( ;゚д゚)))
断酒して寛解していたとしても、過去に遡及して問題飲酒経歴を調査断罪され、
それなりのお咎めを喰らうとか。Σ(=゚ω゚=;)
依存症者に酒を薦めたものも、供与罪に問われたり。
そこまではなくとも、酒製造メーカーのCMが規制されたり。


などなどアホな想像を掻きたてながら調べてみると、正確には「アルコール健康障害対策基本法」と称し、
飲酒が引き起こす健康障害への対策や依存症患者の支援充実を目的としているそうです。
アルコールの多量摂取などによる健康障害が、暴力、虐待、飲酒運転、
自殺などの社会問題と密接に関わるとした上で、政府に対し、
不適切な飲酒を防ぐための基本計画の策定を義務付けているという内容です。

では、具体的にはどうなるのか?

ネットで辿り着いたのは、アル法ネット(http://alhonet.jp/)というサイトです。


第一章 総則
 
(目的)
第一条 この法律は、酒類が国民の生活に豊かさと潤いを与えるものであるとともに、
酒類に関する伝統と文化が国民の生活に深く浸透している一方で、
不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となり、アルコール健康障害は、
本人の健康の問題であるのみならず、その家族への深刻な影響や重大な社会問題を生じさせる
危険性が高いことに鑑み、.......

から始まり、長々と文言が綴られております。
が、具体的な施策はなく、概要骨子のみで、まだまだこれからといった所みたいです。
だから、利害関係がないことで、全会一致で決まるような代物なのですね。
まあWHOなどの指導もあって、アルコール事情に遅れていた日本も
ようやく動き出したかな、ってことなのでしょう。

ただ、童子にとっては、今となっては、すでに時や遅し。(; ̄Д ̄)
40年前に制定して欲しかったものです。
まっ、次の世代のアル症の悲劇を低減させることに期待しましょう。
と、いう具合に納得する童子でした。(≡ω≡.)


↓よろしければ、クリック頂ければ嬉しいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村