2016年10月27日

先週の日曜日の事。
とある田舎町の道路沿いで見かけた光景。

時刻は、午後4時半を少し回ったあたり。
一車線しかない国道の、やたら狭い歩道を、
ふらつきながら歩いている男の後ろ姿。

足元は素足で踵の擦り減ったサンダル。
風体は、ホームレスとまでは行かないまでも、
おそらくそのまま寝てる様子のよれよれの衣服。

見れば、大事そうに片手にビニール袋ひとつ。
中には1.8ℓの紙パック入りの安酒(多分)1本だけ。

年の頃、40後半から50歳前後の中年男。
よろけながらも、前かがみで家路を急ぐ姿。
近くの常連の酒屋から自宅に戻るのであろう。

住居は、おそらく家賃4万円以下の安アパート。
勿論、家族とは離散していて”悠悠”の一人住まい。
30m2もない1DKの畳間には、布団が敷きっぱなし。
1年中、電気炬燵の台が、その布団の上に。

狭い台所のシンクには、洗ってない食器や鍋が、
手が付けられない程、うず高く積みあがっている。
その下には、もう何日も前から回収に出してない
既に臭気を放つゴミ袋があふれるほど。

・・・・


通り過ぎる車の助手席から一瞥した光景であり、
酒パック片手の後ろ姿しか見えてないのだが、
童子は、過去の我が身の記憶がフラッシュバックして、
超能力透視者の如く、勝手に男の状況を推測するのでした。( ・Д・)

たぶん、今しがた目覚めたばかりであろう。
昨日も、しこたま飲んでおり、朝酒をやってまた寝込んだ。
そうすれば、だいたい夕刻の此の時間に目覚めるものだ。
そして、濁った頭に湧いて来るのは、再び飲酒の渇望感。

家の中に散らばった酒瓶や紙パック達は、
悉く空っぽの腑抜けになっていて、
仕方なく、また新しい酒を買い出しに行く。
そういうサイクルが綿綿と続いてゆく。

連酒の揚句、日曜日の夕刻の早い時間から、
再び酔い潰れるまで飲み始める訳だから、
月曜日の朝に、まともに起きられる筈がない。

起きたとしても、どえらい二日酔いの具合の悪さを克服するには、
朝酒という妙薬しかないのである。
仕事に付いていれば、嘘空の用件を考え出しては、
勇気を振り絞って仕事休みの連絡をするだけである。

休みの連絡さえ仕事先の同僚か部下(上司でなく)に入れておけば、
後はアルコール依存の輩の晴れての天下なのである。
趣くままに、また1日、たっぷりと飲めるのだ。

こういうサイクルが断ち切れなくなった時が、
まさに、『連続飲酒発作』の入り口なのである。
もう、絶対に自分の力では這い出せない蟻地獄。Σ(´д`;)


過去の数々の事件や事故を、
断酒ブログの遅筆により忘れかけていたのであるが、
この路上の男の光景がトリガーとなって、
連続飲酒発作時期の何故か至福にも映る情景を、
半分懐かしげに、半分は自省的に、次々に思い出していた。φ(.. )


しかし、もうあの道へは戻れない。
甘美な陶酔へ誘う囁きが、脳裏の奥底から聞こえてくることもあるが、
誘いに乗れば待つのは確実に死への道。
いや、まだまだ屈服はできないのである。(・◇・)ゞ

淋し気な男の後ろ姿を追い抜いた車の助手席で、
哀愁を覚えた数十秒間の回想録でありました。(´・ω・`)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村