2013年03月17日

休日の夕方、暗くなりかけると、むしょうに寂しさを感じる時間帯です。
たしか35歳を過ぎた頃から、この得体の知れない寂漠感に憑かれて、
どうにも耐え切れなくなって、アルコールに逃げ込んでいた。
妻子はあっても(当時の)、漠然とした人生への不安と寂しさを感じていた。
歳を重ねた現在も何も変わらない。黄昏時は堪らなくなる時がままある。

今回は、何とか持ちこたえている。
今日で17日目。

頑張れ!と自分を励ます。
アルコール依存症は、他人の励ましは意味を持たずに、却って、うざい事もある。
自分の励ましのみが唯一意味がある。
人により異なるでしょうが、少なくとも自分はそのようだ。

ブログを書いていると、少しは気が紛れて来た。

仲間の皆さん。がんばろう!(*^・ェ・)ノ



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村