2018年03月30日

タイの話の続編です。
前々回の、バンコク市内まで社用車で出掛けた話の時刻まで遡り戻ります。

市街は渋滞を極め、のろのろ運転で気分が優れなかった童子であるが、
タニヤのあたりで車から降りると、ようやくアルコールを浴びる事ができると思えば、
少しは気分が晴れてきました。

日本人向けの店が立ち並ぶストリートで、
二谷英明(本名は失念)部長に案内されて着いたのは、
カンバンが『築地』という和食割烹のような店。

メニューの価格には、時価という文字が多く並ぶ。
それもその筈、その店の売りは、
東京築地市場で仕入れたネタを、
航空機で店まで直送しているのだそうな。

そりゃあ、時価になるわな。
結構な値段になるのだろうね。でも知りません。
まだ日本列島がバブルの弾ける前の時代。
接待費などの会社の経費は湯水のように使えた時代。

童子と同僚は、普段は食さない高級食材を鱈腹いただき、
日本酒も越乃寒梅なんぞの銘柄を指名して、大満足であった。(´∀`)

そうか。
築地から豊洲に移転したら、あの店も看板も替えることになるのかな。
しかし、『豊洲』のカンバンでは、何かちょっと淋しいねえ。φ(.. )


さて、一段落して『築地』を出ると、二谷英明部長は、
夜の帳の降りたパッポンという歓楽街へ、
いかにも馴れた様子で、童子達を案内する。


二軒目は、あの手の(今でいうニューハーフ)店はどうですか、
という誘いを断り、普通の健全な(?)バーにしてもらった。
ビルの最上階にあった高級そうな趣味のよい店で、
女性スタッフが、「サワディー」と言って迎えてくれたのを思い出した。

前夜、ヤモリと毒蛇(その後、ベッド下の気配はなく正体不明のまま)
と一夜を過ごした童子は、鬱憤を晴らすかのように飲みまくるのでした。

昨夜の事件があったので、現地法人は気を利かせてくれて、
宿を変更して、市内のホテルに荷物ごと移動させてくれていた。
流石にシャングリラやシェラトンには届かないまでも、それなりのシティホテル。
勿論、天井にヤモリは居ず、ベッド下に生き物の気配もなかった。

そうして、次の朝、社用車の迎えで、再び工場へ。
昨日は、1日中会議と見学で目いっぱいの時間であったが、
本日は、午後で日程は終わり。
童子は、一人で工場内をうろつくことに、
別棟の工場の事務棟の長い廊下をふらふらと歩いていた。

前方から、すっと女性が現れた。背の高いすらりとしたスタイル。
化粧のせいか色白で、結構美形であるような。
会釈してすれ違うとき、何かの違和感を感じた。
あれ?これは、ひょっとして。。。( ・Д・)

童子は振り返った。なんと、以心伝心(?)。
彼女(いや、たぶん彼)も、振り返っているではないか。
しかも、意味ありげな笑みを浮かべて。

背筋がゾクとして、小心者の童子は、怖い物を見たかのように早足で遠ざかり、
ぐるりと建屋を一周して、生産管理課の事務所に戻ったのである。

そうすると、なんと彼女(?)が、生産管理課の端の席に座っているではないか。
また目が合ってしまい、彼女は不思議な笑みを浮かべて。。。
奥手の童子は、複雑な心境で軽く会釈を返すのであった。(´・ω・`)

童子は決して、その手の趣味はないのであるが、
何故か不思議と、その手に出喰わす機会が多かったのである。
六本木、新宿、キタ、ミナミ・・・思い出してしまった。('A`|||)
しかもとんと良い記憶はない。当たり前か。

大分前の記事『被強姦者の恐怖』にも書いたが、
あのときの恐怖がトラウマになっているのであろうか。
いまだに、あの手の方を見ると、一抹の恐怖と畏怖で心が疼くのだ。

ああ、くわばらくわばら。(;´Д`)

(注)尚、この記事は決してLGBTに対しての偏見に基づくものではありません。
   酒呑童子は、万物博愛主義者であります。(ホントか?)

↓クリック頂ければ、続稿の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村