2017年11月30日

ここ暫くのマスコミ報道を眺めていると、
横綱日馬富士関の暴行事件に関する記事で、
テレビのワイドショーもネットも、大騒動である。

童子は、相撲ファンではないが、新聞報道やTVのコメンテーターや
ネットのコメントを見ては、様々な憶測と其々の立場による意見を
すこぶる冷静な眼で観察していたのである。

記事情報によれば、

・横綱であろうと、暴力行為は断じてゆるせない。
・相撲協会の闇と膿云々の話
・白鵬も酒席に同席していた責任云々の話
 もしくは、相撲の取組に対する態度への批判
・日馬富士の親方の会見のキレ具合に対する非難
・貴乃花親方の沈黙を守る態度への賛否両論
・挙句の果ては、自民党の議員相撲連盟のとんちんかんな意見への非難

などなど、混沌の極みを呈している。

ただ、大半の情報は憶測の域を出ないものばかりである。
童子は、日馬富士も白鵬も貴ノ岩も貴乃花とも面識があるわけでなく、
ましてや、酒席の現場に居合わせたわけでもないので、
到底真実はわからない。

従って、前述したように、
「なるほど、そういう意見もあるのだなあ」と、
第三者的観点で、極めて冷静に観察するのみである。

というと、なんだか頗るクールな御仁のように聞こえるが、
実は、幼少の頃より、火事があれば消防車の後ろを
真っ先に自転車で追い駆けるような、野次馬ミーハーなのであり、
本当の事を言うと、毎夜ネットで関連記事をサーフィンしては、
睡眠不足気味になっていたのだ。(アホ!('д` ;))


ただ一つ、理由はともあれ、怪我の状況はどうあれ、
日馬富士が、モンゴル相撲力士との飲み会で、
貴ノ岩に暴行を働いた事は事実であるらしい。

ともかく、なんであれ、この時勢、暴力は御法度である!(゚皿゚メ)


という童子であるが、このブログ記事にも何回かは書いてきたが、
我に振り返ってみるに、とても日馬富士を批判できるような立場の
人種ではなかった事を思い出したのである。

流石に、年老いてからは、それほどでもなくなったが、
若かりし時分は、極めて酒癖がよろしくなかったようである。
と他人事のように言うのは、ほとんど記憶がないからである。

飲み会の翌朝に、友人・知人・家族から昨夜の狼藉振りを聞かされては、
ええー!と、震えあがるや狼狽するやを、繰り返してきたからである。
それで、本性が気弱な小心者の童子は、毎回陳謝に回っていたものだ。
そこが、今回の日馬富士と少し違うかな。φ(.. )

楽しく飲んでいる分には、非常に陽気な良い酒であって、
酒のお蔭でビジネスも上手く行ったケースも多々ある。
しかし、なんらかの不愉快な引っ掛かりをきっかけに、
一歩歯車が狂うと、ジキルとハイド氏のように豹変して、
酒乱と化して来たようなのである。(≡ω≡.)

なので、酒席で暴力に走った事件は思い出すだけでも、
ぞろぞろと出てくるのだ。

・右翼系?大学の空手部員と諍いのあげく殴り倒したこと。
・入社一月目にして、会社の上司を酒席の場で張り倒した事件。
・会社の寮で生意気な同僚を蹴倒し、彼の部屋のガラス窓まで破損した件。
・上司を自宅に泊めて飲んだけれど、蹴って追い出した夜半。
・バーで同僚と言い合いの揚句、カウンターを喰らわしたこと。

などなど、上とか下とかにかかわらず、手が出ていたのであります。
こんなやそんなで、とても片手の指では収まらないのだ。(´・ω・`)
ただ幸いな事に、全てパンチ一発のみで、傷害事件には至らなかったのである。
そこが、今回の横綱と違うとこかなあ~(自慢にならない(≡ω≡.))

そんな酒呑童子も、断酒以降は、円やかな人格も形成され(ほんとうか?)、
諍いごとは皆無となったのですが、過去の事件を思い出すと、
情けない気持ちと、反省に身を焦がす思いでありますゆえ、生きているうちに、
この場を借りて、過去の狼藉の数々を謝罪をいたす事にしました。

佐◎さん、◎川さん、野◎くん、◎橋さん、その他の御迷惑をお掛けした大勢の皆様。
誠に申し訳けありませんでした。<(_ _)>

今日限りで、潔く責任を取って、引退させていただきます。<(_ _)>
(横綱ではないので、一体、何の引退なのかは、よくわからないのだけど・・・( ・Д・))

↓クリックいただければ、更生の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村