2017年01月23日

未だに入院生活を余儀なくされている童子であります。
本日で入院15日目と相成りました。
長年の飲酒の弊害が未だに祟ってるのでしょうか、
いやはや、大変な年初になりました。(´・ω・`)

二週間前の未明に救急車で搬送されて緊急入院。
入院後2日目にしても、下血は止まる気配を見せず、
内視鏡検査を行う破目になりました。

事前準備に、看護婦(敢えて看護師とは言いません)さんの手で、
一回300㏄もの温水で、手際よく2回も凌辱されます。
真っ赤に色着いた浣腸液が排出され、気弱な童子は卒倒寸前です。Σ(=゚ω゚=;)

検査室に運ばれ、以前のブログ記事『凌辱なる精密検査』での記述と同様に、
人間の尊厳を侵害するような”後ろ穴開きパンツ”に履き替えさせられます。

また、前回の検査のように、美人の女医さんだったら嫌だなあ・・・
などと夢想しつつ検査台に横たわって、担当医の登場を待っていると、
なんと今回現われたのは、御坊ちゃま風男子高校生・・・
いや、良く見ると、もう少しは歳が行ってるな。てな、若造です。

医師が軽く自己紹介をして、いざ処置に取り掛かろうとしてると、
ルルルルル・・・
部屋の固定電話が鳴り、医師が出る。
「ああxxさんですか。私、研修医の●●と申します。・・・・・」

(ええっ!? 研修医!(((( ;゚д゚))) 嘘! そんなんで大丈夫かよ。どうりで若い筈だ。
 研修医なら付添いの指導教官は居ないのかい。)

けれども、指導教官など待つ素振りなど微塵もなく、
一人でグイグイと内視鏡の挿入に取り掛かるではないか。
「いててて・・・」と悲鳴を上げる童子。
過去数回内視鏡検査の経験はあるのだが、今回はやけに痛いのである。
(おいおい、大丈夫かい。)

「視界が悪いなあ・・」
などと呟きながらも、容赦なく内視鏡を挿入して行きます。
「いててててて・・ウウッ・・」(;´Д`)
「そんなに痛い?がまんしてねぇ。」

そばで、助手の看護婦が二人駄弁っていたのだが、
年上と思われる方が、童子のうめき声で気づいたのか、
「あっ、喋ってて、××剤入れるの忘れてたぁ!」
と慌てて、点滴のチューブの脇口から薬剤を投入します。
(おいテメエええ加減にしろよな。怒るぞお!(゚皿゚メ))


文字通りハラワタを抉られるような苦痛で悶絶してましたが、
ほぼ、小腸近くまで達したのでしょうか、
「このあたりまでだな。。。特定できないなあ。。。」
と弱気な発言。

「△△先生を呼んでくれる。」と看護婦に研修医が。
看護婦が、PHSで連絡を取る。
「△△先生、外来で手が離せないいんだって。」
「ええ~! 昨日、先生のスケジュールに予約を入れてたのに・・・」

(おいおい、大概にしろよ!終いには・・・(#`皿´) )
流石の童子様も、仏の顔も二度三度と思いつつも、
その体勢では何の反撃もできる余裕はありません。

研修医の手で小一時間弄ばれた揚句、
「既に出血は止まっており、特定できませんでした。」
申し訳ないというカケラもなく、するする内視鏡を抜きだして終了です。


そして、一旦出血は止まったかのように思われました。
しかし、しかしです。今回の奴は、なんともしつこく、
その翌日未明に三度の連続下血。(T_T)

研修医は、「腸内に残ってた分ではないですか。」
と、てんで取り合いません。
(そんな事はない量だと思いますけど。。。φ(.. ))

そして、更にその二日後の朝。
恐る恐るトイレで気張れば、再度出血してるではないか。
(それ見ろーー!ヽ(#`Д´)ノ)

再び、緊急内視鏡検査となりました。
また研修医のオペレーションでありますが、
今回は、△△先生らしき医師も同伴であります。
(良かった!)

ただ、最奥部まで内視鏡が挿入されども、やはり
出血はタイミング悪く止まっており特定できない様子です。
△△先生は、怪しそうな気配のある患部数か所を、
ここと、ここと、ここに、○○しといたら・・
なんて気楽そうに言って、スタコラと退室するのでした。

童子は、今回は悶絶する程の苦痛はなく、
モニターに映る腸内の映像を時折盗み見してました。
なにやら小さくて見たこともない長方形の物体が映っております。

おっ、これがクリップという奴か。
先日ネットで調べた、腸内の出血部分の血管を挟んで止血する器具だ。
ふーーんと感心してると、

「あっ。いけねえ。クリップ落としちゃった。」と研修医。
(おいおい頼むぜ。兄ちゃん。(; ̄Д ̄) )

それでも、予備があるのか、パーンという大きな音を立てて
クリップを挟んで留めたようでした、
自慢げに、するするとチューブを抜きだして、
「終わりましたぁ!」
でも、ほんとうかなあと甚だ疑惑の残る童子なのであります。φ(.. )

ただ、この研修医はテキスト通りに忠実なのか、
やけに慎重で、その後も延々と絶飲食を続けるのです。

童子が、そろそろ何か口にさせてよと懇願を重ねて、
ようやく数日前から流動食(というよりはスープ、ジュースだけ)
に変わり、絶飲食からは多少は解放されました。

しかし、既に丸二週間以上も固形物の食事にありついておりません。
毎晩夢の中には虚しく御馳走が登場してるだけの日々であります。φ(.. )

もう少し掛かりそうですね。
(続く)


↓見舞いがてらに、クリックいただければ回復の励みとなります。


にほんブログ村

にほんブログ村